• もっと見る

2013年07月18日

「ブログ起業論」前期最終講義を拝聴してきました

こんにちは! 担当編集の前川です。

昨日、水曜日は、明治大学の久米信行さんの「ブログ起業論」を聴講してきました。

前期の最終講義は、受講生のみなさんが一人5分という持ち時間のなかで、5つのことを語ります。前期の完走者は12名でした。

5つのこととは、

1.ブログとイチオシ記事のことを一言で紹介
2.経営者との一問百答記事を一言で紹介
3.毎日RT課題つぶやきを一言で紹介
4.課題図書から学んだこと
5.講義で学んだ事と10年後にかなえている夢


です。

この5つの設問の意味を考えることからプレゼンを進めることになります。

講義ブログから、受講生のみなさんのブログへとアクセスできますので、ぜひご覧ください!
https://blog.canpan.info/meiji_venture/archive/252

プレゼンターへの久米さんのコメントは、まさに至言・金言の宝庫でした。とくに夢についてのコメントで、私が印象に残ったものを紹介したいと思います。

「夢とは、絵に描けるもの、みんなが楽しくなるもの、期限のあるもの」
「夢が曖昧なままでは夢に近づけない。具体的な夢でないと応援してもらえない」
「誰かと仕事がしたいというのは、実はかなえやすい夢のひとつ」


久米さんは「学生だからそのうち見つかるよ」などとは絶対に言いません。あとで聞いてみると「夢を見るのに年齢なんて関係ないから」とおっしゃっていました。

私がうれしかったのは、4の課題図書は、数人の方が久米さんの新著『言いわけばかりで動けない君に贈る33のエール』の感想を話してくれました。

「リスクをとらないことこそ最大のリスク」
「笑われることを恐れずに行動しようと思った」
「経験と蓄積がないという特権を最大限に活用したい」
「あれこれ考えずに、3秒以内に即答するようにする」


などの感想を直接聞くことができて、たいへんうれしく思っております!

後期の講義が楽しみです! ぜひブログをご高覧ください。
https://blog.canpan.info/meiji_venture/archive/252

久米さん、受講生のみなさん、ありがとうございました!

【お知らせ】
7月16日の出版記念講演のレジュメは
https://blog.canpan.info/meiji_venture/archive/251
からダウンロードできますのでご活用ください。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック