• もっと見る

2013年05月16日

新著『起業を志す君に贈る33のエール』(仮)もくじ

この本は「新しいことを起業する喜び」と「リスクを突破する方法論」
について、わかりやすく伝える本です。

21世紀の社会に欠かせない「起業家志望の人たち」に、
心からのエールを贈るために書きました。

これまで、起業家志望の社会人や学生から、繰返し問いかけられた
33の質問に、具体的な実例を紹介しながらお答えしています。

【もくじ】

第1章 リスクってなに?
起業家にとって一番大切なことは?
そもそもリスクとはどういうものでしょうか?
「リスク」をとったらどんな変化がありますか?
「リスク」と「リターン」を見極めるコツは?
「リスク」をとって得られる最大の学びは?
「リスク」をとると人間関係はどう変わる?
なんのために「リスク」を背負うのですか?

第2章 危険を上手に避ける「リスク感知力」
若くて経験も知識もなく不安です
失敗するのが怖い
部下がいないうちは大きなことに挑戦できない?
失敗して減点されたくありません
人から笑われるのが怖いんです
当事者意識ってなんですか?

第3章 適度な冒険を楽しむ「リスク耐性」
とるべきリスクとはどんなものでしょうか?
もっと大きな仕事に挑戦したい
どんなリスクをとればいいですか?
現状に満足しない
付き合う人の幅を広げたい
人と違った情報を手に入れるにはどうすればいいですか?
仮説はどうやって立てればいいのですか?

第4章 リスクを突破するために味方をつくる
周囲がリスクをとることに、周りが消極的です
新しいことをやりたいんです
困ったときに人の力を借りるのが苦手です
自分ひとりでがんばってもムダですか?
社内の理解が得られないときはどうすればいいですか?
公私混同のほうがうまくいく
自信のあるアイデアなのにうまく伝わらない

第5章 組織を成長させる「プラン」を立てる
リスクをとったときに心がけることは?
撤退ルールはどう決めるのがいいですか?
何かがおかしい気がするのですがどうしたらいいですか?
24時間仕事のことを考えるべきですか?

※リンクは随時更新

「もっとこういうことが聞きたい」などがありましたら、お知らせくださいませ。

著者・久米信行
Twitter ID @nobukume  
facebook+YouTube nobukume

担当編集・前川健輔
Twitter ID @maekawakensuke
facebook kensuke.maekawa
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック