CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2020年度「放課後等デイサービス 評価アンケート」の結果を2021.2.19の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2021年07月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
広がれ虹の環 (03/19) 白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
働くための一歩 [2021年06月02日(Wed)]
大人になったらお仕事をしてお金をもらうこと、まだイメージが湧きませんよね。
「しゃ〜れ」では、計量の練習をして上手になった子が働くためのトレーニングとして
お茶の計量、パック詰めの課題をしている子もいます。

事業所の近くにある漢方薬局の人気美肌茶のパック詰めを委託で行わせて頂いています。
もちろん、ここでも視覚的な手立てはあります。
決まった数をしっかり計量できる子供達の強みを発揮しています。

IMG_9060.JPG


IMG_0204.JPG
衛生面にも気を付け、6種類の生薬を丁寧に計量してパックに入れます。
まずはスタッフと1パックずつ練習して、中には1日10パックも行う子もいます。

そして、次の月に計量したお茶の個数分のお手当が出ます。
貰ったお手当を何に使うのか子供達に聞くと「貯金して好きな物を買います」
「お母さんとご飯を食べに行きたいです」など使い道は様々。
お手当を渡したときの子供達の嬉しい顔を見るとスタッフも嬉しくなります。
子供たちはこうして、確実に働く大人への一歩を踏み出していきます。
Posted by 伊藤 あづさ at 18:00 | 今日の「しゃ〜れ」 | この記事のURL | コメント(0)
コメント