CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2018年度「放課後等デイサービス 評価アンケート」の結果を2019.2.28の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
広がれ虹の環 (03/19) 白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
素晴らしいモデル [2012年04月16日(Mon)]
息子は4月から事業所の利用者として、スタッフの学びに大きな刺激を与えてくれています。
今日は事務スキルとしてのラミネート加工を個別課題として設定してもらいました。
初めにスタッフが用意した教材とレイアウト。
20120416a.jpg

仙台弁で言う「イズイ」(心地良くない・スッキリしないetc.状況/状態)様子。
本人の「手と目の供応」が全く意識されていません。
そこで修正を入れさせてもらいました。
20120416b.jpg

今度は「何を求められているのか」をスッキリと読み取り、ラミネートしたいものをどう処理したいかが、すぐに読み取れていました。
しかも、体の動きも不自然さが亡くなり、作業スピードもUP。

今日スタッフへの課題として残ったのは
・作業量の見通し
・「終わった」後の次の見通し
の組み立て方。
昨年TTAPのモデルになってもらった時にも、支援が足りないと期待される行動が出来難く、特性に合った支援が組み立てられると、実にサクサクとやりこなす姿を見せつけてくれました。
「自閉症恐るべし」と、受講された方は一様に支援の組立方の重要性を認識されたはずです。

支援学校でも、眼の前でパヤパヤしている姿からは、とても一般就労なんて難しいだろうと判断されがちな状況です。
だけど、適切な支援さえあれば、息子がサクサクと行動できることを確証しています。
スタッフには、もっともっとモデルとしての息子から学び、支援力を上げて欲しいと願っています。
少しの混乱があったとしても、トレーニング後は「母」としてフォローできる秘策を持っています。
だから、安心して「教材」として息子を提供しています。
息子の支援が一人前に出来るようになったら、どんなお子さんでもキッチリと支援できるようになると、信じています。
この素晴らしいモデルを活用して、事業所全体の支援力を上げることが出来たら幸せです。
Posted by 伊藤 あづさ at 20:02 | 今日の坊ちゃまくん | この記事のURL | コメント(0)
基礎を積む [2012年04月16日(Mon)]
就労移行支援事業所「Schaleおおまち」も新体制になってから半月が経過しました。
利用者の方も卒業したり、また新たな顔ぶれが加わったり。
今月は「基礎を見直す」ことが支援者側の目標です。
クリーンスキルのトレーニグでも、体の使い方をじっくり見させていただいています。
初日・二日目…へっぴり腰で、モップを持つ時利き手が上の方が動かしやすいのか、下の方が動かしやすいかの意識も曖昧で、何ともきごちなかったN君も、少しずつ腰と手とモップのほど良い位置関係をつかみ掛けてきました。
20120416c.jpg

「段取り」を付けるられるようになることが大きな目標となっているクッキングスキルでは、包丁の持ち方・立ち位置・具材による切り方…スタッフとともに先輩たちも積み上げています。
20120416b.jpg

午後からのコーチングでは、
「情報の収集と整理・得た情報から予測を立てることをテーマに、自分の考えを伝える・相手の意見に耳を傾け調整しながら道筋をつける」
ワーク。
20120416a.jpg

仲間になってまだ日が浅い通しですが、個々の意見の違いを理解・尊重する経験を積んでいます。
ここまで育ってこられた背景の違う方々です。
「就労支援は難しい」と一括りにしないで、個に寄り添った支援が出来るようにと悪戦苦闘の日々ですが、改めて「基礎を積む」ことに挑戦している今日この頃です。
Posted by 伊藤 あづさ at 13:00 | 今日のSchale | この記事のURL | コメント(2)
| 次へ