CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 小技 | Main | 映像制作講座»
<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
みるなの中嶋
朝食会にて (11/01) 大谷更生
朝食会にて (10/31) みるなの中嶋
10/10(月・祝)画像編集・音楽編集講座を開催します。 (10/09) 片岡正
10/10(月・祝)画像編集・音楽編集講座を開催します。 (10/08) 片岡正
10/10(月・祝)画像編集・音楽編集講座を開催します。 (10/08) みるなの中嶋
48万アクセスムービーが本に (04/26) みるなの中嶋
昔話の音楽 (04/26) 安達充
48万アクセスムービーが本に (04/25) 安達充
昔話の音楽 (04/25) みるなの中嶋
東京電力・東北電力に応援メッセージを贈ろう! (04/09)
コメンテーター紹介:みるなの中嶋 [2009年11月15日(Sun)]

11/23(月・祝)ビジネス・ムービー・ショーを開催します。

コメンテーターが3名います。
コメンテーターを紹介をさせていただいております。

ラスト 三人目

私、みるなの中嶋です。

これはビジネスネームなのですが、由来は過去にやらせていただいたプレゼンテーションにあります。



私、中嶋は2007年にアントレプレナーセンターの福島正伸先生が主催した
第一回ドリームプラン・プレゼンテーション(通称ドリプラ)で「日本昔話レストラン みるなのくら」をプレゼンさせていただきました。それで、みるなの中嶋とさせていただいています。

ドリプラは今年三回目で、観客2,300名の大きなプレゼン大会になっています。
プレゼン応募者も相当数いて、書類選考で20名に絞られ、予選会があり本選に出れるのは8名というプレゼンターにとってハードルの高い大会です。



私は本当に運がいいのですが、
たまたま第一回ドリプラの一年前に大前研一さん主催アタッカーズ・ビジネススクールの福島正伸先生の講座を受講しご縁をいただきました。
第一回ドリプラは、書類選考も予選会もなく、福島先生に直接声をかけていただいてプレゼンターとなったのです。
第一回目ということもあり、福島先生はお忙しい中、空いた時間を見つけては声をかけてくださりプレゼンのご指導をいただきました。

ドリプラが目指すプレゼンは、一般的な説明・説得型のプレゼンでなく、事業の価値を体験させる体験型のプレゼンです。



これが実は相当難しいです。頭で分かっていても、実際に作れないのです。



私は、仕事柄プレゼンは得意分野なのですが、なかなかドリプラが目指すプレゼンは作れませんでした。



どうしても伝えたいことが伝わらない。事業の価値が伝わらない。





結局1ヶ月で21本のシナリオを書き、13本のプレゼンを作りました。


その一つが「4回同じ昔話をする語り部」のプレゼンだったのです。


福島先生から本番4日前に、「この話は良く出来ているから、これでいこう」と言っていただきました。
でも私自身、この話で事業の価値を体験させられるのか半信半疑でした。
しかしもう時間もないので、これでいこうと決めました。

そして、本番でプレゼンをしました。

見てくださった方の反応を見て思いました。






「そういうことか!」






プレゼンをして2年ほどがたち、自分なりにどういう風にすれば、
伝えたいことが伝わるのか分かってきました。


ありがたいことに、毎年ドリプラのプレゼンターの方が、
「みるなのくら」のようなプレゼンが作りたいからアドバイスして欲しいと声をかけてくださいます。

ドリプラ2008では4名ほど依頼をいただき個別に支援させていただきました。


特に ありがトンの澤登さん からは、推薦文をいただきましたのご紹介します。




**********************************************************
私は、08年ドリームプラン・プレゼンテーションにて、「ありがトン」の絵本のプレゼンをさせて頂き、
そのおかげで会社を立ち上げたり、絵本の出版が決まったりと、想いが少しずつ形になっています。
本番までの支援会では、中嶋さんに何度も何度もお越し頂いてアドバイスを頂きました。
中嶋さんはプレゼン全体のバランスをみながら、
特に伝えたいメッセージをさらに強固なものにしてくれます。
そのために、映像や音楽などの細部にわたっても、感性とスキルを生かしながら、
どのようにすれば共感してもらえるか、見る側の立場に立ちながら的確にアドバイスしてくれます。
中嶋さんを信頼して取り組むことが、相手に伝わる映像制作の一番の近道だと思っています。

株式会社ありがトン代表・うつ専門カウンセラー 澤登和夫

***********************************************************




今年は6名の方のプレゼンを支援させていただいています。




最近はyoutubeなどの影響でご自身でムービーを作られる方も増えたのか、
他にもプレゼンを見た方から、ムービーを作って欲しいとか、ムービーの作り方を教えて欲しいと依頼を受けるようになりました。


