CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年07月15日

ボラみ展報告(第3回目)

ボラみ展報告3回目は、体験コーナーと交流ラウンジの様子です。

 
体験コーナー
障害者スポーツのハンディキャップテニスやフライングディスク、
手話で簡単な挨拶をする手話体験や高齢者疑似体験など、普段
経験することの出来ない貴重な体験の場として多くの来場者が利用しました。
また実際に身体の介助をしてくれる介助犬も登場。実際に介助する
様子を披露してくれました。


 
交流ラウンジ
交流ラウンジでは来場者の方やスタッフの方の休憩スペースとして
賑わいました。お昼時はお弁当やパンを求めるお客さんが絶えず、
スタッフは大忙しでした。また愛知淑徳大学の学生スタッフによる人形劇も
上演され、注目を集めていました。
posted by ボラみみ at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ボラみ展2009
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック