CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
グアム探検を応援します Touch True Guam!

« グアム大学のサマーキャンプ | Main | 同性婚論争に見る宗教 »

プロフィール

BIG MAMA GUAMさんの画像
https://blog.canpan.info/blueskyofguam/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/blueskyofguam/index2_0.xml
検索
検索語句
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
ペットを亡くしたら[2013年06月29日(Sat)]

先月、我が家でかわいい子犬が生まれました。

早速、
夫の友人が里親になってくれるということになったらしく、
1匹の引き渡しがなされました。

世話をしていた私は、
まだ生後3週間の未離乳の子犬を母犬から離すというのは
素人には早すぎと心配しましたが、

里親は知り合いにプロがいるとかで、
幼い体に予防接種も済ませてしまったようでした。


ところが9日後に、案の定、突然里親から、
「下痢で子犬の元気がないから」と
母犬の元へ一時戻されてしまいました。

子犬は貰われていった時から全く成長しておらず、
むしろやせ細り、
他の兄弟たちの3分の2の大きさもありません。

他人の臭いのせいか、下痢の異臭に勘付いたか、
母犬からも育児を拒絶され、
小さな命は看病の甲斐なく、
数日であっけなく亡くなってしまいました。

私は放心状態で、家事も放棄して、
何日も悲しみで涙が止まりませんでした。

貰われていった子ですから、
我が家所有のペットではないんですけども、

里親が最後まで迎えにきてくれなかったのが不憫でならず、
結局、その子の亡骸は、我が家の庭に埋葬しました。

「でも、もしも、住宅事情でお庭が無かったり、
一時赴任滞在中にペットが亡くなった場合は、
グアムではどう弔ってあげたらいいんだろう?」

ふと、そう思いつき、
イエローページで調べてみました。

cremation.jpg

動物の火葬をしてくれて骨壺に入れてくれる
ペット・クリメーションサービス
グアムにもちゃんとあったんですね。

PAWS 2 HEAVEN(977-2969)
http://www.paws2heavenguam.com/index.html
と、
RAINBOW BRIDGE PET CREMATORY(637-5881)
という2施設があるみたいです。

病院での入院中に亡くなった場合は、
獣医さんに相談するとよいでしょうね。


愛しいワンコ、
助けてあげられなくて、本当に本当にごめんね。
どうか天国に召されて元気に遊びまわれますように。。。


にほんブログ村 海外生活ブログへ ランキング参加中!
ウインク ポチッと応援お願いしま-す! & ボランティア活動メンバー募集中 四つ葉

Posted by Grass-Roots at 07:41 | 生活 Life | この記事のURL | コメント(0)

この記事のURL

https://blog.canpan.info/blueskyofguam/archive/156

コメントする
コメント
<< 2015年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
最新コメント
QRコード