その依頼にお応えする形で始めたのが
創造力と表現力を高める映像制作講座」です。


そして受講いただいた方に実践できる機会を提供したいと思いました。
また、どんな作品にも学べるポイントがあると確信し、一般公開することにしました。




それが
11/23(月・祝)ビジネス・ムービー・ショー
です。



また、ビジネス動画研究会を開催し、発表作品のブラッシュアップを行っています。
ドリプラで培ったノウハウを全てお伝えしています。





私の夢は、「日本昔話テーマパーク」です。
そこでは、日本の文化を楽しく伝えます


その夢に向け、11/23(月・祝)ビジネス・ムービー・ショー
私は、神話ムービーを発表します。取り上げるのは、ヤマトタケルです。

神話に登場する神様は神社に祀られています。
神話に興味を持ってくれた方が、神社に足を運ぶような観光の流れを作りたいと思います。

ご都合つくようでしたらご参加いただけたらと思います。


■開催日:11/23(月・祝)
■講座時間:13:00〜16:00
■開場:12:30
■場所:江東区産業会館 第一・第二会議室
 http://www.koto-sangyokaikan.or.jp/access.html
■定員:50名
■受講料:3,000円
  会場入り口で受付をしますので、そちらでお支払いただけるようお願いします。
■お申し込み
 http://tinyurl.com/bizmovie2009
■申し込み締め切り:11/17(火)


どうぞよろしくお願いします。
長文お読みいただきありがとうございました。


コメンテーター紹介:大前みどりさん [2009年11月09日(Mon)]

11/23(月・祝)ビジネス・ムービー・ショーを開催します。

コメンテーターが3名います。
コメンテーターを紹介をさせていただいております。

お二人目

大前みどりさんです。

大前さんは、e-five planning 代表で、組織がフロー(没頭する)状態になるにはどうすれば、ということを命題に様々な活動をされています。
最近はワールドカフェを主催されたりしています。

大前さんとは私がアントレプレナーセンター福島正伸先生の講座を受講するようになってからお世話になっております。

以前、大前さんがアントレプレナーセンターに勤務されていたときに、制作された社員の働く意欲を高め、会社の価値を伝える「感動ムービー」を見て、感動のあまり涙が止まりませんでした。

そんなことがあり、感動といえば大前みどりさんと思って私主催の「創造力と表現力を高める映像制作講座」の「感動価値のある映像制作講座」の講師をお願いしました。

最近は、この「感動ムービー」がメディアに取り上げられています。

●日経ビジネス
  https://blog.canpan.info/bizmovie-study/archive/16

●ITPro
  http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/JIREI/20090828/336163/?ST=cio


大前さんのブログを見ると読書の量が半端でなく、相当の読書家、勉強家です。

11/23(月・祝)ビジネス・ムービー・ショーでどんなコメントを聞けるか私も楽しみです。

■大前みどりさんのことを詳しく知りたい方は

 ★ブログ
  http://ameblo.jp/quotations/
コメンテーター紹介:安達充さん [2009年11月09日(Mon)]

11/23(月・祝)ビジネス・ムービー・ショーを開催します。

コメンテーターが3名います。
コメンテーターを紹介をさせていただいております。

お一人目

安達充さんです。

安達さんは、ソングレターアーティストという肩書きで、たった一人のために曲を作るという活動をされています。

安達さんとお会いしたのは、福島正伸先生のドリームプランプレゼンテーション2008というプレゼン大会の支援会のときでした。
そして安達さんのお力を知ったのは、ドリームプランプレゼンテーション2008本番終了後の帰りの電車の中でした。
この年の共感大賞と特別大賞は、音楽の使い方が素晴らしかったです。
ストーリーと曲の雰囲気が合っていて、曲の長さがぴったりで、何よりストーリーの盛り上がりと曲の盛り上がりが完全に一致しておりました。

その年のプレゼンはレベルが高いなと感服しましたと安達さんと会話していたところ、なんとその曲を作ったのが安達さんだというではありませんか!

