CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2018年度「放課後等デイサービス 評価アンケート」の結果を2019.2.28の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
広がれ虹の環 (03/19) 白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
officeworkも挑戦中 [2012年04月20日(Fri)]
ある利用者さんが聞きました。
「Schaleのトレーニングをするとどんな仕事に就けますか?」
答えます。
「あなたが願うどんな仕事にも就けるようになることを応援するのがSchaleのトレーニングです。」
だけど
「仕事に就いて続けられるかは、あなただけが決めるのではなく、相手(会社)にも決める権利はあります。」
「両方のハートが付く必要があるね」。
と付け加えます。

発達障害の特性を持つ方の中には
「僕は〇〇がしたいんです」
とこだわり、完全にシングルフォーカスの方々も少なくありません。
そんな時は、決して否定はしないけど、
・趣味と仕事は違うこと
・人には、キラリと光る「たから」があるけど、「埋もれている」ことの方が多いこと
を気付いていただけるような「体験」を検討します。
直接体験で感じないと納得し難い方々がとても多いと感じています。

パソコンを使った仕事をしてみたい
という方には、レベルチェックから始まり
20120420a.jpg
スキルの「のびしろ」を見極めさせていただくこともありますが、大事なのは「納期(期限)を守る」ことであり、「納期を守れるような工夫」を提案できる力がスタッフにあることも、「働きたい」という願いをかなえる大きな要素です。
伝票チェックもしていただきます。
20120420b.jpg
カタログを探して記述し伝票を作成することや、納品伝票と請求書を突き合わせてチェックをする課題も取り入れています。
これは「見る力」もアセスメント出来る要素です。

こうしたoffice workは、知的な遅れのない方々の場合憧れであることも多いのですが、実はミスが多かったり、集中力が続かなかったり…特性が大きく左右される分野でもあったりします。
だから、基礎トレーニングを積み始めたら「外」での就労体験を通して「実感」できる期間を準備することも私たちの大きな役割です。
officeworkへの挑戦は、支援者側にも求められているのでしょうね。
まだまだ気を抜くことは出来ません。

インスタントジョブの機会を提供していただける企業や個人事業主の方がいらしたら、ぜひご連絡をいただきたいと願っています。

Posted by 伊藤 あづさ at 20:56 | 今日のSchale | この記事のURL | コメント(0)
しいたけ解禁 [2012年04月20日(Fri)]
息子の作業班で育てている「原木しいたけ」が、ここ数日の暖かで育ってしまい、思わぬ収穫を迎えました。
送迎で迎えに行った際売っておられましたので、早速購入。
今日のお昼のメニューに並びました。
•黒酢の酢豚•ポテトサラダ
•おろし和え
•シイタケの甘露煮
•ひじきと切り干し大根の煮物
20120420.jpg

昨年同様レジ横の籠でも販売させていただいています。
150gで¥200
とっても肉厚で美味です。
ハウス育ちなので放射線の心配もありません。
ぜひお立ち寄りいただき味見をなさってください。

連休が過ぎたらSchaleでも休ませていたほだ木を運んで、栽培を始めようとスタッフと打ち合わせをしています。
どんな「しいたけメニュー」になるかどうぞご期待下さい。
Posted by 伊藤 あづさ at 19:47 | Schaleのお昼ご飯 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