CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2020年度「放課後等デイサービス 評価アンケート」の結果を2021.2.19の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2021年09月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
広がれ虹の環 (03/19) 白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
にがてなことでこまっていり子どもたちへのてがみ [2014年09月06日(Sat)]
鳥取大学の井上雅彦先生からのお手紙。
井上先生は本当にいつも優しいです。

にがてなことでこまっている子どもたちへのてがみ

みなさんにはひとり一人、とくいなことやにがてなことがあるでしょう。にがてなことは、「しっぱいしそうだし」、「しかられそうだし」、「みんなからわらわれそうだし」、考えるだけでもいやなきもちになってしまうかもしれませんね。



そうすると、にがてなことは、ますますやりたくなくなって、はずかしくなって、「じぶんはだめだ」とおちこんでしまうかもしれません。



先生にもそんなにがてなことがたくさんあります。



でも、にがてなことの中には、とてもすてきなところもかくれていますね。



「はやとちり」や「あわてんぼう」、「好きなことをはじめるとやめられない」ということは、「思ったことをすぐにことばやこうどうにできたり」、そして「大好きなことにはすごくしゅうちゅうできたり」ということもできます。

また、「考えたことをそのまま言ってしまう」は、「みたものやかんじたことをすなおにひょうげんできる」ということもできますね。


にがてなことの中には、とってもすごいたからものがかくれているかもしれません。


また、にがてなことは「くふうすること」でがんばりやすくなります。


わすれやすいことをカードや絵にしたり、友だちにいってもらったり、なにかするまえにメモをみておくことで、「にがて」は「だめなこと」ではなくて「がんばれること」にかわるかもしれません。



「にがて」をかえていくのは、先生やみんなの「くふう」です。そんな「くふう」をたくさんかんがえることができると、じぶんだけでなく、だれもがたのしくなりますね。



みなさんも、じぶんのにがてなことにチャレンジできるくふうをかんがえてみてください。そしてクラスやよのなかのにがてなことも。



「けんかをしなくてよくなるくふう」、「ごみをきちんとすてられるくふう」、「いじめがなくなるくふう」、「びょうきでくるしむひとがいなくなるくふう」、「せんそうがなくなるくふう」などいっぱいかんがえてみてください。



すごいくふうがみつかったひとは、ぜひ、いのうえ先生におしえてください。
Posted by 伊藤 あづさ at 21:44 | 今日の知恵 | この記事のURL | コメント(0)
コメント