CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


教職員異動、先生方への期待 [2016年03月31日(Thu)]
2016年 大学受験の結果が出揃いました。
浦和高校の旧国立4大学合格者数の移り変わりを調べて
みました。いろいろ問題はありながら教育を考える手が
かりになります。
2009(東大36+東工大14+一橋大 6+京大7)
     63  関根校長
2010(東大29+東工大12+一橋大 8+京大7)
     56 〃
2011(東大30+東工大18+一橋大18+京大4)
     70 〃
2012(東大40+東工大11+一橋大14+京大7)
     72 〃
2013(東大46+東工大  8+一橋大16+京大10)
      80杉山校長
2014(東大33+東工大14+一橋大16+京大13)
      76 〃
2015(東大27+東工大16+一橋大19+京大9)
     71 〃
2016(東大22+東工大  8+一橋大16+京大13)
     59 〃
上の数字を見て、つくづくと “教育は人なり”を思います。
浦和高校のことです。最も優れた校長を配置するはずです。
にもかかわらず、実績が変わってくるのです。怖い!
管理能力と指導能力、更に人格力が総合されて実績が生まれる
ようです。

今朝、「県教職員異動」が発表されました。異動者全員の氏名
が使が公表さました。これは教育者だけです。社会がどれほど
教育に関心を寄せているか、期待しているかの証拠です。

良い教師は子どもを良くします。
悪い教師は子どもを悪くします。 

転勤は最大の研修です。
心機一転、更によい教師になるよう研鑽を積んで下さい。
心より期待しています。応援しています。
コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)