CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2020年度「放課後等デイサービス 評価アンケート」の結果を2021.2.19の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2021年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
広がれ虹の環 (03/19) 白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
虹の環クラブの開催 [2021年05月03日(Mon)]
 午前のクッキングスキルトレーニングの後、午後からは「虹の環クラブ」を開催しました。

「卒業してからも、しゃ〜れとつながっていたい。」このお言葉を受け、スタッフ一同で、年度末に卒業生が集う「虹の環クラブ」を、普段の活動に広げることはできないか考えました。そこで、今年度は祝日に行う調理活動に、卒業生の皆さんにも参加していただく機会を設ける事にしました。調理活動を通じてクッキングスキルの維持をはかるとともに、働く皆さんの余暇の場の提供ができたら…という思いでの開催です。

 本日は、数年前、同時期に利用されていた卒業生がお二人、2年前に卒業された方がお一人の計3名での取り組みでした。久しぶりしゃ~れの扉をくぐった皆さんでしたが、スタッフとお話をしていくうちに、徐々に笑顔が出てきました。
 「〇〇です、お久しぶりです」「初めまして、〇〇と申します、よろしくお願いいたします」と挨拶も丁寧且つ、振る舞いも本当に素敵で、スタッフ一同感心させられました。

 本日の卒業生のプログラムは「チャーハン作り」でしたが、材料を確認し、買い物をする工程も含んだプログラムにしました。
 まず、今日の工程表を参加者の皆さんと確認しながら、買い物の分担を決めていきました。
 それぞれ、エコバッグと財布を持っていざ、買い物です。レジでの対応もそれぞれがスムーズに行い、スタッフも安心して見ていられました。
 帰ってからは、調理に取りかかる前の下準備です。チェックリストを確認しながら、淡々と進めていきます。野菜の洗いも丁寧です。
IMG_9936.JPG IMG_9947.JPG
 包丁使い。左手の添え方もさすがです。

IMG_9951.JPG
「計量、やったなあ、こうだったかなぁ」と言いながらも、茶碗をのせてから0.0に目盛りを直す等、工程が身についていました。
 1.jpg 2.jpg
 わかめスープをそえて、完成です。とても美味しくできました。

 洗い物を終えた後、それぞれで振り返りをしました。皆さんの感想をここにあげさせていただきますね。
・「買い物で他の方のニンジンを分担して買ったこと、料理を手際よく出来たことが良かったです」
・「料理をする機会が減っていたので、これを機にやる機会を増やしていきたい。過去を思い出したり、Nさんに会えたり新しいスタッフさんとも話せて良い刺激になりました」
・「普段使っている材料とは違った材料を使ったチャーハンを作れて今後にも生かしたいと思いました。」

 今回、卒業生の皆さんとお会いできて、とても嬉しく思ったと同時に、卒業後のそれぞれの舞台で頑張ってらっしゃる様子が垣間見え、目頭が熱くなりました。私たちスタッフも沢山の刺激をいただきました。
 皆さんの笑顔が私たちスタッフの励みでもあります。
 これからも虹の環クラブは続けていきます。ご都合の良い時はぜひ、ご参加くださいね。
 お待ちいたしております。

 


 


Posted by 伊藤 あづさ at 16:37 | 虹の環クラブ | この記事のURL | コメント(0)