CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
2013年春期は、関東、宮城、福島、福岡、沖縄で活動。
11月からの秋期は、関東と関西で活動しています!

若者の学びと成長の場を支える「サポーター会員」としてのご支援や

http://blastbeat.jp/letsjoin/apply_member/
ご寄付をよろしくお願いします!
http://blastbeat.jp/letsjoin/apply_donation/

2014年04月01日

大・同窓会を開催しました!

20140330-1.jpg

3月30日の午後5時半、東京・世田谷区の公共施設で始まった「大・同窓会」。
ブラストビート4年半の歴史の中で、プログラムに参加した学生とメンター、
そしてNPOを支える会員の約70人が集まってきました。

久しぶり!という声があちこちで飛び交う中、
参加者みずから机やイス、オニギリなどを並べて準備したのですが、
乾杯を待ち切れずに飲み物に手を出そうとする人がいて(笑)
予定を繰り上げての「乾杯!」になりました。

20140330-2.jpg

高校生、大学生、社会人は若手からベテランまで、
いろんな職種や年齢の人が集まるのがブラストビートの魅力ですが、
新しい人との会話もスムーズに弾むように、
ちょっとした工夫もしました。

みんなが首からぶら下げているもの、何か分かりますか?

かなり大型の名札です。

ニックネームに始まり、
何年前のどのチームに参加したのかや、
好きなもの、はまっているものとか、自由に書き込みます。

ちょうど就活の時期で、
「仕事探しています!」などとアピールする大学3年生もいて、
会話のきっかけになっていました。

そういえば、自分で会社を興した起業家もいるので、
インターンの募集もその場でしてました(笑)

20140330-3.jpg

こちらは、通称「ブラビ家系図」と名付けたものに書き込んでいるところ。
4年半で54のチーム(模擬会社)が活動、
学生が400人、社会人が100人ぐらい関わっているので、
メンバーとメンターなど、誰と誰がどこでつながっているのか、
少しでも見えるようにしようというものです。

20140330-4.jpg

そして、楽しいイベントの中でも、マジメな瞬間がこの表彰式。

プログラムにメンバーとして参加した後、
さらに「学生メンター」として後輩メンバーの学びを支える立場でも
活躍してくれた人たちに、「プログラム修了証」を授与しました。
悩んだり、苦労も多い立場だけに、
特に貴重な経験をしてくれたことと確信しています。

20140330-5.jpg

最後は記念撮影。
来年の同窓会はさらににぎやかになることと思います♪
【内部向けイベントの最新記事】
posted by 神代 at 00:51| Comment(0) | 内部向けイベント

2014年03月19日

福島・郡山で女子高生4人がライブ開催!

pecori1.jpg

3月17日、福島・郡山のライブハウスclub#9のステージであいさつに立った高校生4人。

普段は3か月でライブ開催を目指すブラストビートのプログラムで、
9ヶ月かかって開催にこぎつけました。

ライブが終わった後の楽屋で、
「途中でやめなくて、ほんとに良かった」と何度も繰り返すほど、
これまでのチームの中でも、最も時間がかかったチームになりました。
それだけ苦労してたどり着いた、この日です。

pecori2.jpg

舞台の開演は、月曜の夕方6時過ぎ。
最初に登場したアーティストは、アヤナさん。
実は、高校生チームに寄り添い続けてきた社会人メンターの一人でもあります。

いつもの舞台に上がるのとは、かなり違う気分で、
ある意味、高校生たち以上に緊張しながら歌ったそうです。

pecori4.jpg
これは会場の一角に置かれた募金箱です。

何のために、このイベントを開催するのか?

高校生たちが議論を何度も、何度も繰り返してやっとたどり着いたのが、
「原発労働者の方への”ありがとう”を増やす」というコンセプトでした。

原発に反対というのでも、賛成というのでもなく、
”ありがとう”を増やす。

さらに、原発で働く人だけでなく、
身の回りの人すべてに対して、”ありがとう”を増やしたいという思いを込めました。

ウクレレの弾き語りで始まったライブは、
優しい音色が響くキーボード、
迫力あるヒューマンビートボックスと続き、
原発で働く人たちの実情を伝える講演もありました。
さらに、東京から駆けつけてくれたギターの弾き語りが会場を盛り上げます。

pecori3.jpg

そしてトリは、圧巻のave(エイブ)さん。
東日本大震災の直後に制作した『福の歌〜頑張っぺver.〜』で知られるアーティスト。
ご存知の方も多いと思いますが、まだの方はぜひお聞きください。

高校生たちが「ぜひ私たちのライブの最後に歌って下さい!」とお願いしたこの曲、
目の前で聴かせてもらうことができて、本当に感謝です。

pecori5.jpg

最後は、アーティストやお客さんと一緒に記念撮影。

”ありがとう”の想いを、pecori(ペコリ)と名付けた手の動きで表現、
この写真になりました。
posted by 神代 at 00:46| Comment(0) | プログラム

2014年03月03日

東京都立第四商業高等学校のマーケティング科目の授業に参加してきました!

