• もっと見る

2013年05月09日

【新著連載】Q08.若くて経験も知識もなく不安です

Q.若くて経験もなく不安です

→若ければ若いほど、知識も経験も乏しいほどチャンス!

 多くの人は、「若いうちは知識も経験もないから失敗する。だから、もっと実力をつけてからリスクを取ろう」と、ついつい挑戦を先延ばしにしがちです。しかし、「リスク回避力」や「リスク突破力」を身につけるのに一番よく効くトレーニングは、実際に「リスクを取って『失敗』する」ことなのです。一度、身をもって痛い目に合えば、次は、直感的に「リスク」を感じ取り、本能的に「リスク」を回避し、知恵を使って「リスク」を乗り越えようとするからです。
 リスクをとって挑戦するなら、若ければ若いほど、知識も経験も乏しい時ほど、良いのです。意外に思われましょうが、若い時の挑戦のほうが、たとえ失敗しても失うものが少ないからです。救いの手も差し伸べられ、むしろ得るものが大きいのです。

●サラリーマンがとるリスクはほとんどない!?

 私は、入社1年目、それも会社が存亡の危機にある時に、ファミコンの株式ゲームソフトの企画・販売というリスキーな新規事業に関わりました。しかし、今考えれば、私がとるリスクは、ほとんどありませんでした
 会社の厳しい資金繰りを日々目にしているわけでもなく、株主でもないので「自分のお金」という意識もありません。お気楽なサラリーマン感覚で仕事をしていました。ゲームの開発といっても、優秀な常務をリーダーにしたアシスタントです。ただ、常務が考えた「幹」に、面白いアイディアを「枝葉」のように付け加えればよかったのです。営業や広報が難しいといっても、もともとブランド力が乏しい会社の「飛び込み営業」で社会人デビューしましたから、無関心や誹謗中傷にも慣れています。むしろ、新しい挑戦を、「会社や自分を育てるゲーム」のように楽しんでいた気がします。
 しかし、株主であり連帯保証人でもある社長は、きっと気が気でなかったでしょう。おそらく夜も眠れなかったはずです。経営者の立場ですから、私のように現場を楽しむわけではなく、実作業の大半はマネージャーやスタッフに任せなければなりません。細かいことに口を挟み過ぎると、社員のモラルが下がって、魅力の無い「無責任なものづくり」につながるかもしれないからです。
 その時の社長のプレッシャーや、辛さ・もどかしさは、莫大な負債を抱えた「構造不況業種のオーナー経営者」になって、はじめて実感しました。まさに「10年後は我が身」だったのですが、その時は気づきませんでした。

●「つらさがわからない」「他人のふんどし」だからこそ、思い切れる

 逆に、経営者のつらさがわからないからこそ、他人のふんどしで相撲ととっている若造だからこそ、思い切ったゲームを作り、斬新な営業や広報もできたと思います。もともと給料が安い新入社員ですから、減給も降格も怖くありません。会社の台所事情にも、業界のしがらみにも無頓着な新人ですから、怖いものなしだったのです。責任あるリーダーになる前に、失敗を重ねながらリスクをとる練習ができました。リスクを楽しみながら、予想を超える実績を味わう経験ができて、本当に良かったのです。
 ゲーム会社から証券会社に転職すると、あろうことか、まだ20代半ばなのに、相続診断システム開発の、実質上リーダーを任されることになりました。上司もずいぶん思い切ったことをしたものです。まさに「有り難いチャンス」をいただきました。  
 でも、ゲームデザイナー時代の自分は「気楽なアシスタント」に過ぎなかったことをすぐに痛感しました。リーダーになると、自分の頭で考え、自分で判断し、自分で行動しなければなりません。ところが、私は、システムの知識も相続税対策の知識も、基礎知識レベルしかなかったのです。もちろん税務相談の知識もありません。

