CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


浦安市の教育 [2016年05月16日(Mon)]
浦安市の学力が高い。かなり高い。
小6
国語A +7.8、国語B +6.0、算数A +4.4、
算数B +8.7
学力は、親と学校の熱意・ベクトルで決まる。 
IMG_9477.JPG2.JPG

今は高い浦安でも以前から高かったわけではない。行政と学校
の努力の結果である。努力すれば良くなるし、怠ければ悪くな
る。願いを一つにし一体になってやれば必ず良くなる。資料の
経年変化を見れば一目瞭然である。平成25年度全国70.4 浦安
60.5、26年度全国65.3 浦安67.6と伸ばした。27年
度全国65.2 浦安71.9と大きく伸ばした。
IMG_9279.JPG

親の熱意は携帯電話の使用状況でもわかる。小学校425名中「
ほぼ毎日と時々」を合わせても11.3%しかいない。持っていて
も使わない。最小限にとどめている。小学生のケイタイは要注意
である。生活が乱れるし、脳にも悪い。
中学生になると74.8%にはね上がるが、もう任せても大丈夫と
判断しているからであろう。親子ともども自制が効いている証拠
と考えられる。
IMG_9343.JPG

保護者の調査を見れば更にはっきり分かる。「子どもに対する
接し方・しつけの仕方」が見事なのだ。基本的生活習慣・テレ
ビやゲーム・善悪の判断とほめる叱る・努力の推奨・毎朝の食
事など、ただただ感心するのみである。 
 今年も講演に招かれている。テーマは「脳科学に学ぶ子育て」
全8回のシリーズである。ささやかながらお役にたてるなら幸
せである。  
IMG_9320.JPG1.JPG
コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)