そしてどういう風に作ったかを教えてくださいました。
たった5分程度のやり取りでしたが、この方は音楽の使い方を体系的に掴んでいらっしゃり、本当に素晴らしいと感動しておりました。


そんなことがあり、私主催の「創造力と表現力を高める映像制作講座」で
音楽素材制作・活用講座」の講師をお願いした次第です。

さらにこの講座は参加者の満足度がとても高く、
受講生が安達さんのファンになってしまいました。
講座終了後、安達さんのCDが売れたり、ライブのチケットが売れたりしていました。

音楽の力量だけでなく、人柄も温かく誰からも慕われる素晴らしい方です。

そんな安達さんが作られたとても感動する曲をご紹介します。
先日の感動プロデューサー 平野秀典さんと安達さんの講演会で演奏され、
会場はすすり泣く声があちらこちらから聞こえてきました。




11/23(月・祝)ビジネス・ムービー・ショーではこの曲の制作秘話が聞けると思います。
どうぞお楽しみに。


■安達充さんのことを詳しく知りたい方は
 ★公式サイト
  http://song-letter.jp/

 ★公式ブログ
  http://www.voiceblog.jp/adachimitsuru/

 ★mixi
  http://mixi.bz/c52



発表者紹介:山田史織さん [2009年11月08日(Sun)]

11/23(月・祝)ビジネス・ムービー・ショーを開催します。

作品を発表される方が6名います。
発表者の方を紹介をさせていただいております。

ラスト六人目

山田史織さんです。

山田さんは、株式会社情熱にお勤めでセミナーや講演会の主催、運営をされています。
今年の6月には「日本の中心で夢を叫ぶ」という1,000人規模のイベントを成功させています。
現在「ドリームカンパニークラブ」という受け放題・定額制の研修を開催しています。

山田さんがムービー制作のきっかけは知人がやっていて、ブログに貼り付けているのを見て、自分でも出来そうと思われ始められたそうです。
何度かムービーを制作しているうちにもっと上手くなりたい、
勉強したいと思って私主催の「創造力と表現力を高める映像制作講座」にお越しくださったそうです。

第三者の方のムービーを制作することはあまりやらないそうですが、ご自身の想いを伝えるムービーは誰かに頼んだりせず自分で制作するそうです。
過去のことを思い出したりして楽しいとおっしゃっていました。

山田さんは、私が今回の11/23(月・祝)ビジネス・ムービー・ショー
お願いしていた条件

1.自分の作りたいものをつくる
2.相手が見たいものをつくる
3.価値のあるものをつくる


ということを真剣に考えてくださいました。

山田さんは株式会社情熱としてお世話になった方に感謝の気持ちを伝えたいと思っておられるのですが、
それでは
「2.相手が見たいものをつくる」
「3.価値のあるものをつくる」

にならないのではないかと試行錯誤をされていました。

これまで開催したビジネス動画研究会で下記の感じでブラッシュアップしてきました。

■9/29 ビジネス動画研究会


どのような感じで仕上がるのか私も楽しみです。

山田史織さんのご紹介のまとめです。

■ビジネス・ムービー・ショー
 夢に挑戦する企業を応援!〜Dream Company Club〜


 山田史織

 株式会社情熱 ワクワク事業部

 【テーマの概要】
  株式会社情熱の新規事業「ドリームカンパニークラブ」という研修サービスのプロモーションとして作成しました。
  単なるサービス説明ではなく、商品価値を“体感”していただく営業ツールを目指しました。
  夢に挑戦し、ワクワク働く楽しさを伝えていきます!

■山田史織さんのことを詳しく知りたい方は
 ★ブログ
  http://ameblo.jp/shiomonkey/

 ★mixi
  http://mixi.jp/show_profile.pl?id=1482055



発表者紹介:山上晴美さん [2009年11月08日(Sun)]

11/23(月・祝)ビジネス・ムービー・ショーを開催します。

作品を発表される方が6名います。
発表者の方を紹介をさせていただいております。

五人目

山上晴美さんです。

山上さんは、コーチングをされたり、雑誌の編集をフリーランスでされています。
今は共感力にフォーカスをあて共感力コーチという肩書きで活動されています。

昔は劇団の脚本を書いていたこともあるとのことで、山上さんの文章は素晴らしいです。
雑誌の編集もされているので文章のプロです。
私主催の「創造力と表現力を高める映像制作講座」の「文章制作・活用講座」の講師をしていただきました。

山上さんはコーチという職業柄、経営者の方とお仕事をされる機会が多いようで、
今後はムービーを活用して経営者の想いを伝えるというサービスを開始されようとしています。
そのようなこともあり、私主催の「創造力と表現力を高める映像制作講座」のほとんどにお越しいただきました。