●知識や経験のないからこそ、年上のプロの教えを受けられる

 しかし、いざやってみれば「案ずるより産むが易し」でした。知識が足りなくとも、専門書を10冊も読めば、システム開発や税務監修のパートナーと話ができるぐらいにはなれるものです。知識や経験より大切なのは「これまでに無い新しい良いものを作りたい」「その情熱だけは負けない」ことを、言葉と態度で示すことでした。心意気に共感してくだされば、はるかに年上のプロの方々が、貴重な経験談やノウハウも提供してくださるのです。もし、私が同世代の専門家だったら、馬鹿にされるか、ライバル視されるかして、教えを受けることは難しかったでしょう。また、意識していたわけではありませんが、「常識の無いシロウトゆえの斬新なアイディア」も、いくつか提案できました。プロの達人ほど「非常識」な提案を面白がってくださったのです。
 ですから、若くて知識が乏しいからと、ためらう必要はありません。若い時は思い切って飛び込んでも「崖」は想像より低いものです。崖が低いうちに勇気と知恵を磨きましょう。年を重ねて知識を積んでからリスクをとろうとしても、飛び込む「崖」は高くなっています。高い崖から飛べるのは、若い頃から飛び込んできた人だけです。

A.若ければ若いほど、知識も経験も乏しいほどチャンス!

【バックナンバー】
Q01.起業家にとって一番大切なことは?
Q02.そもそもリスクとはどういうものでしょうか?
Q03.「リスク」をとったらどんな変化がありますか?
Q04.「リスク」と「リターン」を見極めるコツは?
Q05.「リスク」をとって得られる最大の学びは?
Q06.「リスク」をとると人間関係はどう変わる?
Q07.なんのために「リスク」を背負うのですか?
この記事へのコメント
わたなべさん

 コメントありがとうございます。
 ご質問にお答えさせていただきます。

 イマジニアから日興證券に移ったきっかけは3つです。

 1)タイミング:次なる学びがしたかった

   実は海外で修行しようと考えていた。
   これからの経営者として大切な英語と国際感覚を学ぶため

 2)達人との出会い:オピニオンリーダーとキーパーソンに出会えた

   しかし、イマジニアから日興證券に移ってファイナンシャルプランニングの
   新規事業に取り組んでいた神戸 孝先輩に誘われた=オピニオンリーダー
   そして、新規事業を企画し、推進している社長室の稲葉 喜一さんに会って
   十年先を見る経営者感覚に魅了された(ヴィジョナリー・キーパーソン)

 3)新規事業の面白さ:新しい時代を切り開く新しい事業に出会えた

   ファンナンシャルプランナーという新しい職種は魅力的な上
   人工知能を使ったプログラムを創るのもエキサイティングだった。


ということで、私の場合は、計画的転職をしようとしていた時期に
ありがたいことにエキサイティングな事業に誘われたということです。

もし私が、わたなべさんだとしたら

仕事も面白くなってきて、何か学べそうということなので
転職せずに、今やっている仕事で一流になることと
社内外の達人と出会い、自分の考えを伝えることに
20代を使うでしょう。

人生は40過ぎてからが面白いので
あせる必要はありません。


久米 信行拝


その新規事業が面白そうだった。
Posted by 久米 信行 at 2013年05月18日 10:37
渡邉さん、コメントありがとうざいます!! 
編集担当の前川でございます。

ご返信が遅れてしまい、たいへん申し訳ありません。

ターニングポイントについての考え方について、いま久米さんに加筆していただくようにお願いしているところですので、お待ちくださいね。

今後ともぜひお気軽にコメントをお寄せくださいませ!
Posted by 前川健輔 at 2013年05月17日 18:29
久米さん

私、渡邉と申します。

一つ教えて頂きたいことがあり、コメントいたしました。

それは、転職のターニングポイントとなった出来事についてです。

Qの前半にある「なにもしないリスク」非常に胸に刺さる言葉です。

というのは、Q8にあるようにまさにいま経験も知識もない入社3年目の若造だからです。

上司がとってきてくれる仕事を割り振ってもらい、リスクを取ることなく毎日をすごしています。

このままでは行けないと思い、転職や企業を考えています。

しかし今の仕事もわからないことも多く苦しいながらにいまの仕事も面白いのです。

そこでITベンチャーから、証券会社に職をかえられたときのターニングポイント・きっかけがあればおしえてください。
Posted by 渡邉啓介 at 2013年05月15日 01:13
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック