CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


愛情ホルモン・オキシトシン [2015年10月30日(Fri)]
オキシトシン は視床下部の室傍核と視索上核の神経分泌細胞
で合成され、下垂体後葉から分泌されるホルモンである。9個
のアミノ酸からなるペプチドホルモンである。

このオキシトシンがカップルにどんな影響を与えるか。
IMG_0750.JPG

愛情ホルモン・オキシトシン愛情ホルモンであり、絆ホルモン
であり、幸福ホルモンである。
IMG_0772.JPG

オキシトシンは情動の好き・嫌い中枢扁桃体に働きかけ、不安
・恐怖・ストレスなどを制御し、安心やリラックスを与える。
IMG_0775.JPG

3割方は体内で合成されるが、愛し・愛される人間関係の中で
多く出たり少なくなったりする。
IMG_0813.JPG

お互い名前で呼び合うことだけでもオキシトシンの出かたは違
ってくる。1ml当たり4.4μgから5.1μgに16%も増加し
たのだ。
IMG_0817.JPG1.JPG

オキシトシンの効果は絶大である。夫婦のことだけではない。
親子の間でも、学校でも職場でも、イライラが起こるところで
はどこでも効くのである。正に万能薬のようである。
コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)