CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
グアム探検を応援します Touch True Guam!

« 2014年03月 | Main | 2014年05月 »

プロフィール

BIG MAMA GUAMさんの画像
https://blog.canpan.info/blueskyofguam/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/blueskyofguam/index2_0.xml
検索
検索語句
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
アイランドフェア開催中[2014年04月25日(Fri)]

皆さん、こんにちは。

毎年恒例の、
「第27回グアム・ミクロネシア・アイランドフェア」
始まりました。

今年のアイランドフェアは4月なんですね。
本日25日(金)から27日(日)
12時から21時までの開催です。
イパオビーチパークで、入場料は無料です。



グアム以外の参加地域は、

北マリアナ諸島(CNMI)から
同じチャモロ民族を先住とする島々
サイパン、テニアン、ロタ、

ミクロネシア連邦から
代表する4つの民族、ポンペイ、チューク、コスラエ、ヤップ、

そして、
マーシャル共和国、パラオ共和国、の参加です。

日本からのゲストミュージシャンによる
エンターテイメントも用意されているんですね。


また、
今夜から2日間、
Kマートの近くにあるJFK高校でも
学生さんたちによるチャモロ・ミュージカルイベント

「Guahu Taotao Tåno "I am a native of the land"」
が3回に渡り公演されます。

(↓クリックで拡大)
GUAHU_POSTER_web.jpg

チケットは、マイクロネシアンモールや
グアム・プレミアアウトレットにある本屋さん
ベストセラーブックストアなどで
購入できます。

どちらも成功しますように。。。

にほんブログ村 海外生活ブログへ ランキング参加中!
ウインク ポチッと応援お願いしま-す! & ボランティア活動メンバー募集中 四つ葉

Posted by Grass-Roots at 10:14 | ニュース News | この記事のURL | コメント(0)

コンドッ[2014年04月19日(Sat)]

皆さん、こんにちは。

今日はグアムの食材のお話です。

condut1.JPG
(白いバックに白いモノで、写真が見づらくてすみません、)

日本名は「冬瓜」トウガン、
瓜の仲間ですね。
暖かい沖縄でよく栽培されているそうです。

私は北国の出なので、
グアム島で暮らすまで実物を見たことがなく、
最初は、スイカかと思ってしまいました。

これはスイカよりもっと立派な大きさです。
皮は濃い緑色をしていますが、
表面を白い粉が覆っています。

さて、
冬瓜はチャモロ語では、
Condut「コンドッ」と呼ばれ
(スペリングは定かでないみたい;)
グアム島でも昔から食べていたんだそう。

もともとマリアナ諸島にあったものなのでしょうか、

語源になりそうなスペイン語も、英語もないし、
沖縄の方言「シブイ」とも、
フィリピンの「ウポ」とも、
中国の「トングワ」とも違いますね。

condut.JPG

食べ方は、
厚い皮を剥いて中心の種を取り除き、
白い実の部分をザクザクと切ります。

グアムの地元の人は、
カドゥと呼ぶ肉の煮込みスープなどに入れます。

スープが薄味系だと、
微妙に、梨のような酸味を感じますが、
味がよく染み込むので、
洋風ブイヨン、トマト味、中華味、
醤油、味噌、どんな系統のスープにも馴染みます。

歯ごたえは大根のようで美味しく、
煮くずれもしにくいので、
けっこう、いろいろなお料理で楽しめそうな野菜です。

condut2.JPG

また、小さくサイコロに切って、
お湯とお砂糖で煮てよく冷やしてから、
フルーツカクテル缶と和えると
デザートとしてもいただけますよ。

コンドッは収穫後そのままの姿だと
屋外に放置してもそうとう日持ちがしますが、

いったん切ると、そこから黄変しますから、
なるべく早めに使い切るつもりで
献立を作ってみてください。


にほんブログ村 海外生活ブログへ ランキング参加中!
ウインク ポチッと応援お願いしま-す! & ボランティア活動メンバー募集中 四つ葉

Posted by Grass-Roots at 11:43 | 食 Food | この記事のURL | コメント(0)

航空機失踪事件[2014年04月12日(Sat)]

世界で話題となっている失踪マレーシア航空機の行方は
依然分からないまま、
すでに1ヶ月以上が過ぎようとしていますね。

もはや、世界の航空機事故史上に名を残す、
謎の事件の一つとなりそうです。


ところで、実は過去には、
グアムを経由した旅客機にも
行方不明のままになっているものがあるらしいですね。

Flying Tigers Lineという
アメリカの航空会社の739便失踪事件。

現在は買収されて、
フライング・タイガース航空という名は耳にしないですが、

貨物や米軍向けのサービスで
日本にも運航していたそうです。


その失踪事件は、半世紀も前の1962年のこと。
すでにあのベトナム戦争に突入していました。

カリフォルニアから南ベトナムの
サイゴンへ向かう旅客機739便は、
給油経由地グアムのアンダーセン米空軍基地飛行場から
フィリピン・マニラへ向かう飛行中に
忽然と姿を消しました。