今回は共感の力をドラマティックに伝えるムービーを制作いただいています。
これまで開催したビジネス動画研究会で下記の感じでブラッシュアップしてきました。

■9/29 ビジネス動画研究会


■10/13 ビジネス動画研究会


どのような感じで仕上がるのか私も楽しみです。

山上晴美さんのご紹介のまとめです。

■ビジネス・ムービー・ショー
 共感からはじめよう

 山上晴美

 共感力コーチ

 【テーマの概要】
  共感は、人を認めること。
  共感は、共通の思いを抱いて感動すること。
  職場でも家庭でも、恋人とも友人とも、人同士を温かい絆で結ぶ共感を高めて関係づくりをしていきたい。共感の力をドラマチックに伝えます。

■山上晴美さんのことを詳しく知りたい方は
 ★ブログ
  http://ameblo.jp/harumi-prcoach/

 ★ホームページ
  http://www.mokusosha.biz/index.html

発表者紹介:寺内昇さん [2009年11月08日(Sun)]

11/23(月・祝)ビジネス・ムービー・ショーを開催します。

作品を発表される方が6名います。
発表者の方を紹介をさせていただいております。

四人目

寺内昇さんです。

寺内さんは日本財団にお勤めで、このブログがお世話になっているコミュニティサイトCANPANを立ち上げられた方です。
日本財団は一時期社会的に厳しい時期があったそうですが、徹底的に情報公開を進めたことで周りが応援してくれるようになり厳しい時期を乗り切ったそうです。

今は、CANPANを活用してNPOなどの非営利団体を応援されているのですが、
日本財団の経験を踏まえ、情報公開こそ応援を集める鍵だとおっしゃられています。
CANPANはそれが出来る仕組みになっているそうです。

寺内さんは本当に勉強熱心な方で、私主催の「創造力と表現力を高める映像制作講座」のほとんど
1.初めての映像制作講座
2.魅せる映像制作講座
3.感動価値のある映像制作講座
4.写真素材制作・活用講座
5.音楽素材制作・活用講座

にお越しいただきました。

また愛妻家でもあり、後半は奥様と一緒に来ていただいたりしました。

寺内さんはNPOが継続して応援を集められるようにCANPANを有効活用していただきたいと願っていて、その価値を伝えたいとムービーを制作されています。

これまで開催したビジネス動画研究会で下記の感じでブラッシュアップしてきました。

■10/13 ビジネス動画研究会


どのような感じで仕上がるのか私も楽しみです。

寺内昇さんのご紹介のまとめです。

■ビジネス・ムービー・ショー
 相互支援を加速するCANPAN PRムービー

 寺内昇

 日本財団CANPANプロジェクト運営責任者

 【テーマの概要】
  産民学の連携によって、民が民を支える社会を目指す、
  日本財団によるCANPANプロジェクトをご紹介します。
  活動する人と応援する人がお互いを支援し合うことで、
  日本をもっと明るく元気にしたいと思います。


発表者紹介:加納晴可さん [2009年11月08日(Sun)]

11/23(月・祝)ビジネス・ムービー・ショーを開催します。

作品を発表される方が6名います。
発表者の方を紹介をさせていただいております。

三人目

加納晴可さんです。

加納晴可さんは、大規模な就職活動サークルMirrorや相互支援スクールGIFTの主催をされている加納敏彦さんの奥様です。

旦那さんの夢を応援するために私主催の「創造力と表現力を高める映像制作講座」にお越しいただきました。

加納晴可さんは講師が話していたことをまずは実践しようとする姿勢をもたれた方で
誰からでも何か吸収しようとする姿勢が素晴らしいと感じておりました。
私も学ばせていただいています。

私が今回の11/23(月・祝)ビジネス・ムービー・ショー
お願いしていた条件

1.自分の作りたいものをつくる
2.相手が見たいものをつくる
3.価値のあるものをつくる


ということを真剣に考えてくださいました。

特に「3.価値のあるものをつくる」は試行錯誤していたようで
これまで開催したビジネス動画研究会で下記の感じでブラッシュアップしてきました。


■9/29 ビジネス動画研究会


■10/26 ビジネス動画研究会



どのような感じで仕上がるのか私も楽しみです。

加納晴可さんのご紹介のまとめです。

■ビジネス・ムービー・ショー
 相互支援で夢を叶える

 加納晴可

 相互支援スクールGIFT映像担当

 【テーマの概要】
  やりたいことや夢をみつけて、
  仲間で応援し合いながらそれに向かってみんなでワクワク生きる。
  そんな大人がたくさんいる楽しい世の中にもっとしていく。
  そして、それを子どもたちにも広げていく。
  相互支援スクールGIFT講師・加納敏彦の想いを伝えます。




