CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

脳科学ブログ(教育への架橋)

脳科学の知見を生かし、実践現場との架橋・融合をめざす。仮説・実践・検証により、教育のエビデンスを生みだし、揺るぎなき教育の一端を担いたい。“教育は愛、愛こそ教育” 願いは子どもの幸せである。


バカンティ教授、小保方氏に「ボストンに戻っておいで」 [2014年04月16日(Wed)]
自分の弟子である小保方晴代研究員がめっためったにやられ
る姿を見て、お師匠様は助けの手を伸ばした。ほっとした。

昨日、理研笹井博士の記者会見があった。いずれ全てが明ら
かになる。自然科学とはそういうものだ。

私利私欲・面子・ねたみやっかみを内に秘め、時流に乗って
の発言はやめて欲しい。マスコミも時流を増幅する誌面づく
りをしないでほしい。「十二条の憲法」や「五か条のご誓文
」、「武士道」などを思いおこしてほしい。「武士の情け」
を思いおこしてほしい。

 バカンティ教授、小保方氏に「ボストンに戻っておいで」

STAP細胞論文の主要著者である米ハーバード大のチャー
ルズ・バカンティ教授が来日し、15日に京都市内で開かれ
ている国際会議で講演したことがわかった。

出席者によると、論文について「すでに画像の取り違えの訂
正がなされており、結論には影響を与えない。STAP細胞
は必ず存在する」と述べたという。

 バカンティ教授は理化学研究所の小保方(おぼかた)晴子
ユニットリーダーの米留学時代の指導教官。論文への疑惑が
指摘されて以降、直接の取材に応じておらず、国内で発言す
るのは初めて。この日は「世界気管支学会議・世界気管食道
科学会議」に出席し、「再生医療と幹細胞」というテーマで
講演した。会場は報道陣の入場が規制され、警備員が出入り
口を固める異例の厳戒態勢が敷かれた。

 出席者の男性によると、バカンティ教授はスライドを使っ
て講演。論文が不正と認定されたことについて、小保方氏の
単純ミスだと主張。ホテルでパスワードキーを3回打ち間違
えて入れなくなり、無理に頼んで入れてもらった、という例
をあげ、同様のミスだと話したという。また、小保方氏に対
し、「(大学のある)ボストンに戻っておいで」と呼びかけ
たという。

 同会議の組織委員会によると、1年以上前にSTAP細胞
とは無関係のテーマで講演を依頼。ハーバード大は「STA
P細胞に関するコメントは一切行わないこと」を講演の条件
に出したという。

 バカンティ教授はSTAP細胞論文の撤回を拒んでおり、
これまで、所属する病院を通じて「発見全体を否定するよう
な決定的な証拠がない限り、撤回すべきだとは思わない」な
どとコメントしている。ハーバード大学の関連病院で麻酔科
部長を務め、再生医療工学の研究者として知られている。
         朝日新聞  2014年4月15日(火) 配信
コメント
プロフィール

日本財団脳研さんの画像
日本財団脳研
プロフィール
ブログ
カテゴリ
https://blog.canpan.info/brains/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/brains/index2_0.xml
ブックマーク
月別アーカイブ
最新トラックバック
情報肥満 (07/16)