CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年06月18日

ボラみ展「日本国際飢餓対策機構」ブース紹介

あー、今日の昼間の雷はすごかった汗子どもの頃から雷は苦手ですが、大人になってもそれは変わらないようです・・・困った

さて、テンションが下がらないうちに、今日もボラみ展スース出展団体さんをご紹介します!
今回は「日本国際飢餓対策機構」です。

 


音量こんにちは!日本国際飢餓対策機構です。私たちはアジア・アフリカ・中南米で、緊急援助、自立開発教育、教育支援、長期の日本人スタッフの派遣を主として活動をしています。
 100年に1度とも言われている昨今の不況は、私たちの暮らしに大変な影響を与えています。
しかし、実はこの世界的な大不況で一番影響を受けているのは、貧しい国々の人たちなんです。
貧しい国々の人たちの貴重な現金収入である収穫物の値段は、ただでさえ先進国によって買い叩かれてきたのに、この不況でますます低値に抑えられています。
低賃金のために、子どもたちまで、学校にも行かずに必死で働かなければならないという状況です。
世界的な株安で、投機マネーが穀物市場に流れ、世界的なインフレが起きていますが、食物の値段が跳ね上がるということは、食うか食わずの暮らしを強いられている人たちにとっては死活問題です。

 今、世界ではお腹を空かして亡くなっている人々が、1日に25,000人いると言われています。
そして、飢餓で苦しんでいる人々は10億人にものぼるといわれています。
 あなたはこの現実をどう受け止めますか?



 こういった問題を一緒に考えたい!という方、国際協力に興味のある方、ボランティアをやってみたいという方、どなたでもまずは一度お気軽にブースにお立ち寄りください。

 私たちにできることを、みなさんで一緒に考えてみたいと思います!

日本国際飢餓対策機構のホームページは、下のURLをクリック・・・びっくり
http://www.jifh.org/
posted by ボラみみ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ボラみ展2009

2009年06月17日

ボラみ展「日本死の臨床研究会」ブース紹介

今日は、ボラみ展の会場内で使う、「電源タップ電球(いわゆる、たこ足です)」を準備していました。
およそ、40本ほどありましたが、ボラみ展の規模の大きさを改めて感じさせられましたクジラ

さて、今日も、ボラみ展ブース出展団体さんのご紹介へと行きましょう!
今回は、「日本臨床死の研究会中部支部」です。

音量本会は「死の臨床において患者や家族に対する真の援助の道を全人的立場より研究していくこと」を目的とする研究会です。
「死」について考えることで「いのち」をいかにその人らしく生き抜くか、
それを医療、福祉、教育、宗教などがどのように支えていくかを研究しています。
今年33回目となる年次大会が11月に名古屋で開催されることになりました。
皆さん御存知の鎌田實先生、日野原重明先生、柳田邦男先生、料理研究家の辰巳芳子先生などの講演、座談会、また音楽療法、マッサージ、アロマセラピーなどの多彩なワークショップなど盛り沢山の企画を用意しております。3000名規模の参加者を予定していますが、運営をお手伝いしていただけるボランティアを募集しています。
是非よろしくお願いいたします。また興味のある方は大会への御参加もよろしくお願いいたします。
現在事前登録を受け付けています。詳しくはhttp://www.cs-oto.com/jard33/を御覧下さい。

日本死の臨床研究会のホームページは、下のURLをクリック・・・びっくり
http://www.jard.info/
posted by ボラみみ at 23:03| Comment(1) | TrackBack(0) | ボラみ展2009

2009年06月16日

ボラみ展「オイスカ中部日本研修センター」ブース紹介

夕方に雨が降ったこともあり、夜は涼しくて心地が良いです。

さて、いつものようにボラみ展のブース出展団体さんの紹介にいきますびっくり
今回は、豊田市にある、「(財)オイスカ中部日本研修センター」です。

  


