• もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2020年度「放課後等デイサービス 評価アンケート」の結果を2021.2.19の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2023年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
広がれ虹の環 (03/19) 白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
平成27年度第1回 ノットワークカフェを開催しました [2015年06月27日(Sat)]
昨日26日、今年度最初のノットワークカフェが開催されました。
小学生、高校生、大学生、社会人のそれぞれの家族5名が集まりました。

私はスタッフ兼大学生の母としての参加です。

24日に仙台市主催の発達障害基礎講座に参加してきたのですが、アーチル嘱託医の今先生のご講演がとても分かりやすく素晴らしかったので、そちらも合わせてご紹介しながらのおしゃべりとなりました。

おしゃべりの中から、職場の人が発達障害かもしれないと気づいたとおっしゃる方も出て、今回の会少し社会を変えるきっかけになったことも嬉しく思いました。私たちのノットワークは、結び目を結んだりほどいたり、また結び直したりという自由な関係性もイメージしています。結び目が一つ増えたのかなと思います。

明日行われる自閉症eサービスの講座のご案内もさせていただきました。

小学生の方のご家族は就労がテーマの会に小学生の子供がいる我が家が参加してもよいのでしょうかと仰いました。

もちろんです。
お子さんが、仕事をして自分らしく暮らしていくために何が必要なのかをぜひ勉強してください。私たちは、自分が辿ってきた道のりしか知りません。

お子さんは、私たちの道のりとは違う道で幸せな大人を目指すのです。
どちらが良いとか劣っているとかいう事ではなく、違う道のりだという事は、はっきりとしていることです。分からないことは、知らなければ応援もプランも立てられません。ぜひ、ご参加くださいとお話ししました。

母として初めて今先生にお目にかかった時からもうすぐ10年になります。
「20歳になるまでにあと10年あるから。」
私はその言葉を受け取って、1年後にあづささんに出会いました。
そこから沢山の方々に出会って学ぶ機会を与えられて、もうすぐ子供は二十歳の誕生日を迎えます。

生まれ落ちた瞬間から、機嫌が良くマイペースな子だなというのが第一印象。
疲れてぐったりしている私を百面相で笑わせようとしているかの様に、笑顔のような表情でしきりに自分のほっぺを掴んでは離していました。

あの日から私と子供は、家族としてお互いが応援をしあってきたのだと思います。ずっと幸せを願っています。

明治安田生命さんのコマーシャル
「応援って心配だ。 応援って不安だ。 でも、応援って最高だ。 誰かをサポートする喜びを、もっとこの国に。」
テレビで見るたびに感動して涙ぐんでいます。

来月のノットワークカフェは以下の日程です。
誰かを応援しあう喜びを語り合いましょう!      スニフ

日時;7月28日(火)10:00〜11:45
場所;café Schale
会費;1,000円(ケーキセットつき)
お申し込みは電話022−263−1402まで
Posted by 伊藤 あづさ at 18:47 | ノットワークカフェ | この記事のURL | コメント(0)
コメント