CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«ウエルネスサプライドリプラ | Main | 面白いシナリオ : セリフに複数の意味を持たせる»
<< 2011年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
みるなの中嶋
朝食会にて (11/01) 大谷更生
朝食会にて (10/31) みるなの中嶋
10/10(月・祝)画像編集・音楽編集講座を開催します。 (10/09) 片岡正
10/10(月・祝)画像編集・音楽編集講座を開催します。 (10/08) 片岡正
10/10(月・祝)画像編集・音楽編集講座を開催します。 (10/08) みるなの中嶋
48万アクセスムービーが本に (04/26) みるなの中嶋
昔話の音楽 (04/26) 安達充
48万アクセスムービーが本に (04/25) 安達充
昔話の音楽 (04/25) みるなの中嶋
東京電力・東北電力に応援メッセージを贈ろう! (04/09)
面白いシナリオ : 変化を見せる [2011年11月01日(Tue)]

毎年、ドリームプラン・プレゼンテーション世界大会というイベントの
プレゼン作りのお手伝いをさせていただいています。


このプレゼン大会の特徴は、
新規事業の説明をするのではなく、体験させるということです。


そのために、創作のストーリーを作ったりします。



先日、あるプレゼンターの方のストーリー作りで
一緒に妄想させていただきました。



面白いシナリオを書くのに
170個程、技を持っているのですが、
今回は3個の技を使いました。



今日は、そのうちの1個をご紹介します。



それは、




変化を見せる




ということです。




登場人物が最初と最後でどう変わったかを見せます。


その変化が、新規事業の価値ということになります。



作り方は、まず、ラストシーンを妄想します。


それが、イメージできたら、
その逆を最初に描きます。



例えば、

ラストで、
主人公が、自ら何かを配っている、何かを食べている
シーンを描くとします。




そうしたら、最初は、
主人公は、配るのを拒否する、食べるのを拒否する

のようにラストと逆を描くという感じです。




そして、最初と最後が自然に繋がるように間の流れを作っていきます。





「シナリオは、計算の芸術」と呼ばれることもありますが、

思いつきだけではないんです。



たくさんの方程式を知っていると
面白いシナリオを描くには相当有利です。


次回は、他の2個をご紹介します。




コメントする
コメント