CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2020年度「放課後等デイサービス 評価アンケート」の結果を2021.2.19の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
広がれ虹の環 (03/19) 白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
素敵な姿 [2015年03月16日(Mon)]

昨日3/15は、夢メッセで行われた東北復興ソーシャルビジネスギャザリングに参加しました。
スタッフ用のお弁当や、販売用のおにぎり、豚汁、お菓子、パンなどの準備を利用者さんもスタッフもみんなで進めてきました。
イベントでは素敵なことが沢山ありました。
1つは、就労の利用者さんの姿です。人が多くお客さんに「いらっしゃいませ」の一言をかけるのがはずかしいと言う方がいました。しかし、時間が経つにつれて、商品を渡す時に「ありがとうございます」と声をかけていました。
緊張したと言いながらも少しはにかんだような姿はとても素敵でした。笑顔で挨拶をされたお客さんも思わず笑顔で「ありがとう」とかえしていました。
利用者さんの中には自分が作ったお菓子をすすめたり、豚汁を買った方におにぎりをすすめたり、本当にイキイキと働いている姿はとても素敵でした。
そんな光景をみながらとても心があたたかくなりました。
2つ目は、お客さんとの交流です。購入したお菓子を食べて美味しかったからと何度も買いにきてくれたお客さんがいました。ある方は今度ランチを食べに行きますとお話してくださいました。
直接お客さんの声を聴けるというのはとても素晴らしいことだと感じました。
思えば1年前のこのイベントが私の初仕事でもありました。そんなことを思い出しながら過ごした1日となりました。

フローレン
Posted by 伊藤 あづさ at 20:19 | 今日の「素敵」 | この記事のURL | コメント(0)
コメント