CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
グアム探検を応援します Touch True Guam!

« 2011年06月 | Main | 2011年08月 »

プロフィール

BIG MAMA GUAMさんの画像
https://blog.canpan.info/blueskyofguam/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/blueskyofguam/index2_0.xml
検索
検索語句
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
子供はおおはしゃぎ!大人はひと休みできるかな[2011年07月22日(Fri)]
子供ってどうしてこんなに
毎日毎日元気いっぱいなんでしょうねぇ。


学校、習い事、ビーチ、公園、お友達の家、図書館、ハイキング、ショッピングetc・・・
日々いろいろな予定はあるけれど、
どれにも行かない日もあって、でも子供は元気で遊びたがっている。


できれば、外の自然の中で遊んでほしいけど、
ちょっと一緒に遊べる元気がないときもあるんですよね。


たまにはこんな場所にちょっとお世話になろうかな・・・という場所を見つけました。
子供向けの室内プレイグラウンドです。






”Play port”
ハガッニャ地区のアガニアショッピングセンター内2階にあって
ちょうど映画館の入り口脇にあります。


けっして広い空間ではありませんが、
エネルギーがありあまっている子供には
登って、降りて、ころがって、おもちゃで遊んで、
新しい遊び友達も作って結構楽しそう♪


ただし親の付き添いは必要です。
(子供をここへ預けて、その間親はどこかへ行くという使い方はできません。)
遊びの補助をしてくれるスタッフはいますので
子供だけで楽しめる場合は、
一緒に遊ばずに同室内で見守っていてあげる感じです。
(傍らで本や雑誌を読んだり、ママ・パパ・友達同士でおしゃべり、
ちょっと考えごとしてたりと親御さんの過ごし方は見ているといろいろです。)


もちろんお子さんの希望に応じて
パパやママが一緒に遊んであげるのも大歓迎!


会員制ではないので、気軽に使えていいです。
もちろんツーリストの方も利用できます!


”Play port”
営業時間  月〜土10:00AM〜8:00PM
            日10:00AM〜6:00PM

利用料  5ドル25セント/1時間 以後延長30分ごとに1ドル
      10ドル/1日

必要なもの 靴下
  (持っていない場合は、子供用靴下2ドル 大人用靴下3ドルで販売しています。
   子供と一緒に遊ばずに見てあげているだけなら、大人の靴下はいりません。)

お誕生日会の貸し切りもできますよラブ


”Play port” http://www.playportguam.com



※ハガッニャ地区のアガニアショッピングセンターはちょっと遠いなぁという方には、
タモン地区ザプラザ2階の”JW  Tumbles”をご紹介します。同じく室内プレイグラウンドです。
(JW Tumblesは基本会員制ですが、お試しの日もあったり、預けるプログラムもありますので
興味のある方は、是非立ち寄ってみてください。)



にほんブログ村 海外生活ブログへ ランキング参加中!
ウインク ポチッと応援お願いしま-す! & ボランティア活動メンバー募集中 クローバー

Posted by ルナ at 15:48 | 子供 Kids | この記事のURL | コメント(0)

7月のブーニ―ストンプに注目![2011年07月12日(Tue)]
7月のブーニ―ストンピング(※)は
ハイキングの初心者も参加しやすい初級レベルで
スケジュールが組まれています。

特に今月はグアムの解放記念日にちなんで
第二次世界大戦の戦跡をたどるコースが2週続きます。

※Guam Boonie Stomping (グアムブーニ―ストンピング)とは・・・・
デイブ・ロッツ氏が率いる、
グアムのハイキンググループ(非営利団体)として知られています。
初級から上級まで様々なレベルのハイキングコースを
毎週案内してくれています。


7月16日(土)

目的地:”ティンタ、ファハ&プリーストプール”
難易度:初級
所要時間:約4時間/1.5マイル(約2.4q)


メリッソ村にあるこの地は、第二次世界大戦時の1944年7月、
米軍上陸直前に日本軍によってチャモロ人が多数虐殺された経緯があります。
ハイキングでは、その受難碑を2か所とピグア川の天然プールを訪れます。

持ち物:2リットル以上の水、ハイキング用の靴、軍手、
     水着、日焼け止め、蚊よけ、サングラス、昼食、カメラ



7月23日(土)

目的地:”Liberlation(解放)”(目的地というよりテーマで表示されていました・・)
難易度:初級
所要時間:約4時間/2.5マイル(約4km)


1944年7月にグアムが日本から解放されたことを祝う
”Liberation Day(解放記念日)”にちなんで戦跡を数か所めぐります。
アリサン山では、足元がぬかるんでいたり、
手先を切りやすいソードグラスが茂った場所を
歩きますので注意が必要です。

持ち物:2リットル以上の水、ハイキング用の靴、軍手、
     日焼け止め、蚊よけ、サングラス、昼食、カメラ



両日とも集合時間、場所は、ハガニア地区
チャモロビレッジ内センターコートに9:00amです。
参加費は、2ドル(12歳以上〜大人)です。
12歳未満は無料。
(センターコートとは、チャモロビレッジを正面から入って
すぐのテーブルや椅子がたくさんおいてある建物です。)

