• もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2020年度「放課後等デイサービス 評価アンケート」の結果を2021.2.19の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2023年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
広がれ虹の環 (03/19) 白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
4年目の日に… [2015年03月11日(Wed)]
雪の舞う寒い朝でした。
「あの日」から4年の月日が…

"あ〜、四年間頑張れたんだ…"
自然と涙がこみあげてきます。

2011年3月1日に開業したCafe。
その10日後の震災で、本来の事業である「就労移行」の利用者の方も集まらなくて…
夏になっても業績は上がらず「廃止/休止」に傾きかけた時、一緒に事業所で働く皆が支え合って。
法人を分け本体の転覆を回避し、それからも必死で守り通してきました。

4年前の昨日のメニュー。
SH3D012400010001[1].jpg

そして4年前の今日。
2011-03-11 12.46.53.jpg

ご提供の仕方も徐々に変わっています。
だけど変わらないのは
「こころとからだにやさしい」お食事をお届けすること。
そして価格。

あの頃は、日本財団さんの「真心絶品」を応援する意味もあってハムや餃子や調味料は、全国の施設商品の中からセレクトされたものを使わせていただいていたので、どうしてもコストがかかっていました。
街に食べるものが無くなった時、全国から応援に来てくださったNGOやNPOの皆さんに、とにかく「あたたかいものを」と、大皿盛りで好きに取り分けていただきながらも営業を続けました。
20110325.jpg

「これで一日闘える」と言ってくださった言葉が、Schaleの「役割」を再認識させてくれた瞬間でした。

徐々に地元の八百屋さんやお肉屋さんに協力していただけるようになって、むしろ副菜の品数もボリュームも増えているのかもしれません。
もちろん、まだまだ儲かってはいませんよ。
だけど、もう少し「野菜たっぷりお昼ご飯」は700円(飲み物付)。
「世界で一つだけのカレー(全8種類)」は800円(飲み物付)。
は維持したいと思っています。
支えていただいているのは、お客様の
「ご馳走様。美味しかった〜」の声。
少しずつリピートしてくださる方々も増え、ショコラマダムはお顔とお名前をしっかり憶えてサービスに励んでいます。
そして、少しずつ広がっているお弁当やお菓子への応援。
県議会や東北大の大学院で学ぶ社会人の皆様からは、定期的にお弁当のご予約をいただき喜んでいただいています。

5年目にはちゃんと「黒字」にして雇用も創り出したいな。
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by 伊藤 あづさ at 14:23 | 今日の感慨 | この記事のURL | コメント(0)
コメント