CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


右脳と左脳をいかしてこそ・・・ [2016年08月29日(Mon)]
  右脳と左脳について

右脳だけでも普通に生きていける。
左脳だけでも普通に生きていける。
しかし
両方あった方が
より豊かに生きていける。

*これは脳の原理なので、
 社会原理の基盤ともなる。

*男と女は
一人だけでも生きていける。
しかし
二人の方が豊かに生きていける。

それが真実である。
脳が教える真実である。

34442-01.jpg

・右脳が感性の脳、左脳が理論や言語の脳
・人類は二足歩行をはじめ、道具を使い、言葉を操るように
 なる進化の過程で、脳が大きく発達し、それとともに右利
 きが増えたと言われている。
・右脳が感性の脳、左脳が理論や言語の脳
・ 「右脳」は喜怒哀楽などの感情や感性、イメージ力、直感
  などのアナログ型思考。一方「左脳」は言語、計算、論
  理などのデジタル型の思考をします。
・左利きは約10%くらい、5000年前は9割は右利きしかいな
 い。
・200〜250万年前は右利きは59%だった。
・左耳に受話器を当てる人は相手の話を右脳で聞いている。
コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)