CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2018年度「放課後等デイサービス 評価アンケート」の結果を2019.2.28の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
広がれ虹の環 (03/19) 白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
人は人にしか共感しない [2012年04月07日(Sat)]
久しぶりに上京し、「日本財団CANPAN・NPOフォーラム」に参加してきました。
サブタイトルは〜情報開示と発信で信頼と寄付・応援を獲得する〜
スタッフとしてサポートしてくださった財団職員の方を合わせて110人を超える方々が北から南からお集まりに。
先日も仙台にお越しくださった日本財団CSR企画推進チームの町井さんが
共感→信頼→実績→応援
とお話し下さいましたが、その「共感」を生み出すツールとして「ブログ」を活用する意義を再認識してきました。
その「共感」を生み出す大切な行動が
ブログを通して「ありのまま」の姿を伝えること。
なぜなら
「人は人にしか共感しない」
ということを、私の情報発信のお師匠さんのお一人、日本財団情報コミュニケーションチームの山田さんが事例を通してお伝えくださいました。
午後からの分科会では
「語らなければならない4つのこと」
をワークショップ形式で学びました。
20120407a.jpg


「信頼」という言葉の意味を考える数か月を過ごしました。
「共感」が崩れた時のダメージもありました。
それでも決断をしたのには、ある方が
「自分を殺すこともない。変えることもない。」
「世の中に必要なことは必ず残るから。」
と言ってくださった言葉でした。
だから
ありのまま=等身大
の私や「ぶれいん・ゆに〜くす」をこれからも伝え続けていこうと思っています。

このブログもいつの間には日々400visitを超えるようになっています。
多い時には600visitを超えることも。
その中から真の「応援」を得るためにはまだまだ「共感」していただけるように、団体のことを丁寧に伝えていく必要があると感じています。
丁寧に伝えていくノウハウは、今日たっぷりと教えていただきました。
スタッフとも共有し、ファンを増やしていけたら幸せです。

Posted by 伊藤 あづさ at 22:37 | 今日の学び合い | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