こんにちは!オイスカ中部日本研修センターと申します。
オイスカは今年設立48周年を迎え、人材育成、農村開発、環境保全を大きな柱として活動している国際協力NGOです。
中部日本研修センターは、豊田市勘八町にあり、今年はアジア太平洋、アフリカ、中米の11カ国21名が新たに入所し、外部委託研修生8名を除く14名が環境に優しい農業技術や家政研修などを学んでいます。
私たちはボランティアとして活動のお手伝いをしてくださる方を募集しています。
具体的には農業指導補助や事務作業、イベント出展時の手伝い等です。
ボラみ展ではベルマークと書き損じはがきの仕分けを手伝って頂きたいと思っております。
これらは海外での植林活動資金に充てられ、ベルマークは100点、書き損じはがきは3枚で苗木1本を購入することができます。
また、ペットボトルのキャップ、外貨コイン、使用済みインクカートリッジも植林活動資金として集めています。
もしご家庭で不要のものがあれば当日お持ちください。
ぜひボラみ展にお越し頂き、私たちのブースに遊びにきてくださいね。
お待ちしています!

下は、研修生と植林活動の写真です。




オイスカ中部日本研修センターのホームページは、下のURLをクリック・・・びっくり
http://oiscactc.cool.ne.jp/
posted by ボラみみ at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ボラみ展2009

2009年06月12日

ボラみ展「あいち骨髄バンクを支援する会(あいちの会)」ブース紹介

ボラみみの事務所へ来る途中、庄内川の橋を渡るのですが、河川敷の赤シソがすごく赤々としていて、とてもきれいでした笑い

では、今日もブース出展団体さんのご紹介をします。今回は「(特)あいち骨髄バンクを支援する会(あいちの会)」です。



音量こんにちは、(N)あいち骨髄バンクを支援する会です。
今年度もボラみ展に参加させていただきます。
(N)あいち骨髄バンクを支援する会は、非血縁者間骨髄移植を望む患者全てに骨髄提供者が見つかるよう、日本骨髄バンクのドナ一登録者拡大に向けて、愛知県内でのドナー登録推進活動・骨髄バンクヘの理解を深めるための啓蒙活動を行っています。また、骨髄移植を含めた造血細胞移植など、高度先進医療を受ける患者さんや患者家族さんへの支援活動・心のケア等も行っています。
ボラみ展当日は骨髄移植について、ドナー登録についてのパネルを展示します。
骨髄移植についてのクイズも用意しています。
例えば・・・「血液型A型の患者さんがB型のドナーさんから骨髄をいただき移植したら患者さんの血液型は何型になるでしょうか?」答えは当日のお楽しみ・・・。
是非、あいち骨髄バンクを支援する会のブースにお立ち寄り下さいませ。
7月5日、皆様にお会いできること楽しみにしています。

あいち骨髄バンクを支援する会(あいちの会)のホームページは、下のURLをクリック・・・びっくり
http://www.aichi.eei.jp/
posted by ボラみみ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ボラみ展2009

2009年06月11日

ボラみ展「市民ボランティアサークルONE」ブース紹介

昨日から降っていた雨も、午後からは太陽となり、名古屋も青空が広がりました。

さて、今日ご紹介する、ブース出展団体は、「市民ボランティアサークルONE」です。



音量わかもの(大学生・社会人)を中心に青少年の健全育成に力を入れ、地域と協力しながらそこに“家族のようなあったか〜い関係”を築くことを目的としています。
天白区にある小学校でドッヂビーというスポーツや工作、ゲーム大会、キャンプなど様々な企画を通して子ども達と一緒に成長し『ヒーロー』を目指しています。
 
 『ボラみ展』当日は、普段の活動写真を展示したり、活動の一部を体験できるクイズなど企画を用意しています。子ども達とのキャンプなどの活動での体験談、動画映像、写真もたくさんあるのでぜひ見に来てくださいね。

市民ボランティアサークルONEのホームページは、下のURLをクリック・・・びっくり
http://www.geocities.jp/one_hero_simin/
posted by ボラみみ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ボラみ展2009

