CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2018年度「放課後等デイサービス 評価アンケート」の結果を2019.2.28の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2020年09月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
広がれ虹の環 (03/19) 白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
大阪研修2日目。 [2016年06月25日(Sat)]
大阪研修2日目。
今日は、中山清司さんが代表をされている天才塾bon谷町教室と、bonキッズ谷町の2つ事業所の取り組みを見させていただきました。
天才塾bon谷町教室は、今まで中山先生がご紹介してくださった映像の撮影場所でもあったこともあり、とても刺激をうけました。場所の設定、構造化、スケジュールをはじめ、課題の豊富さやそれを整理することなど、全てのことを実際に見て知ることはとても貴重な経験となりました。
何より働いていらっしゃる方のお話を聴きながら胸が熱くなりました。長く福祉の仕事に携われている方の言葉はとても重く、コアの部分を持ち続けていくことの大切さ、現実と向き合いながら支援していくことなど、常に持ち続けていかなければならない心持ちをを教えてくださいました。実践に携わり続けることでたくさんの現場を知る実践家を目指していきたいと思いました。
bonキッズ谷町では、実際のプログラムを見させていただきました。グループでの活動と個人での活動それぞれがあり、そこで働くスタッフの方々のお子さんとの関わりは本当に勉強になりました。保護者の方に寄り添い、利用者の方に寄り添っていく。今の仕事は、人の人生に関わり、寄り添うことである。この2日間で何度も感じたことでした。
そして、ここでの学びをどう日々の実践に活かしていくのかを考えた時間でもありました。まずは自分が感じたことを他の職員の方と共有し、課題のことや保護者の方との協同療育のことなど、しゃーれで取り組めること、強く取り組んでいきたいことを明確にし、形にしていきたいと思います。
18歳になった時の子どもたちのことを考えてプログラムを作っていくことの重要性も再確認しました。謙虚にかつ恐れずに自分の考えや思いを発信していきたいと思った時間でもありました。
原点に立ち戻ること、その中で新たな取り組みにも恐れずに挑戦していくこと、自分の思いや考えを発信していくこと。大切なことをいつも思い出させてくれる研修の機会を作ってくだっていることに感謝です。
これからも学びと実践を続けていきたいと思います。

フローレン
Posted by 伊藤 あづさ at 17:28 | 今日の学び合い | この記事のURL | コメント(0)
コメント