船舶の乗組員が
空中で爆発した火の玉が海面に落下するのを
見たという証言があったことから、

何らかの原因で墜落したと思われるそうですが、

その乗客・乗員107名と機体は、今も見つかっておらず、
真相はベールに包まれたままのようです。


にほんブログ村 海外生活ブログへ ランキング参加中!
ウインク ポチッと応援お願いしま-す! & ボランティア活動メンバー募集中 四つ葉

Posted by Grass-Roots at 14:18 | 歴史文化 His+Cul | この記事のURL | コメント(0)

戦没者遺骨収集のお話(2)[2014年04月07日(Mon)]

私は、個人的に登録・参加している
ボランティア活動がいくつかあるのですが、

その中で、
JYMA 日本青年遺骨収集団という非営利組織のご縁で
今回、グアムでの調査活動のお手伝いを
週末にさせていただきました。

戦没者遺骨収集のお話(1)
https://blog.canpan.info/blueskyofguam/archive/154
でも触れましたが、

かつて太平洋戦争で激しい戦闘地の一つとなったグアム島では、
日本人戦没者(軍人と民間人)の皆さん約20,000人あまりのうち、
ほんの数パーセントしか遺骨が収集されずに
今もこの地で眠っています。


こういったボランティア活動の作業内容は
その時々の状況によって違ってきますが、

今回は、
ジーゴのある地域でのジャングル地形探索でした。

けっこう、これは体力のある人向きの作業です。

ジャングルでちょっぴり迷いドキドキする瞬間もあり、

また、
日本から参加された戦争ご遺族の方などもあり、
そのお気持ちを伺って、
考えさせられる機会にもなりました。


さて、
国や場所に限らず、戦没者遺骨収集については、
賛成の方も、反対意見の方も
いらっしゃるものだと思います。

「国は今現在必至に生きている国民に注ぐべき税金を、
誰のものとも判別できない、
魂もすでにそこには存在しないはずの
遺骨を収集することに費やす必要があるのか」

という方が居れば、
私もその疑問や苛立ちはとても理解できます。

実際、日本国内ではまだまだ多くの人々が
東日本大震災がもたらした苦難に晒されていることを思えば
当然の意見ではないかと感じます。

一方、
それが「自分の愛する家族の遺骨」だったらどうか。

あるいは、
もしも自らが、国や家族を守るためと信じて出兵し
戦死を遂げたその本人だとすれば、
子孫が平和と豊かさを享受する現在の日本を知って
嬉しく誇らしく思いつつも、やっぱり、

「こんな風に国に人生を捧げた自分がいたことを
忘れてほしくない、故郷に帰して欲しい。。。」

と感じるのではないかとも思ったりします。

昔生きた人も、今を生きる人も
人生の価値・尊厳に違いはないと感じるのです。

でも、だからと言って、
それは想像するほど簡単に実行できることではないようです。
既に戦後70年近くが経過しているのに加え、

国を跨ぎ可能な限り確かな埋葬地情報を入手・解読、
当時の状況の理解、兵器や軍術的知識、
地質学的・考古学的・人体的知識、
地形的事情、土地の所有者の事情、
経済的事情、双方の政府の政治的・法律的事情、
(硫黄島と違って、グアム島は外国の領土であるため)など、

数々の要素による判断が必要となり、
それらから示される状況を鑑みて、
最も意義のあると判断される落としどころに到達して
初めて日本の戦没者遺骨収集が実現する、

ということが、
お手伝いをしているうちに、
私も少しずつ分かってきました。

それだけでも、
ボランティアに参加した意味があったなと感じます。

グアム島に暮らしているご縁として、

今後も機会があれば、時間の許す限り、
たとえおひとり分だけであっても
故郷に帰して差し上げるお手伝いをしたい、
そんなふうに私は考えています。


にほんブログ村 海外生活ブログへ ランキング参加中!
ウインク ポチッと応援お願いしま-す! & ボランティア活動メンバー募集中 四つ葉

Posted by Grass-Roots at 17:11 | 地域活動 Commu-Suppo | この記事のURL | コメント(0)

<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
最新記事
最新コメント
QRコード