2009年06月10日

ボラみ展「あすて」ブース紹介

今日はたくさん雨が降っていて、梅雨が本格的になってきたんだなぁ・・・と思わせるような一日でした。
さて、今日もボラみ展の団体紹介は続きます。今回は、豊田市にある、「(財)あすて」です。



音量団体紹介
こんにちは。豊田市の財団法人あすてです。
あすては多数の企業の賛助のもと、43年前に設立されました。

あすては多目的室、和室、演奏・発表に適したスペース、木工や陶芸の工房、
キッチン、芝生広場などさまざまな設備を有しており、現在43のボランティアグループが登録をし、それぞれの用途に合わせ、あすてを活用しています。
のどかな雰囲気のあすてで、自ら考え社会貢献につながる活動をしてみませんか?
また、あすてでは国際や防災などをテーマとした様々な主催事業も行っております。

太陽・出展紹介
「チャレンジアジア カンボジアボランティアツアー」
この事業は、若い人々が発展途上にあるカンボジアの現状を実際に自分の目で
見て、 共に汗を流すことで体感し、これからの国際協力や自分たちでできる社会貢献活動について仲間とともに考え行動する機会となることを目的としています。
ボラみ展では2008年12月に実行した第1回ツアーの様子をご紹介するとともに、2009年12月に行う第2回ツアーの参加者を募集します。



あすてのホームページは、下のURLをクリック・・・びっくり
http://www.aste-toyota.jp/
posted by ボラみみ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ボラみ展2009

2009年06月09日

ボラみ展「ドリーム」ブース紹介

今回、ご紹介する団体は、かつて、ボラみみと同じフロアーに事務所を構えていた、脳卒中の後遺障害者を支援している、「(特)ドリーム」です。



音量私たちNPO法人ドリームは「脳卒中障害者のいきがいづくり」を目的に活動しています。

主な活動内容としては、

・喫茶事業
 脳卒中障害者がマスター・ママを務める喫茶ドリームを男女平等参画推進センター「つながれっとNAGOYA」にて営業中!

・ミニミニショップ事業
 フェアトレード商品の販売

・情報誌事業
 脳卒中障害者の作る情報誌「一歩いっぽ」の編集・発行を、行っています。

 今回のボラみ展では4F食堂にて、コーヒーや紅茶などの
喫茶営業、フェアトレード商品の販売を行います。
 ボラみ展当日に参加いただけるボランティアは残念ながらありませんが、
今後ドリームで行うリハビリ教室などでのボランティアを募集しています。
詳しくは、ドリームのブースにてお尋ねください。

 おいしいコーヒーを淹れてお待ちしています。

ドリームのブログは、下のURLをクリック・・・びっくり
http://plaza.rakuten.co.jp/npo1999dream/
posted by ボラみみ at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ボラみ展2009

2009年06月08日

ボラみ展出展団体の紹介

ボラみ展まであと一ヶ月をきりました拍手
改めて、ご出展していただく団体をご紹介させて頂きます。

【医療】
 特定非営利活動法人 アレルギー支援ネットワーク
 特定非営利活動法人 あいち骨髄バンクを支援する会
 日本死の臨床研究会中部支部
 財団法人メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン 名古屋支部

【環境】
 特定非営利活動法人 愛・地球博ボランティアセンター
 特定非営利活動法人 大杉谷自然学校
 財団法人オイスカ中部日本研修センター
 守山リス研究会
 特定非営利活動法人 矢作川と三河武士フォーラム

【国際】
 特定非営利活動法人 アジア日本相互交流センター(ICAN)
 アジア保健研修所(AHI)
 チャイナル!日本
 特定非営利活動法人 チェルノブイリ救援・中部
 特定非営利活動法人 名古屋NGOセンター
 日本国際飢餓対策機構

【災害】
 特定非営利活動法人 レスキューストックヤード

【障がい者】
 学生ボランティアサークルおでん
 特定非営利活動法人 コンビニの会 コンビニハウス
 特定非営利活動法人 ドリーム
 特定非営利活動法人 なかまの家
 名古屋ボランティアサークル たんぽぽ
 特定非営利活動法人 パンドラの会
 社会福祉法人ゆたか福祉会 あかつき共同作業所

