• もっと見る

2011年10月20日

都立千早高校で再び授業

都立千早高校で代表の松浦が再び授業を行いました!
9月29日に行った、高校生がチームに分かれて
イベントポスターを制作するという授業のことについて、
生徒たち自身に振り返ってもらう授業です。

(前回の授業については一つ前の記事をご参照ください
https://blog.canpan.info/blastbeat/archive/38


この活動を通してどんなことを感じたか、
次にまた同じことをやるなら何を意識したいか。
まずは生徒がおのおのに考え、グループでも話し合い、
最後にそこで出た意見をみんなで分かち合いました。

チームの仲間の“すごいところ”も振り返ったのですが、
「発想が豊か」「絵がうまい」「周りをよく見ている」
「みんなを引っ張ってくれた」「足りないところを補ってくれた」
などなど、仲間の頼れる一面をしっかりと捉えていたのが印象的。

活動を通して感じたことでも、さまざまな意見が出ました。

「アイデアには自信があったのにポスターを
完成させられなかった。時間配分が大切だった」

「みんなで意見をぶつけ合って
イベントを形づくっていけたのがよかった」

「みんなからアイデアがどんどん出て楽しかった。
でもまとめきれなかった。まとめ役が必要だった」

「うちのチームは得意分野がみんな違った。
その一人ひとりのよさを活かして作業できたと思う」

「自分の役目を果たすだけでなく、
まわりの人の作業にももっと気を配ればよかった」

「次やるとしたら違う役目をやってみたい。
そして今回の役目で感じたことをもとに、
次回その役目になった人の手助けもしたい。
ほかの立場も知ったうえで、みんなでものごとを
進めたら、もっとうまくいく気がする」



何とはなしに浮かんだのは、こうした空間を
より多くの社会人と共有したいな、という思いです。

生徒たちの感想に何度もうなずいてくれると思いますし、
その言葉にハッとして仕事の要諦を改めて考えさせられて、
社会人側にも刺激になるのではと感じたからです。

こうした機会をどんどん増やしていけるように、
ブラストビートは今後も学校の授業に
積極的に関わっていきたい、と思っています。

興味をもってくださる学校の先生がいらしたら、
ぜひご連絡ください!

最後にもう一つご報告を。今回もまた、
千早高校のウェブサイトでも紹介していただきました。
http://www.chihaya-h.metro.tokyo.jp/cgi-local/bbs-commu/bbs-t.cgi
ありがとうございました!
▼東京都立千早高校ウェブサイト
http://www.chihaya-h.metro.tokyo.jp/
posted by Blabin at 18:11| Comment(0) | 外部イベント
この記事へのコメント
コメントを書く