CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2009年07月22日

お食事会


ボランティア団体をはじめて12年です。活動のひとつで、地域の誰でもが参加できる
お食事会を10年以上年に5回行っています。
参加者には、高齢者施設に入っている利用者さんや地域の高齢の方、夏休み中の子供たち
など、今日はボランティアさんをいれて80名の参加になりました。
とってもうれしかったことは。地域の小学校の5年生の男の子が食事を運んでくれる
ボランティアをしてくれたことです。参加者の最高年齢者93歳、再年少者9歳小学校4年生
など皆と一緒に歌を歌ったり、誕生日をお祝いしたり、おしゃべりをしたりで、お互いに元気を確認しながらおいしいものを食べて会話をする楽しさは、素晴らしいと思います。
なかなかお隣さん同士お話をすることが少なくなった現在、こんな会食会で地域の輪を作っています。メニューは昔なつかしちらずしとトマトのオリーブドレッシングサラダ、水羊羹、卵とじのお吸い物でした。今度は9月です。

2009年07月14日

ちょっとそこまで

仙台から登米まで三陸道に乗って行ったらあっという間に着いてしまいました。この道路が出来ていないときは、3時間もかかって行ったのですが、今は2時間ぐらいで着いてしまいました。そのお陰で、登米の< 旧登米高等尋常小学校(教育資料館) >を見学してきました。http://miyagitabi.com/tome/kyouiku/index.html
学校は、木造作りで私たちが通った学校に似ています。昔の教科書など、懐かしいものが・・
感激してきました。
町並みは、武家屋敷を思い出すような門構え、
途中には団子屋さんと人力車が走っていました。お昼は、登米でも有名なうなぎ屋さんで
とってもおいしいうな丼を食べて満足満足でした。
とっても素敵なちょっとした旅でした

2009年06月23日

小鳥の巣立ち


5月ごろから我が家の金木犀に尾っぽの少し長い鳥が巣を作り出しました。
毎日毎日巣作りに一生懸命で、いろぴろな物を口ばしに加えて運んでいるのです。
6月の半ばごろからピーピーと鳴く声がしてきたのですが、今朝庭のベランダに
巣から落ちてきたのでしょうか、一羽の小鳥がちょこっと座っているのにはびっくり、そーと眺めていましたら、バタバタと移動をして手すりの中に停まっているのです。
とっても可愛いので、カメラを抱えてずーと見ていたら、親鳥がやってきました。
「子供の泣き声でちゃんと解るんですね餌を運んできて食べさせているところ」
シャッタチャンス
小鳥の親子でもこんなに大切に子育てをしているのに、
人間は人間の子育てをできないで悲しい思いをすることが最近多くニュースなどで
聞かれとても残念に思うことがあります。小鳥はずーと4時間ぐらい同じとろろで餌を待っている姿がとってもいじらしかったです。そして自分で羽を広げて近くの木に飛んで行き、草むらにいなくなりました。元気に巣立ってくれることを願って。来年もやってきますように。鳥

2009年06月04日

孫のお弁当

<画像:http://>

大阪にいる今年幼稚園に入った
男の子の孫は、初めての社会参加に戸惑いを感じ5月の連休明けまで、母を求めて泣いていました。大好きなママから離れるのが嫌で嫌でしょうがないのと、幼稚園生活になじめないそんな気持ちの中、我が娘は、お弁当に一生懸命アイデアをいれて、少しでも慣れてもらうようにと大好きな電車のお弁当作りをしていたようです。
お昼になると電車のお弁当を楽しみに全部食べてくるようですが、帰ってきて”今日の新幹線の車輪がちょっと違っていたよ”とシビヤナ評価をするほど電車マニアックなのです。そのメールを見るのが楽しみな爺と婆なのですよ。メールウインク

2009年04月14日

三春の滝桜

福島県の三春の滝桜を見に行ってきました。今年の桜は地元の人の話では、「1週間から10日ぐらい早いそうです。11日に3分咲きだったのに、ここ2・3日であっという間に満開に
なったのですよ」って言ってました。本当に見事な桜でした。5年前に行った時は、地域の人たちがお店を出していなかったのに、今年行ってびっくりしました。地元のお母さんたちが
地場さんの豆・野菜・漬物など売っていたり、桜のソフトクリームもありました。いろいろなお店があってゆっくり見ることができ、とっても素敵な桜見学になりました。
滝桜のどの方向から見ても素晴らしい花や幹の太さ貫禄ありました。
道中あっちもこっちも桜だらけでした。桃も梨の白い花も綺麗でした。

2009年03月28日

お雛さまとミニロボット

ある高齢者施設にお雛さまが飾ってありました。とってもかわいいので写真を撮ってきたのですが、このお雛さまどこで作られたお雛様かとっても興味があります。
三春でもないし。あどけない表情がとっても良くて買いたいのですが、誰かわかったら教えて。

我が家に最小のミニロボットが仲間入りしました。コントローラーで歩行するのですが、
その歩き方がとってもお茶目なのですよ。最近おもちゃ屋さんに売っているのです。
気にいってます。すぐバッテリーがなくなるので電池が大変

2009年03月27日

お蕎麦

少し寒かったのですがお天気だったので、ちょっと足を伸ばして山の中のお蕎麦屋さんに行ってきました。
岩魚のてんぷらとお蕎麦・舞茸のてんぷらなどメニューはいろいろとってもおいしかったです
山の中にあるお蕎麦屋さんです。春はまだ遠く感じました。お蕎麦もおいしかったけれど、空気もおいしかったです。

2009年02月18日

お雛様

お雛様の季節になりました。先日古布でお雛様を作りました。
我が家のお雛様いろいろです。
みんな大切にしています。

2009年02月17日

一年ぶり?

ブログを見たら一年ぶりなのには、びっくり去年のお雛さまの写真が。
今頃になるとブログ思い出すのかな?。
最近近所の5歳の子供と話すことが多々あります。今日も朝迎えに行ったら、
雪が降っていたので、真っ白の雪の上に、小さなブロックロボットの足でこんな顔を
書いていました。あんまりかわいいので写真を撮ってしまいました。子供って無邪気で良いですね。

2008年06月09日

横丁ものがたり

現在も仙台の横丁としていろいろなイベントをしている虎屋横丁のことが1977年河北新報の横丁ものがたりで掲載していました。そのときの一部を紹介します。虎横丁の」虎」は藩政末期に薬種屋「虎屋」が店を開いていたことに由来。木造の「虎」が店頭に飾られたいたとか。以来この横丁と縁のあった動物が4っ「布袋屋」の屋根瓦の上に一対の竜。戦後できた稲荷小路の名前がここから生まれたお稲荷さんのキツネ。そして猫。ここを芸者衆が行き来をして三味線の音が響いたこのとおりを一時人は「猫屋横丁」と呼んだこともあったとか。
河北新報はこの後横丁ものがたりは22まで続きます。次回は細横丁・玉沢横丁と続く。