2月20日(木)
東京都立第四商業高等学校のマーケティング科目の授業に参加してきました!

この授業は、松浦さんが今年の1月より講師として授業を進めてきた2年生のマーケティング科目の授業です。
授業のテーマであり、ミッションは、
『「としまえん」に多くの高校生が来るイベントを企画してください』 というもの。

この日は、高校生たちが企画提案したイベントをとしまえんの方に、
プレゼンテーションを行う日です。

1795217_628998150505322_753158582_o.jpg

これまでの授業では、

まずは模擬会社を全部で6チーム設立→学内外でのアンケート実施等のリサーチ
→仮説検証のための現地視察→イベント企画→プレゼンテーション。

という流れで、仮説検証として「としまえん」での現地視察も行ったそうです!

1656320_635568263181644_1214948404_n.jpg

1780627_635568283181642_172886289_n.jpg

実際に「としまえん」の遊園地事業部・企画担当の方を前にしての発表ということもあり、
みんな緊張しながらも、それぞれの企画について熱心に発表していました。


会社名(チーム名)には『反抗期』『株式会社PARA』『Liberty』など、
そのネーミングや由来も高校生ならではの自由さでした。笑

1146125_628998290505308_1737571060_o.jpg

・「新たな物語を」を軸に既存のアトラクションにストーリーを付けて “新しいキャラクター” を考案したり、

・「友情が深まる男同士のためのイルミ!」 

・「家族や恋人同士で贈り合えるサプライズ企画」 

・「高校生ライブ企画!」
 
・「激辛いもの・甘いものフェス!」・・・などなど、ユニークなアイデア満載でした。

1076945_628998413838629_593108701_o.jpg


アンケート結果や、としまえんでの体験を生かした提案も多く見られました。

中でも印象的だったのは「夏に友達と花火で遊びたくても、その場所がなくて困った」や、
「スケボー、BMXなどのスポーツが最近流行っているが、西東京ではまだその場所が少ない」
という、すでに高校生の中にあるニーズに着目しての提案。

としまえんの企画担当の方も
「高校生の生の声や提案を聞けて、これまで考えてきたものを確認する機会にもなったし、実際に社内に持ち帰り検討したい提案ももらえた」と話していました。

1911189_629000490505088_1783499153_o.jpg


ー教室の中に留まることなく、現地視察〜実際に企業へのプレゼンテーションを経て、
そのフィードバックを受ける。

高校生ではなかなか珍しい経験なのでは?と自分の高校時代を思い出しても、そう思います。

高校生たちは、何を感じたでしょうか。

今回の授業の感想を一部ご紹介します。

**************
・「最初はチームがすごいグダグダしていたので、本当にプレゼンなんてできるのかと不安でした。でもプレゼンが近づくにつれみんな真面目に取り組み始めたとき、チームが一つになってすごく嬉しかったです」

・「この企画は正直大変でした。本当は本番の日まで終わらなかったがギリギリで終わりました。本番は、自分が伝えたいことはずべて伝えたつもりです。なかなか達成感がありました」

・「本当に全てが実践なので最初は不安だったけど、みんながいてくれて良かった。
口げんかもいっぱいしたけど、発表ができて良かった」

・「大変だったけど、やりがいがあってよかった。
自分たちで考えた案を褒めてもらえてうれしかった。完成できてよかった!」
**************

授業の最後には、今回の振り返りの中で、
「チームメンバーに対する、良かった所、メッセージなどを書いて贈り合う」ことをして終了。

1102501_628998707171933_207465708_o.jpg


ブラストビートにも興味を持ってくれた学生が何名か声をかけてくれました♪
よりリアルな経験を楽しむ場としてぜひブラビに参加してもらえることを期待して止みません!笑


(文責:きーこ)




posted by 松本 at 00:23| Comment(0) | 外部イベント