• もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2020年度「放課後等デイサービス 評価アンケート」の結果を2021.2.19の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2023年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
広がれ虹の環 (03/19) 白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
社会変革に挑む姿 [2015年02月18日(Wed)]
名前だけは存じ上げていても、その「ひととなり」に触れることの少ない方々もおおいものです。
いざお目にかかってみると"チョット違うな…"と自分の感覚を直してみたり、"あ〜、想った通りの方だった…"と、惹かれる理由がより深く感じられたり。

湯浅誠さんと出会ったのは直接には震災直後。
もう少し身近なところでは二年前から名古屋の「草の根ささえあいプロジェクト」のワークショップで。
今月初めに大津でもご一緒でした。
でも湯浅さんの記憶に残る存在ではないと思います。
「片想い」の相手のような存在です。

そんな湯浅さんの「TED」でのスピーチ。
http://olive.bz/art/mix/2a5c05101d907a2c3edf64e3b82823dc?genck=1
久しぶりに魂が揺さぶられました。

誰もやらないから

私たちの社会は私たちの手で変えられる。そう信じています。

“あ〜おんなじだ…”
そう感じたことはとても嬉しかった。
震災後厚労関係のMTGで初めてお目にかかった時にはチョット近付き難かった。
その後名古屋の草Pで二度程同じ課題と向き合う時間を共有させていただき、人としての温かさ、深さに惹かれていきました。
湯浅さんの穏やかな語り口が心に迫ります。

「待っていても何も変わらない。それなら自分たちの手で」
8年前にこの仕事を選んだのはそんな単純な動機です。
後先も何も考えていなかったと思います。
大切に思ってくれた大塚先生や一緒に法人を立ち上げてくれたお父さん・お母さんがいてくれました。
方向性を修正するために違うステージを選びましたが、「自分たちの手であったらいいなを叶えたい」は変わりのない「こだわり」です。
8年前から変わらず支えてくれているお母さんたちが、背中をずっとやさしく撫でてくれている感覚を感じるから、どんなことがあっても諦めずに進んできているのだと感謝しています。

時々は挫けそうになることはあるのです。
この2月は寒さむあってちっとも前向きになれずにいました。
それでも変わらず支援の下手くそな私たちを的確に導いてくださる中山先生や水野さんたちの刺激もあって、春からもっと役に立つ組織になろうとプチ改革中です。

「自閉症eサービス@せんだい」の年間予定(案)も決まりました。
eサ@仙台2015年度の予定(2015.2)R.doc

自閉症eサービスからのメッセージ
▽私たち自閉症eサービスは、自閉症支援に関する知識・技術・アイデア・資源が一部の人たちにのみ占有され、クローズドに限定されて取り扱われるものではないと考えています。
▽自閉症の人たち、家族、支援者にとって意味のあることは、すべてがオープンになり、いつでもアクセスできるようにすることが大切で、そのことで、さらなる創造と可能性が生まれると確信しています。
▽専門家集団のおごりを排し、常に、ユーザー(当事者・家族と支援者)のニードに応える姿勢を持つて、生活のすみずみにサービスを提供していきたいと思つています。
▽自閉症の人たちが普通に受け入れられる社会を目指し、自閉症eサービスは活動を続けています。

私たちの社会は私たちの手で変えられる


年間パスの仕組みなど詳細は改めてお知らせをさせていただきます。
自閉症の方々の未来を創るために、諦めない私たちの仲間になっていただき、共に社会を変えていく方々との出会いを楽しみにしています。
Posted by 伊藤 あづさ at 14:00 | 今日の感慨 | この記事のURL | コメント(0)
コメント