• もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2020年度「放課後等デイサービス 評価アンケート」の結果を2021.2.19の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2023年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
広がれ虹の環 (03/19) 白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
ノットワークカフェのご案内 [2015年12月11日(Fri)]
11月ノットワークカフェの参加者は、偶然にも今年進学したお子さんのお母さんたち。「しゃ〜れ」を卒業した方々や現在学生支援を利用されている方。

それぞれの進学先で、どんな風に支援室を利用しているか、サポートはどんなものがあるかなどの情報交換。お子さんたちの近況などが話題になりました。参加者それぞれが別の大学に通っているので、支援体制などの情報がこれから進学を迎える方々の参考になればと思います。

途中からちょこっと参加の伊藤代表からは
「25歳になったときにお子さんたちがどんな風に暮らしていて欲しいかをぜひ考えてみてください。」という宿題が出されました。

25歳、我が家の場合は…
まずは、今ぐらいの健康状態で生活していて欲しい。
卒業時(または中退時…?)に就職できていれば、新人ではなくなり就労継続が厳しくなってくる頃。今の様子からは、やはり実家から通える職場。
社員で就職できなくても、アルバイトができる状態で、短時間でも働いていて欲しい。

そのためにこれからも継続していくこと。
まずは、卒業できるようにサポートを続けること。大変だったけれども、卒業できたという自信をもてるように。

ゆっくりゆっくり少しずつでも、大人になっていかれますように。
日常生活でも覚えなければならないことが沢山あるのに、レポートの締め切りに追われる今日この頃。
優先順位がつけられないということは、本当に大きな課題です。
家族も知恵を出し合い、支え合い未来を創っていかれたらと思います。スニフ

今月12月のノットワークカフェは来週以下の通りで行われます。
ご参加をお待ちしております。
Schaleおおまち ノットワークカフェ
日時;12月18日(金)10:00〜11:45
場所;café Schale
会費;1,000円(ケーキセットつき)
お申し込みは電話022−263−1402または
 E−mail;schale_omachi@yahoo.co.jpまで
12月16日(水)までにお申し込みください。
Posted by 伊藤 あづさ at 08:39 | ノットワークカフェ | この記事のURL | コメント(0)
コメント