CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


トムソン・ロイターが論文の動向発表 [2014年04月17日(Thu)]
トムソン・ロイターは4月15日、「インパクトの高い論文数に
よる日本の研究機関ランキング」を公表した(資料は、トムソ
ン・ロイターのホームページに掲載)。

ランキングの対象は2003年から約11年間の論文で、日本の1位
は東京大学(1219本)、2位は科学技術振興機構(771本)、
3位は京都大学(710本)となった。STAP細胞論文の不正疑惑
で揺れる理化学研究所は523本で5位。国別では、日本は5位だ
った。

インパクトの高い論文数によるランキングは今回が初めて。
トムソン・ロイターは、昨年まで、「論文の引用動向からみる
日本の研究機関ランキング」として、引用回数に基づいたラン
キングを発表していたが、今年から、引用回数の多さで上位1%
に入った論文の本数をカウントするランキングに変更した。

トップ20の機関のうち、引用回数の多い論文の割合が高い研究
機関は、科学技術振興機構(2.41%)、理化学研究所(2.25%
)、高エネルギー加速器研究機構(2.12%)となり、大学以外
の機関が目立った。

国別に見ると、1位米国、2位ドイツ、3位英国、4位中国、5位
日本。分野別で、日本がトップ5に入ったのは、「免疫学」「生
物学・生化学」「化学」「材料化学」の4分野だった。

順位 世界順位  機関名  平均被引用数
 1  16  東京大学    14.73
 2  34  京都大学    14.01
 3  44  大阪大学    14.15
 4  61 (独)科学技術振興機構 20.23
 5  69  東北大学    11.26
 6  110 (独)理化学研究所   18.76
 7  122  名古屋大学   12.50
 8  139  九州大学    11.05
 9  146 (独)産業技術総合研究所 11.67
10  155  北海道大学   10.30
11  182  東京工業大学  10.82
12  240  筑波大学    11.59
13  303  慶應義塾大学  11.98
14  308  広島大学    10.30
15  331  自然科学研究機構 17.46
16  337  千葉大学    11.99
17  358  岡山大学    10.40
18  372  神戸大学    11.00
19  383 (独)物質・材料研究機構10.15
20  398  東京医科歯科大学 15.23

コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)