CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2018年度「放課後等デイサービス 評価アンケート」の結果を2019.2.28の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2021年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
広がれ虹の環 (03/19) 白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
「量る」って難しい [2012年04月22日(Sun)]
今日の発達支援トレーニングジム『しゃ〜れ』のテーマは「計量」。
クッキングスタジアムでの子どもたちの様子から、大匙や小匙を使っての計量。特に「すりきり」や1/2の計量スキルにバラツキがあったため、「量る」ことをしっかりと定着させるためのプログラムでした。

↓今日は調味料ごとに、同じ大匙を使っても、重さが違うことも知ってもらいました。
予測と実際の違いにも気付いてもらいました。
20120422e.JPG

今日は「コープアガー」という粉末の寒天を使ってのゼリー作りが「見かけ」の課題です。
↓「すりきり」のための道具も初めて使った子どもが多く
20120422i.jpg

↓さらに1/2の取り方もしっかり確認
20120422h.jpg

↓デジタルスケールを使っての計量も、微妙な量の調整に挑みました。
20120422g.jpg

↓材料を量り終えたら、お好みのジュースを使って「フルーツゼリー」の作成へ。
20120422d.JPG

オレンジ・グレープ・パインの各種を用意していました。
こんな時、一人くらいは「ミックス」に挑戦したくなる子どもがいるのですが、今日は全員がシングルテイスト。
冒険はしない慎重さも芽生えてきたのでしょうか…

お迎えのお母さんたちにも味わっていただき、今日も「絶賛」の嵐。
子どもたちとお母さんたちがお帰りになった後の「振り返り」では、
「自己評価が低いのでは…」との評価が出たお子さんもいましたが、小さい頃から「褒められる」ことが恒常的に繰り返される環境の元で育つことの大切さをスタッフ間で共有しました。
高校生になってから私たちと出会い、常にプラスの承認をして来ても、自分自身が褒められていることの実感を得難かったり、“たいしたことではない”と受け止めがちな子どもたちです。
プラスの評価を他者からたくさんもらって、自己肯定感が高まると共に、「自信」を表現できるようになるのも素敵なことです。
同じメンバーで1年以上共に過ごす中で、上下関係のような微妙な雰囲気も生まれてきていることを、感度良く察知し始めた頼もしい学生スタッフです。
20120422f.jpg

支援が上手になる前提としての「気づき」のアンテナが高く研ぎ澄まされるようになって来ていて、とっても頼もしく感じました。
個々の担当制になって、大枠のプログラムを個別にアレンジできるようになったら「鬼に金棒」です。
学生さんたちの若く吸収力の高い姿に、私たちもうかうかしていられません。
もっともっと支援が上手になりたいと願う日々です。
Posted by 伊藤 あづさ at 19:50 | 今日の「しゃ〜れ」 | この記事のURL | コメント(0)
コメント