CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2018年度「放課後等デイサービス 評価アンケート」の結果を2019.2.28の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2012年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
広がれ虹の環 (03/19) 白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
新たなスタート [2012年04月01日(Sun)]
本日、一般社団法人「ぶれいん・ゆに〜くす」として、3つの事業が立ち上がりました。
理事の皆様にもお揃いいただき、辞令の交付・今後使う名刺と支援のシンボルとなるピンバッジをお渡し、皆でこれまでとこれからを語り合いました。
20120401c.jpg

共に長く活動を続けてきた仲間の言葉に、最後は涙・涙…
北理事からは、ご自身のお仕事を通して施設商品の応援をされ、そこで感じた想いの数々を
青木理事からは、組織の仕組み創りを大切にしていきながらこの場所は多くの方々の「拠り所」となって欲しいとの期待を
渡邉理事からは、「悩んでいる」ことを伝え合えることはとても良いことだけど、やがてそれが「ザワメキ」になる危険性もはらんでいることを指摘していただきつつ、温かい励ましを
Re-Bornだからこそ、法人を支えてくださる理事の方々と、現場のスタッフが想いを共有することが出来て、本当に嬉しく有難いスタートとなりました。

スタッフが用意してくれたお祝い。
20120401a.jpg

ご近所からのお祝い。
20120401d.jpg

青木理事からのお祝いのお花
20120401b.jpg

たくさん涙を流してチョット疲れた後は、甘い口福にも包まれました。

その後一般の方への事業説明会をして、一息ついた後はスタッフだけのミーティング。
明日からの支援に向けて、「覚悟」を共有した時間でした。
ここまでの数か月は正直「大変」なことも多く、つらく苦しい時間も持ちました。
どうしてそんな苦しみを持ちながらも続けていくのか…
私たちのミッションは…
その中での個々の「役割」は…
一人一人が考え続けました。
これからもずっと考え続けていくのでしょう。

スペシャルニーズのご本人とご家族に「未来」を!
私たちの願いです。
まだまだ未熟で支援は下手くそかもしれません。
でも「出来ていないこと」を指摘し合うのではなく、「やりようがある」ことを納得し合いながら、長く続けられる組織としてお役に立てたら幸せです。
Posted by 伊藤 あづさ at 19:51 | 今日の感慨 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