CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2018年度「放課後等デイサービス 評価アンケート」の結果を2019.2.28の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2012年08月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
広がれ虹の環 (03/19) 白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
「苦手」でもコツコツと [2012年08月07日(Tue)]
Schaleらしいトレーニングプログラムの一つが「ケーキデコレーション」。
今日は、基礎技能の大きなハードルとなる「バラの花」の作成に挑戦。
↓シュガーペイストの色付けから。自分らしい色に染め上げます。
SH3J04560001.jpg

↓花芯がキモ。慎重に。
SH3J04580001.jpg

↓今日は技術的には簡単な方のバラつくり。両手のバランスを取りながら慎重に。
SH3J04570001.jpg

↓山形毎日通うY君の作品。今日初めてとは思えぬ出来栄えです。
SH3J04590001.jpg


花芯がうまく立たなかったり、花びらを巻きつけたりするのが難しくて
“イラッ”
となる方もいましたが、退所時にスタッフが個別にケア。
手先の細かな作業に対する耐性
もトレーニングを通してアセスメント。
ジョブマッチングの参考にします。

なので、無理強いはしません。
でも
“悔しい”
と思う気持ちのある方は
「やり抜く」
選択をします。

人は誰にでも「苦手」はあるものです。
私もこの「バラの花」でケーキデコレーションは挫折しました。
だから、利用者さんの方が立派なんです。

誰もが「出来た!」の達成感を得られるように、スタッフも「工夫」の毎日です。
Posted by 伊藤 あづさ at 18:56 | 今日のSchale | この記事のURL | コメント(0)
これも「支援」 [2012年08月07日(Tue)]
Schaleは7階建のオフィスビルの1フロアにあります。
各階一つの会社だけ。
なのでトイレも専属使用。
お掃除は専門のお掃除会社の方が担当しています。
Cafeにお客様が安定してお越しくださるようになってから、トイレの使用後の始末がスタッフには「気がかり」でした。

そこで、
SH3J04540001.jpg

そしてレバーのところには
SH3J04550002.jpg

すっかり「気がかり」はなくなりました。

「視覚支援」が役に立つのは、自閉症の方たちばかりではないのです。
Posted by 伊藤 あづさ at 18:48 | 今日の知恵 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