発表者紹介:岡村真由美さん [2009年11月03日(Tue)]

11/23(月・祝)ビジネス・ムービー・ショーを開催します。

作品を発表される方が6名います。
発表者の方を紹介をさせていただいております。

お二人目

岡村真由美さんです。

岡村さんはファイナンシャル・プランナーをされています。
ライフプラン、資産運用の専門家です。
最近はFP検定試験を受験される方向けにブログで問題と解説を書かれているそうです。

岡村さんは、相手の夢の実現を応援するというスタンスでライフプランの相談を受けているそうです。
夢の実現にはやはりお金のことを考える必要があるとのことで、
お金の計画を立てることをサポートしてくれます。
さらに、相手の夢の実現が目的なので、コーチング技術を活用したコンサルティングをしてくれます。

岡村さんは、私主催の「創造力と表現力を高める映像制作講座」に何度かお越しいただき、ムービーの作り方を学んでくださいました。

以前から身近な人がブログなどでムービーを公開しているのを見て、
自分も作ってみたいと思われ講座に来てくださったそうです。

今回のビジネス・ムービー・ショーでは、岡村さんの専門であるライフプランについて、
その大切さを伝えるムービーを制作されます。

ライフプランというと面倒な印象だったり、お金というと現実的な印象がありますが、
それをムービーでどうやって見ていただいた方に喜んでいただけるような作品にするか挑戦されています。

これまで開催したビジネス動画研究会で下記の感じでブラッシュアップしてきました。

■9/29 ビジネス動画研究会


■10/26 ビジネス動画研究会




どのような感じで仕上がるのか私も楽しみです。

岡村真由美さんのご紹介のまとめです。

■ビジネス・ムービー・ショー
 夢を叶えるライフプランニング

 岡村真由美

 ファイナンシャル・プランナー

 【テーマの概要】
  皆さんの将来の夢は何ですか?
  人生さまざまなライフイベントがあります。
  そして、セカンドライフは、どのように過ごしたいですか?
  夢や目標を叶えるため、理想の人生を過ごすには、ライフプランニングが大切です。
  その価値をムービーで伝えます。


■岡村真由美さんのことを詳しく知りたい方は
 ★ブログ
  http://plaza.rakuten.co.jp/fpotasuke/diary/?ctgy=2

発表者紹介:大谷こーせーさん [2009年10月31日(Sat)]

11/23(月・祝)ビジネス・ムービー・ショーを開催します。

作品を発表される方が6名います。
本日から発表者の方の紹介をさせてください。

まずお一人目

大谷こーせーさんです。
こーせーさんは、これまで勤められていた大手通信会社を今年退職し起業されることになりました。
「情報整理術」という書籍を出版されたり、ご自身のこれまでの体験をベースにした
名刺セミナーを開催されています。

こーせーさんは、私主催の「創造力と表現力を高める映像制作講座」に何度かお越しいただき、ムービーの作り方を学んでくださいました。

講座受講後、早速ご自身の人生を紹介する「こーせー人生劇場」という作品を制作し、
名刺セミナーの序盤の自己紹介で活用したところ評判が良かったそうです。

今回のビジネス・ムービー・ショーでは、名刺セミナーのPRを兼ねた「突っこまれる名刺の秘密に迫る」作品を制作されます。
完成したらプレイステーションポータブルに入れて、会う人、会う人に見せて歩くとおっしゃっていました。

これまで開催したビジネス動画研究会で下記の感じでブラッシュアップしてきました。

■9/29 ビジネス動画研究会


■10/13 ビジネス動画研究会


■10/26 ビジネス動画研究会



どのような感じで仕上がるのか私も楽しみです。

大谷こーせーさんのご紹介のまとめです。

■ビジネス・ムービー・ショー
 突っこまれる名刺の秘密に迫る

 大谷こーせー

 バリューアッパー(ValueUpper)

 【テーマの概要】
  名刺交換のとき、「居心地の悪さ」を感じたこと、ありませんか?
  日経プラス1をはじめ多数のメディア掲載実績を持ち、異業種交流会の名刺交換で
  83%の方が「また会いたい」と言ってくれる、『突っこまれる名刺』の秘密に迫ります。

■大谷こーせーさんのことを詳しく知りたい方は
 ★ブログ
  http://coachensee.blog45.fc2.com/
  http://plaza.rakuten.co.jp/kose77/
 ★mixi
  http://mixi.jp/show_friend.pl?id=141485
 ★Twitter
  http://twitter.com/kosei_otani
 ★著書「情報整理術」(秀和システム)
  http://tinyurl.com/johoseiri