【スポーツ】
 スペシャルオリンピックス日本・愛知

【青少年】
 特定非営利活動法人 アスクネット  
 財団法人あすて
 特定非営利活動法人 子ども&まちネット
 こどもと遊ぶボランティア あそVIVA
 市民ボランティアサークルONE
 特定非営利活動法人 ジュヴェニル
 特定非営利活動法人 SKIP

【団体支援】
 千種区ボランティア連絡協議会
 特定非営利活動法人 パートナーシップ・サポートセンター

【文化】
 音楽サークル ドラむす

【まちづくり】
 コミュニティ・ユース・バンクmomo

【企業】
 中部電力株式会社
 株式会社デンソー


 (50音順)

これらの団体の活動内容など詳しい情報は、随時、このブログでご紹介します。お楽しみに。

(スタッフK)
posted by ボラみみ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ボラみ展2009

ボラみ展「なかまの家」ブース紹介

今日のボラみ展ブース団体紹介は、愛知県日進市にある、「(特)なかまの家」です。



音量NPO法人なかまの家は日進市で『障害者福祉サービス』事業と『青少年育成』
事業をしている団体です。
毎週火曜日から土曜日10:00−15:00は、<ハンディのある人たちのはたらく場所>として、
毎週火曜日から金曜日15:30−18:00は、<ハンディのある子どもたちの憩いの場所>として、
毎月2〜4回 土日祝日を使って、文化活動や地域交流として、ものをつくったり、レクリエーションしたり、地域へ社会体験に出かけたりと、毎日笑顔で楽しく過ごしています。
ハンディのある人たちと一緒になって、やさしく笑顔でいろいろな体験をサポートしてくださるボランティアさんを大募集しています。

毎年3月に青少年育成事業の一環として、地域の人たちを巻き込んで、「誰もが先生になれ、誰もが学べる」体験学習のイベント『ともまなびセミナー』を運営から講師まで、
すべてボランティアで開催しています。
このイベントに「講師」として、「運営スタッフ」として、「実行委員」として関わってもらえるボランティアさんを募集しています。



当日、ブースでは新聞紙でつくれる「エコバックづくり」を体験して頂けます。
是非、ブースへ遊びに来てくださいね!!


posted by ボラみみ at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ボラみ展2009

2009年06月07日

ボラみ展「名古屋NGOセンター」ブース紹介

ボラみ展ブース紹介、どんどんいきます・・・びっくり

今回紹介する団体は「(特)名古屋NGOセンター」です。
名古屋NGOセンターは、中部地区における、国際協力分野のネットワーク組織です。



音量名古屋NGOセンターは貧困・紛争・環境破壊などの地球規模の問題を解決するために、市民が主体となり取り組む活動を支援しています。支援をとおして、人権、平和、環境が守られる社会の創造を目指しています。
NGOと人々、NGOとNGOをつなぐネットワーキング、NGOに関する相談・質問への対応、人材・活動育成などの活動を行っています。主な事業の中のひとつはNGOスタッフになりたい人のためのコミュニティ・カレッジ(Nたま)です。国際協力に関心のある方々がインターンシップ、ボランティア、海外でのフィールドワークなどを通してNGOスタッフに必要な視点を学べるプログラムです。
修了生の多くが、NGO/NPOスタッフとして活躍しています。このようなプログラムの実施を通して市民個人/市民団体と国際協力の架け橋という役割を担っております。
名古屋NGOセンターの加盟団体は世界のいろいろなところで活躍しています。アジア、アフリカ、東南アジアなどで活躍しており、それらの地域の状況、ニーズ、活動などに関心がある方はぜひブースにお越しください。
そして、これからこの地域や海外でNGOと関わりたい方、ボランティアをやりたい方もご相談ください。

また、私たちと一緒に「世界を知るクイズ」を楽しくやりましょう。

名古屋NGOセンターのホームページは、下のURLをクリック・・・びっくり
http://www.nangoc.org/
posted by ボラみみ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ボラみ展2009