CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
グアム探検を応援します Touch True Guam!

« 2015年06月 | Main | 2015年08月 »

プロフィール

BIG MAMA GUAMさんの画像
https://blog.canpan.info/blueskyofguam/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/blueskyofguam/index2_0.xml
検索
検索語句
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
米国領で初[2015年07月24日(Fri)]

皆さん、こんにちは。
日本でもほとんどの学校がもう夏休みでしょうね。

グアムでは解放記念日のパレードも終わり、
長い夏休みの7割が過ぎたところです。

今年の夏は、
グアム島の文化を塗り替える一つの出来事が起こりましたね。

そう、先月から、とうとう
グアムでの同性婚が開始されたのです。
これは米国領では初めてのことだそうです。

連邦最高裁の同性婚禁止を違憲とする判断がなされても
アメリカ本土でさえも
まだ同性婚を開始していない州がある中、

カトリック教の島であるグアムで(背景はこちらへ↓)
https://blog.canpan.info/blueskyofguam/archive/157
こんなにも早々と開始された背景には
あるグアムの同性カップルが今年4月に
同性婚を禁じるグアムの規定は違憲であると
連邦地方裁判所へ提訴していたということがあります。

グアムは米国の未編入領土で、
島民には米国市民権が付与されています。
そして、アメリカ合衆国憲法が最高法規となります。

ですから、グアムの連邦地方裁判所でも、
同性婚を妨げることは平等の憲法の精神に反し
違憲であると判断されました。

法的に異性婚と同じく取り扱われることになった
同性カップルの皆さんには、
2015年は本当に嬉しく、記念すべき年となりましたね。

他方、
グアムをはじめとする米国領の米国市民が、
連邦議会や大統領選への投票権がないことについては、
合衆国憲法の平等の精神に抵触しないのかという点は
未だにグレーゾーンを残したままですね。



グアムでは脱植民地化委員会が、
新しい政治的地位を決定する住民投票の準備を
何年もかけて進めています。

こちらもできるだけ早くに実施を実現させ、
自ら選んだ政治的地位の責任において
アメリカとの良好な関係を継続し安全保障を担う、

そんな島であって欲しいと願います。

にほんブログ村 海外生活ブログへ ランキング参加中!
ウインク ポチッと応援お願いしま-す! & なかま募集中 四つ葉

Posted by Grass-Roots at 14:28 | 特集 Special Feature | この記事のURL | コメント(0)

<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
最新コメント
QRコード