集合場所のチャモロビレッジから
ハイキング場所までは各自の車で移動します。


※注意※
決して難易度は高くありませんが、その日の体調や天候により状況は変わります。
くれぐれも気を付けて、自己責任のもと参加をするようにしてください。
また、車は視界の良い場所に駐車し、貴重品は残さず、見える荷物は車内に
残さないようにしましょう。



Boonie Stomping
http://www.visitguam.org/Runtime/JulyStomping.aspx



にほんブログ村 海外生活ブログへ ランキング参加中!
ウインク ポチッと応援お願いしま-す! & ボランティア活動メンバー募集中 クローバー

Posted by ルナ at 09:15 | ニュース News | この記事のURL | コメント(0)

慰霊塔の清掃と慰霊[2011年07月01日(Fri)]
太平洋戦争の時に
グアムで亡くなった戦争犠牲者は、
日本人が約2万人、チャモロ人が約1,200人、アメリカ人が約2,000人
といわれています。


亡くなられた方々を慰霊する
慰霊碑が、グアム島内の各所にあります。


戦争のために命を落とした方々を
慰霊する機会がありますので
ご紹介します。


《スケジュール》

『慰霊塔の清掃と慰霊』

日時: 2011年7月9日(土曜日) 雨天決行
        
           10:00am ジーゴ・グアム南太平洋戦没者慰霊公苑内、平和寺にて集合。

                  公苑内各施設の清掃と慰霊。



その後時間に余裕のある方は・・・

           11:30am アンダーソン・バックゲート前、最後の激戦地の戦没者慰霊碑にて慰霊。

           12:00pm マンギラオの戦没者慰霊碑にて清掃と慰霊。



(※尚、アガット慰霊碑の慰霊を8:30amに行います。
 参加ご希望の方は8:00amにチャモロビレッジ、マリンドライブ側駐車場にお集まりください。)


持ち物: 軍手、雑巾


お問い合わせは、
ピースリング・オブ・グアム Peace Ring of Guam  

〔敬称略〕
  高木(687-3985)、飯塚(688-9070)、坂元(687-3420)
  若葉(988-1119)、山下(787-6272)、今津(687-7730) まで


・昨年の12月に行われた『慰霊塔の清掃と慰霊』の様子はこちらです。
  ↓
”慰霊への想い”(当ブログ過去の記事です)
https://blog.canpan.info/blueskyofguam/archive/82

"今年最後の恒例行事『慰霊と清掃』”(平和の輪をつなごう「ピースリング・オブ・グアム」 HPより)
http://memorial671.blog56.fc2.com/blog-entry-46.html



ここグアムでは
7月21日は、祝日。”Liberation Day”(グアムの解放記念日)です。


太平洋戦争時、
日本の占領下にあったグアムが、
1944年にアメリカ合衆国によって再び取り戻されたことを
記念して設けられました。


毎年、この時期は”Liberation Day”(グアムの解放記念日)に先立ち、
ハガニア地区のにあるパセオ球場(チャモロビレッジ裏手)横のエリアで
”Liberation Day Carnival”(通称カーニバル)が連日行われています。
(今年は、6月中旬から7月24日まで)


解放記念日当日もチャモロビレッジ前の大通りでは、パレードや
さまざまな屋台が立ち並び、とてもにぎやかです。
夜には花火も打ち上げられます。


これらのお祭りの趣旨を思うと私は、
カーニバルに行ってゲームや飲食を楽しみながらも
”ここにいていいのかな・・・・”とふと思ったり、
解放記念日のパレードにはちょっと行きにくいな・・・と
毎年家のTVで中継を眺めるにとどまっている
複雑な気持ちでいます。


地元のチャモロ人の方の中には、
”もう昔のことだよ・・・”と言ってくださる方もいるのですが
占領時において、日本人がチャモロ人を何十人も虐殺した史実や
強制労働、文化や言語を強要した過去に思いを馳せると
何ともいたたまれません。


では、戦後生まれの私達にに何ができるのか。


前置きがすっかり長くなってしまいましたが、
私たちが今できることの一つに
この”慰霊塔の清掃と慰霊”行事への参加があると
私は思っています。


祖国のためと信じて果敢に戦って亡くなられた各国の兵士達への哀悼の意と
そこに巻き込まれたグアムのチャモロの方々への謝罪と友愛の気持ちを
行動にあらわす良い機会だと思いました。



グアムに住む日本人のみなさんや
観光で訪れる方々など
一人でも多くの方にこの行事へ参加してもらえたらと願っています。



にほんブログ村 海外生活ブログへ ランキング参加中!
ウインク ポチッと応援お願いしま-す! & ボランティア活動メンバー募集中 クローバー


Posted by ルナ at 19:30 | 地域活動 Commu-Suppo | この記事のURL | コメント(4)

<< 2011年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
最新コメント
QRコード