• もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2020年度「放課後等デイサービス 評価アンケート」の結果を2021.2.19の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2023年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
広がれ虹の環 (03/19) 白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
「教材」としてのボク [2013年09月12日(Thu)]
幸太朗です。
今日からずっと待っていたISFネットライフさんで実習が始まりました。
お仕事は「コピー機の清掃」
1174637_437760459678750_377366112_n.jpg

6月の前期実習の時にもチョットだもやらせてもらいました。
9月の実習はお母さんの「Schale」と両方です。
今日と明日、来週の火曜日はISFネットで頑張ります。

Schaleのお兄さんやお姉さん、それに頼りになる里美さんと宮城さんも一緒です。
お母さんは送ってもくれませんでした。
でも、知っているところだし、同じ学校の先輩もいる会社なので不安はありません。
だから、今日も午前中はどんなお仕事の流れなのかビデオを観ながらの確認でしたが、20分以上しっかりと、体を揺らしたりすることもなく観ることが出来ました。
里美さんや宮城さんが「立派でした」って褒めてくれました。

でもね、実際の作業に入ったら、困ることがドンドン…
会社の担当の方は、ボクたちのような特性の子のことをほとんどしらないので、ドンドン口で喋って説明です。
最初は“やったことあるし出来るさ!”って思ったボクだけど、どこに立ったら良いのか、どの方向からどこまで拭いたらいいのか、どこに「注目」したら良いのか、全然解らなくなって…
「三回くらい拭きましょう」って言われても“三回くらい?二回で良いの?三回なの?”って、いつ「終わり」にしたら良いのかも自分で判断することなんて出来なかった…
午前中はボクにしては随分集中できたけど、お昼ご飯を食べた後は、20分くらいやっては「休憩したいです」って言っちゃいました。
お母さんが、企業の人の中で働く時に心配していたピョンピョン跳ねたり、手をパチパチ叩いたりもしてしまいました。
だって、ボクは困っていたんです。

お母さんはね、ボクが「出来る」ようになったら、支援学校に行っているお友達や、これから支援学校に入ってくるお友達も、「みんな出来る」って信じてる。
そして、ボクみたいに学校のお勉強は苦手でも、出来ることで感謝されて“自分は役に立つんだ”って自信を持って社会で活躍出来るようにきっとなれるって。
だからボクは里美さんや宮城さんだけじゃなくて、これからたくさんのお友達がお世話になる会社の方たちのための「教材」なんだって。
スゴイ大役だよね。プレッシャーもあるね。

だけど、お母さんはちゃんと「ご褒美」を用意してくれているから、ボクは頑張れる。
今までもずっとそうだった。
ボクにはすぐには出来ないことでも、大阪の中山先生やTEACCHの仲間の先生の手助けで「工夫」を考えてくれて、みきさんや里美さんたちがいっぱい考えてくれている。
だから、今度の挑戦も「出来る」ようになって、お母さんがメチャクチャ褒めてくれて、お手伝いしてくれた先生たちも喜んでくれるのが解る。
何しろボクは、ボクに解るように工夫してくれなきゃ全然力は発揮できないんだから、とっても支援者が上手くいったか解りやすい教材なんだもの。

ハッキリ言わせてもらうけど、今はみんな
「下手くそ!」
だって経験がないんだもの仕方ないよね。
ボクだってボクの「取扱説明書」を読んだことがない人が最初からボクを取り扱えるなんて思ってないよ。
だから、今度のお休みに中山先生や仲間の先生方が来てくれて、ボクの仕事ぶりを観てくれて、ボクがドンドン出来るようになるようにたくさん知恵を披露して下さるのを楽しみにしている。
その場に居てくれる学校の先生や、ボクたちが働くためのお手伝いをしてくださる方々の目から鱗がバサバサ落ちるのが想像できる。
それが今のボクの「役割」。
それにISFネットは大好きな会社だから、明日も楽しみ。
また学校への帰宅報告の電話で
「楽しかったです!」
ってきっと言えるよ。

今日のお母さんからのご褒美は「ハーゲンダッツのアイスクリーム」。
頑張ったら「良いこと」ってあるもんだよね。
さて…
明日は何だろう?
これも楽しみ。

じゃあ、お休みなさい。
Posted by 伊藤 あづさ at 19:58 | 今日の坊ちゃまくん | この記事のURL | コメント(0)
コメント