CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

Main | 2019年12月»
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
防災フィットネス協会の理念 [2019年11月07日(Thu)]

防災フィットネス協会の藤田です。
今回は当法人の理念について、お話したいと思います。

「防災」×「○○」は一時は落ち着いた感がありましたが、この秋の台風等での被災(冠水・河川氾濫等)により改めてみなおされてきています。天気予報ならぬ「天災予報」のシステム構築を模索する企業もあります。これからの時代は、防災や未病、予防といった概念を織り交ぜ、事業を構築することが当たり前になる時代に突入したと思います。

我々はなぜ「防災×スポーツ」ではなく「防災×フィットネス」にしたのか?それは以下に説明する我々の理念の基となった文面で即決されました。フィットネスでなければならなかったのです。
その文面とは・・・。

フィットネスをいろいろと調べているうちに、運命のごとく巡り合えた1950年代、アメリカの健康と運動に関する大統領諮問委員会によるフィットネスの定義が以下です。これが我々の理念となっています。

『日々の作業を効率的に行い、しかもレジャーを楽しみ、予期せぬ緊急事態に対して十分適応できるだけのエネルギーを残しておける能力』

我々はこの「日々の作業」例えば階段を登ることや物を運ぶことや歩くことなどを、もっと効率的に行える様々なエビデンスを紹介したり、それを基にプログラムを開発すること、そして「レジャー」の楽しみ方を提供することを防災フィットネスとしての事業としています。

来年度(令和2年4月予定)からは、第0期生となる「防災フィットネス協会認定講師」を養成する講習会を開催予定です。

新たに誕生するこの認定講師により、全国にそして世界へ、「防災フィットネス」のエッセンスを体感して安全に幸福になっていただくことの一助の和(輪)が広がることと思います。そして、予期せぬ緊急事態で助かる命が増えることへ全身全霊で取り組んで参ります。

今、このブログをご覧になっている方で何だか「ワクワク」している方。是非とも連絡ください。その直感的なご縁を楽しみにしております。「ONE TEAM」になりましょう。

                  一般社団法人防災フィットネス協会
                   代表理事 藤田 和人