CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


日本人が最強の脳を持っている [2016年04月12日(Tue)]
脳科学者・加藤俊徳先生が、またまた大事な本を出版されまし
た。題名は「日本人が最強の脳を持っている」です。
先生が“あれっ、日本人の脳って?と興味を持ったのは米国留
学中のことだそうです。良寛さまの故郷で生まれた先生は「
日本人ってPolite(礼儀正しい)だよね」といわれたとき“は
っ”としたようです。
IMG_5733.JPG

「日本の生活習慣は、脳の成長にとって極めて重要な内容を持
っている。しかるに、珠玉の如く貴重な“日本の生活習慣を惜し
げもなく投げ捨てて顧みない。誠に残念なことである。」
 先生は現代日本への警告の書として本書を書いたそうです。
IMG_5734.JPG

脳はやった通りになる。これは脳の鉄則です。39歳の女性のM
RI画像です。左脳は全体的に発達し、右脳は前頭部のみ発達して
います。後頭葉は発達していません。
何気なく見落としている日常の生活習慣の中にどれ程貴重な宝が
隠されていることでしょうか。是非本書を手にとって読んでみて
下さい。必ずやあなたの生活が一歩だけでも豊かになること請け
合いです。
IMG_5747.JPG

コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)