CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
グアム探検を応援します Touch True Guam!

« 2014年02月 | Main | 2014年04月 »

プロフィール

BIG MAMA GUAMさんの画像
https://blog.canpan.info/blueskyofguam/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/blueskyofguam/index2_0.xml
検索
検索語句
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
グアム特派員募集締め切り間近[2014年03月29日(Sat)]

皆さん、こんにちは。

今日は日本で暮らす
グアムのツーリズムに貢献してくださる
女子の皆さまへのお知らせです。

2014年3月2日より、
JTBワールドバケーションズが
「女子旅つくるプロジェクト」の
グアム版特派員を募集しているそうです。

締切は、2014年3月31日(月)24時。

選ばれた方は、
プロジェクトチームの一員として
「グアムつくるガール特派員」となって
ミーティングやグアムでの現地取材を行い
グアム旅行商品企画にたずさわるのだそう。

おお、これは、
今後のグアム島のツーリズムの方向性に影響を及ぼす、
運命の人選ですね。

JTBさま、
何卒よろしくお願いいたします。

↓ 応募専用ウェブサイトはこちら
https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=ngtf-palat-c25f649e822300a42120efb0673e9cb4


※応募すると「女子旅つくるプロジェクト」
メールマガジン会員になります。



にほんブログ村 海外生活ブログへ ランキング参加中!
ウインク ポチッと応援お願いしま-す! & ボランティア活動メンバー募集中 四つ葉

Posted by Grass-Roots at 15:07 | イベント Event in JAPAN | この記事のURL | コメント(0)

海外出張者のグアムでの調達品[2014年03月26日(Wed)]

皆さん、こんにちは。

グアムはミクロネシア地域のハブ空港があるので、
私は、海外出張で世界を飛び回っている人たちの
お世話をすることがよくあります。

日本から他国へ出張する時も、他国内を移動する時も、
いったんグアムに立ち寄る必要がある航路があるのです。

トランジットで必要な物を入手したい例だと
「冬に出張が決まったので、夏物衣料の準備ができなかった」
(逆に冬帰国の場合でも、グアムではある程度冬物も調達可能ですね)
というケースや、

その他は、お土産、赴任地にない生活必需品ですが、
リクエストで意外に多いのは、オーガニック製品や健康食、
野菜、納豆などだったりもします。

日本で暮らしていた時は気づかなかったけれど、
私たちは新鮮な野菜たっぷりの食事を摂って育ち、
健康によく、しかも美味しく工夫された食製品が
スーパーにもずらりと並んでいるのが当たり前でしたが、

外国では、赴任地域によっては、
健康的食生活を送るのは難しく、
日本の食環境のありがたみをつくづく感じます。

さて、納豆ですが、
デデドの「アメリカングローサリー」でも入手可能ですが、
品切れの時も多いですから、
やっぱりタムニンの「東京マート」が確実でしょうね。

驚いた例では、フィリピンから来た方に
”本物の” ワサビ を手に入れたい、と言われ
無理だと思ったのですが、探してみると、
ちゃんと「東京マート」で売っていました。

先日、
GPO隣の「カリフォルニアマート」では
2014年版の『The Better Living Guide』を見つけました。

better life.JPG

ちょっとした健康メニューとレストランガイドなどが載った
無料の小冊子です。

深夜便の続くハードな移動の途中でも、
せめてトランジットでは
「健康的な食事にありつきたい」と願っている
海外赴任者の皆さんは多いかもしれませんから、
これはちょっと使えそう。

健康を気づかう在住やツーリストの皆様にもお勧めです。

また、この冊子には載っていませんでしたが、

よく問い合わせを受けるお店はこちら、
「Healthy Hearts Cafe」。

HHC1.JPG

数年前にデデドにオープンして以来、
オーガニック製品や健康へのこだわりがある方に
人気のカフェ併設の小さなお店です。

もちろん食製品だけでなく、
スキンケア製品やシャンプーなんかもあります。
私は今度行った時は、ヘアカラーを試してみようかな。

HHC2.JPG

場所は、アメリカングローサリー近くの
モービルガソリンスタンドの交差点で
スタンドの反対側の道に入って、右側の黄色い建物です。

身体にいいものを探している方も、
そうでない方も、
ちょっと、立ち寄ってみてください。

Healthy Hearts Cafe.JPG

にほんブログ村 海外生活ブログへ ランキング参加中!
ウインク ポチッと応援お願いしま-す! & ボランティア活動メンバー募集中 四つ葉

Posted by Grass-Roots at 08:37 | 食 Food | この記事のURL | コメント(0)

オレンジ色のスイートポテト[2014年03月15日(Sat)]

皆さん、こんにちは。

今日は食材のお話です。

一昨日、
野生の鹿肉のおすそ分けをいただいたので、
ヤム芋(ヤマノイモ類)とココナツミルクで煮込もうと思い、
子供たちにお使いを頼んだら、

間違って「USヤム」を買ってきてしまいました。

グアムでも結構フレッシュの物が出回っているみたいですね、
アメリカで「YAM POTATO」と呼ばれるオレンジ色の甘イモです。

US Taro.JPG
(↓ なぜスイートポテト品種なのにヤムと呼ばれたのかは、こちら)
https://blog.canpan.info/blueskyofguam/archive/180

