CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

虹の夢

生き難さを抱えている人たちの幸せな未来を願っている「お節介おばさん」の徒然日記です。

自閉症/発達障害のある方など生き難さを抱えスペシャル・ニーズを持つ方々の「未来を創りたい」…そんな大きな夢を叶えるために、「楽しく・嬉しく・明るい」情報発信をしていきます。

2018年度「放課後等デイサービス 評価アンケート」の結果を2019.2.28の記事に掲載しています。
併せてご覧ください。


プロフィール

ぶれいん・ゆに〜くすさんの画像
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
白熊の女房
広がれ虹の環 (03/19) 白熊の女房
労働力 (09/01) 伊藤 あづさ
うっとり… (04/12) 鈴木
うっとり… (04/09) 伊藤 あづさ
心のコンパス (12/25) ながた なおこ
長いタイトルですが… (12/23) ながた なおこ
心のコンパス (12/23) 伊藤 あづさ
1年の時を経て (11/20) ちあき
1年の時を経て (11/14) 伊藤 あづさ
13日の金曜日&仏滅 (09/18)
日別アーカイブ
月別アーカイブ
リンク集
消防訓練に参加しました [2015年11月26日(Thu)]
今日はビルの消防訓練に参加しました。
火災ベルが鳴ってから避難するまでの経路や状況を確認したあとの動き方、消火器の使い方など、丁寧に教えてもらいました。
いつ何時災害にあうかわからないため、事前の備えが重要であることを私たちは身をもって知っています。
それと同時に、初めて遭遇した状況下で最善を尽くすことの重要性と難しさも感じています。
2月に参加した「災害時における知的・発達障害を中心とした障害者の福祉サービス・障害福祉施設等の活用と役割に関する研究報告会」では、たくさんの報告があり初めて知った現状と課題を強く感じました。
その報告の中で過去の災害経験に学び、知恵や教訓を紡ぐというエスノグラフィーについてのお話がありました。
初めて遭遇した状況下で最善を尽くすために災害に学んでいくことは、過去の教訓から学ぶことであると同時に経験を話し合うことでもあります。
あのときをどのように過ごしてきたのかはそれぞれであるからこそ、話をすることで、共有することで見えてくるものがあるのだと感じています。

しゃ〜れには沢山の方が来てくれています。
その方たちが安心して過ごせるためにも1つひとつの活動を大切にしていきたいと思います。

フローレン





Posted by 伊藤 あづさ at 14:43 | 今日の活動 | この記事のURL | コメント(0)
コメント