CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

海風&山風

自然学校の仕事をやりながら、日常生活の中で、感じたり、考えたり、思ったりしたことを勝手気ままに書き綴っています。


 こどもの頃から日記や小遣い帳を付けることが、“大の苦手”だった私が、できるだけ毎日、ブログ更新ができるよう心がけていきます。
 青い空と青い海、緑の山、白い山・・・が、私のフィールドです。

 私の職業(仕事)は、 叶逞t薬品 ヤックス自然学校の総合ディレクター、NPO法人 千葉自然学校職員。
 平成20年度より南房総市大房岬少年自然の家の所長を経て、平成21年度より千葉自然学校事業推進部長、平成26年度より事務局長に就任しました。
 子どもの体験を大人の都合で奪うことが大キライ!
山形の佐藤錦 [2015年07月11日(Sat)]
毎年、この時季の定番フルーツが、山形県出身のキャンプリーダー卒業生のらんぼーから立派な佐藤錦が届きました。

有難いことです。感謝、感謝。

DSC_3251.jpg


似かよったもの [2015年06月11日(Thu)]
DSC_3227.jpg


 千葉自然学校のネギ&フッキーの第一子誕生のお祝い返しに、フッキーのふるさと秋田県角館のゆかり堂製菓のお菓子を頂きました。

 昔懐かしい駄菓子のようなかりんとうときなこ棒菓子。

1331087516986_imgBig.jpg


1331087518522_img1Big.jpg


 夕方の小腹が空いた頃に落ち葉の形をした辛〜い醤油せん餅だと思って、思いっきり口に入れたら想像とは遥かに遠い甘〜い衝撃!

 黒糖がけ うす葉かりんとうだった。

91CmW0Yd0JL__SL1500_.jpg


 昨晩、「マツコ&有吉の怒り新党」の冒頭で、何やら見たことがあるお菓子が登場。

20150610_001.jpg


20150610_002.jpg


20150610_003.jpg


 あれ?深川の「伊勢屋」黒糖駄菓子とテロップに出ている?

 世の中、似かよったものがあるんだなぁ〜と実感した夜でした。
無患子(ムクロジ)の実 [2015年06月10日(Wed)]
DSC_3228.jpg


 千葉自然学校の監事を務める高橋晴雄さんのご自宅へ伺いました。

 ご自宅の玄関に入るとパネルにキーホルダーがたくさん飾られていました。

 無患子(ムクロジ)という実を使っているそうです。

 調べてみると・・・

 羽子板で突く羽根に付いている黒くて堅い玉が、「 無患子」(むくろじ)という大木の種。

  読んで字の 如く「子が患わ無い」という意味で、羽子板が 無病息災のお守りになった由来。

 また、羽根が病気を運ぶ蚊を食べてしまうトンボに 似ていることから、子が蚊に刺されないように、 無病息災の意味につながったとも言われています。

 正月に羽根をつくことは、「世諺問答」(せげんもんどう)(1544年刊)には、ムクロジの実に長い竹ひごをさし、鳥の羽根をつけ、板で突きあげたとあり。

 その羽根の飛ぶさまが虫を食べるトンボに似ているので、子どもが蚊に刺されないおまじないとして始められたという意味の事が書かれています。

 中国の14世紀ころに硬貨をつけ錘とした羽根を蹴る遊びがあり、室町時代にこれが日本へ伝来、これが羽根つきの起源とされています。

 室町時代には、宮中のことを記録した「看聞御日記」に羽根つきの記録があります。

 この記録には公卿や女官が羽根つきをし、負けた組が酒を振舞ったとの記録があります。

 戦国時代から羽根つきに厄払いの想いがあり、江戸時代は年末に邪気よけとして羽子板を贈ったとのことです。 今も女児の初正月に羽子板を贈ることが習慣が残っています。
久しぶりの更新です。 [2015年06月04日(Thu)]
昨年の秋ぶりの更新となると、ほぼご覧頂いていないかもしれませんね。
子どもの頃の三日坊主が顔を出していますが、細く長くを目標にアップしていきますか!

20150603_02.jpg


社会人キャンプリーダーのなみかんが、山口県へ営業に行ったので、お土産を事務所に届けに来ました。
ふぐの刺身とはいかないので、ふぐの切り身?が入った煎餅と岩国れんこん煎餅。
お茶請けによろしいなぁ〜。

20150603_01.jpg


そして、もう一人社会人キャンプリーダーのつっかけが事務所へ顔を出しました。
キャンプリーダーがバイトしているパン屋で購入してきたそうです。
夕方から夜の時間帯に美味しいものを差し入れ頂くと、手が出ちゃうんだよね〜(>_<)
生牧草、自分で収穫、エサやり体験 [2014年11月06日(Thu)]
中央牧草センター(四街道市)と千葉市動物公園がコラボ
自分で収穫した生の牧草をキリンやゾウに直接、エサやりできます。

千葉自然学校のネットワーク団体「千葉・草原のこころファーム」が千葉市と協働事業を展開。
是非、多くの皆さまのご参加をお待ちしています。
お申込みは直接、中央牧草センターまで。043-423-7571

平成26年11月22日(土)8時半〜17時
中央牧草センター、千葉市動物公園
小学1年〜中学3年 男女
4,900円(税込)

H26.11.生牧草、自分で収穫、エサやり体験チラシ.png

千葉県キャンプ協会 創立30周年記念事業 [2014年08月29日(Fri)]
千葉県キャンプ協会が設立30周年を迎えました。
30周年を記念して下記の内容の事業を開催いたします。

【シティサバイバルキャンプ】

日時 2014年9月28日(日)9時〜16時半
場所 千葉大学 西千葉キャンパス(千葉市稲毛区弥生町1-33)
対象 千葉県内に在住する小・中学生、キャンプ指導者および青少年指導者
内容 野外力検定(ロープワーク、丸太切り)、防災キャンプ(火起こし、テント設営、仮設トイレの作り方)、記念講演、記念パーティ
詳細 http://chiba.camping.or.jp/H26%2030syuunennkinenngyouji%20poster.pdf
主催 NPO法人 千葉県キャンプ協会
申込 電話 080-9534-1234 FAX 043-290-2620
後援 千葉県教育委員会、千葉市教育委員会、国立大学千葉大学
防災キャンプフォーラム [2014年01月15日(Wed)]
DSC_1954.jpg


2013年夏に千葉県教育委員会と山武市教育委員会が共催事業で実施した文部科学省受託事業「防災キャンプ」のフォーラムが来月開催されます。

私はこの事業に現場統括ディレクターとして、携わりました。
牡蠣のシーズン [2014年01月15日(Wed)]
DSC_1947.jpg


毎年、牡蠣のシーズンを満喫したいと思っていると、いつの間にか過ぎ去ってしまいます。

カキのリゾットもチーズが決めて!
陳麻飯と担々麺 [2014年01月15日(Wed)]
DSC_1944.jpg


久しぶりに粉山椒のピリピリ感を味わいたくなる。

なんとも言えない舌のマヒ感覚。

痺れるなぁ〜(>_<)
内祝 [2014年01月15日(Wed)]
DSC_1942.jpg


谷家から美咲と美稔の内祝が届きました。

白いお皿のセット。

DSC_1943.jpg


二人ともだんだんと人間らしくなってきた。