ありゃ〜、仕方がないね;
でも、せっかくだから、
これでお菓子を作ってみましょう。

このスイートポテト(USヤム)は
切ってみると、中身はこんなオレンジ色。

日本のサツマイモよりすごく太く大きく、
やはり、でんぷん質は少なめで、
火を通すと、かなり水っぽくなります。

裏ごしして繊維質を取り除けば、
ペーストはパイのフィリングにしたり、
パウンドケーキに混ぜ込んだりできそう。

ちなみに、
北米ではスイートポテトというとYAM POTATO、
このオレンジの品種が主流なのだそうで、

日本のサツマイモは、あえて、
「PURPLE YAM」(紫のヤム)
というのだそうですね。(↑ やっぱりこれもヤムなのね;)

でも、同じスイートポテトの仲間でも、
両者のお味は全然異なります。

USヤムのお味は、むしろ、緑黄色野菜系、
パンプキンと人参の中間のような
カロチンたっぷり野菜の独特の風味があって、
シナモンなどのスパイスとの相性がよさそうです。

USTaro.JPG



にほんブログ村 海外生活ブログへ ランキング参加中!
ウインク ポチッと応援お願いしま-す! & ボランティア活動メンバー募集中 四つ葉

Posted by Grass-Roots at 13:48 | 食 Food | この記事のURL | コメント(0)

グアムのエスニック環境[2014年03月08日(Sat)]

皆さん、こんにちは。

3月になると、グアムのニュースでは
「Chamorro Month」という言葉をよく聞きます。
先住のチャモロ文化を尊ぶ季節なんですね。

実際には、
敢えて、伝統文化保存を意識するということは、
移民・多人種化によるグアム固有の文化の喪失が
既にかなり進行していることの裏返しでもあります。

私も、また、その外国人移民のひとり。

この島の事情を精一杯、理解・尊重し、
ここの文化に溶け込みながら、暮らしていきたいと
常日頃、願っていますが、

やっぱり、街中で暮らしていると、
何かを特に意識することなく
外国人のまま気楽に生活できてしまう、
というのも事実だと思います。


ちなみに、グアムには今、どれぐらいの
先住系人口がいるのでしょう。

グアムの直近の国勢調査(2010年)では
チャモロ人の人口は全体の約37%です。

でも、実際には、島内の地域別に見ると、
「外国人移民が多い地域」と
「先住系が多い地域」に
けっこう、偏りがあります。

census.jpg
※各ムニシパリティの人口 2010年国勢調査より
(クリックで拡大 ↑)


さて、グアムで
一番、先住系住民の割合が多いのはどこでしょう?

それは、南部の「メリッソ地区」です。
チャモロ人は約88%。
ここで暮らす外国人は、とても目立つかもしれません。

では、
一番、先住系住民の割合が少ないのはどこでしょう?

それはやっぱり、繁華街かつ移民居住者の多い
「タモン・タムニン・ハーモン地区」ですね。
チャモロ人は約19%しか住んでいません。
まさに、人種のサラダボールです。


それでは、
一番、先住系児童の割合が多い公立小学校はどこでしょう?
(教育局SY2012-2013データより)

それは、南部の「Inarajan Elementary School」です。
チャモロ人の子供は約90%。

わ〜、
もしも、イナラハン村で暮らしたら、
かなりチャモロ文化に囲まれて
子供を育てることができそうですね。

では、
先住系児童の割合が一番少ない公立小学校はどこでしょう?

それは、タムニンの
「Chief Brodie Memorial Elementary School」です。
チャモロ人の子供は約9%。

さらに特徴的なのは、
太平洋島嶼国移民の子供の割合が
56%を占めているということです。
これはもう、グアムっていうよりも、
他のミクロネシア島嶼国に留学している雰囲気ですね。

それでは、
フィリピン人児童の割合が一番多い公立小学校は?

それは、デデドの「Liguan Elementary School」の42%です。
デデドは、人口ではフィリピン人がマジョリティの町です。

日本人を含む、アジア人(フィリピン人以外)
児童の割合が一番多い公立小学校は?

それは、タムニンの「Tamuning Elementary School」の9%です。

アジア人種の割合が多い公立小学校では、
学校全体の成績評価は若干高くなっている傾向が
あるみたいです。

もしも、これからグアムで引っ越す地域を検討中の方で
公立学校にお子さんを入れたいとお考えの方は、

子育ての方針によって、
学区の学校のエスニック環境も
一つの選択要素にされたらよいかもしれませんね。

公立学校の様子は、グアム教育局が公表している
School Performance Report Card
https://sites.google.com/a/gdoe.net/gdoe/school-performance-reports
を参考にしてみてください。


にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ ランキング参加中!
ウインク ポチッと応援お願いしま-す! & ボランティア活動メンバー募集中 四つ葉


Posted by Grass-Roots at 15:09 | 子供 Kids | この記事のURL | コメント(0)

<< 2014年03月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
最新コメント
QRコード