CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2020年度「放課後等デイサービス 評価アンケート」の結果を2021.2.19の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
広がれ虹の環 (03/19) 白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
新たなチャレンジです! [2021年06月16日(Wed)]
特性のある子供達には様々なものに過敏だったりと、日常の中で困りごとがあったりします。

最近調理に参加しているDくん。今日はDくんのライフスキルトレーニングの様子です。
首周りの過敏があるようで紐で結ぶタイプのエプロンは今は難しい様子でした。
エプロンを付けれなくてもいいよねと思うこともありますが、でもエプロンをつけれた方がかっこいいかもと調理の活動に向けて、プログラムの中にライフスキル課題としてに取り入れ始めました。

初めての取り組みでしたので、まずはスタッフと一緒にエプロンのつけ方を練習しています。
手順書をみながら、まずはエプロンのタイプを変えチャレンジしてみました。すると、Dくんから、「手伝ってください」とエプロンを持って来てくれました。
今日はスタッフと一緒に取り組み、まずは少し着ることができました。
本人の現在のスキルを確認し、見守りつつ、所々手を貸しながら取り組みます。自立して出来ていた工程と手だてが必要な工程に分け、評価しながら、本人の学習スタイルに合ったものを次回までに準備します。スタッフ間で様々な意見を出し合いながら、課題の設定を含めて作り上げていきます。
さらにより良い手だてを目指して、評価を重ねていきます。
本人の「一人で出来た!」のその日まで。それを励みに、スタッフ一同も積み重ねていきます。
ブログ.jpg
Posted by 伊藤 あづさ at 14:50 | 今日の「しゃ〜れ」 | この記事のURL | コメント(0)
コメント