CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年12月 | Main | 2015年02月»
びわ湖エコアイディア倶楽部について

Biwako Ecoidea Clubさんの画像
Biwako Ecoidea Club
プロフィール
ブログ
掲載内容一覧
WHAT’S NEW
リンク一覧
最新のご意見
日別の記事一覧
月別アーカイブ
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
https://blog.canpan.info/biwakoecoidea/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/biwakoecoidea/index2_0.xml
第6回こなん水環境フォーラム & 第12回 川づくりフォーラム [2015年01月28日(Wed)]
第6回こなん水環境フォーラム & 第12回川づくりフォーラムのご案内

こなん水環境フォーラム.jpg

詳しくは、滋賀県庁ホームページ内の
湖南流域環境保全協議会のサイトをご覧ください
2014年度 ヨシ刈り活動のご案内 [2015年01月15日(Thu)]
2014年度 ヨシ刈り活動のご案内

冬本番を迎え、今年もヨシ刈り活動のシーズンとなりました。
例年、草津市下物町のヨシ原にて活動を行っておりましたが、
本年は他の行事と開催日程が重り活動実施が難しくなった為、
当倶楽部も参加している「ヨシでびわ湖を守るネットワーク」
が実施される「西の湖(近江八幡市)ヨシ刈りボランティア」
に参加します。

つきましては、次の内容で参加者の募集を行いますのでふるって
ご応募ください。

申し込みなど詳しいことは本ページ下部の申込資料をご覧ください。

◆開催日時:2015年2月7日(土) 10:30〜12:00
      (集合:10:00)
◆ 活動場所:滋賀県近江八幡市安土町下豊浦  
◆ 集合場所:B&G海洋センター
(近江八幡市安土町下豊浦5428)
※駐車場はございますが、できるだけ乗り合わせをお願いします。

◆持ち物:軍手、長靴、雨具、カマ(お持ちの方)
◆服 装:温かく作業ができる服装

《主催》ヨシでびわ湖を守るネットワーク
    安土町商工会・東近江水環境自治協議会


申込み資料ヨシ刈り活動案内.doc
【受付開始】 第12回身近な水環境の全国一斉調査 [2015年01月06日(Tue)]
びわ湖エコアイディア倶楽部
会員の皆様

   「第12回 身近な水環境の全国一斉調査」 参加申込について

                           びわ湖エコアイディア倶楽部
                             運営委員会 環境保全部会

2015年の「身近な水環境の全国一斉調査」の申込受付が始まりました。
本年も、多くのご参加よろしくお願いいたします。

びわ湖エコアイディア倶楽部は、倶楽部発足の翌年(2009年)から調査に参加し、
さらに2010年調査からは、パナソニックエコリレージャパンとも連携して主
に琵琶湖・淀川流域の水辺を中心に100地点(昨年実績)で調査を行なってい
ます。

***********************************************************
    第12回 身近な水環境の全国一斉調査
    調査日:2015年 6月 7日(日)《統一調査日》
***********************************************************
【申込方法】

添付の『参加申込みフォーム』の記入例をご覧頂き、参加申込用紙に必要事項を
記入の上、『全国一斉調査事務局』と『びわ湖エコアイディア倶楽部 事務局』
宛てメールにて送付ください。
【申込フォーム】2015-entry12.xls

※お送り頂いた「調査地点」「参加者名」は、パナソニックエコリレージャパンと共有し
ますので、パナソニックエコリレージャパンへの申込みは不要です。

        申込締切:2015年 2月9日(月)


**《問合わせ先》**********************************************
びわ湖エコアイディア倶楽部   事務局    (担当) 中野
mail: biwako-ecoidea@gg.jp.panasonic.com
**************************************************************


--「身近な水環境の全国一斉調査って?」-------------------------------------

2004年6月に、全国で河川や水辺で活動する市民団体や国土交通省が連携し
て、多くの河川の様子や水質などの現状を面的に把握し、今後の環境の保全や修
復に発展することをめざして取り組まれている市民調査で、11年間で延べ7万
6千人が参加しています。昨年は、全国の水辺5,544地点で調査が行われました。
《身近な水環境の全国一斉調査 全国実行委員会HP》
《2014年度 調査結果》
http://www.japan-mizumap.org/003main/007outline/parts/2014.pdf
--「調査は難しいの?」-----------------------------------------------------

統一調査日(6月7日)に調査マニュアルに基づき、「気温」「水温」「試薬に
よるCOD」を測定すると共に、「調査地点」「水辺の様子や生きものについ
て気づいたことや画像」を報告書に記入し、実行委員会事務局に送付します。
調査時間は30分程度で、特別な技術や知識を必要とするものはありません。
(仮称)関西の残したい自然エリア募集 〜関西広域連合より〜 [2015年01月06日(Tue)]
関西の残したい自然エリア 大募集!

関西広域連合では、各地域での生物多様性の保全と活用の取組の活性化をめざして、
森・川・海のつながりを重視した広域的な視点から、「(仮称)関西の残したい自然エリア」
の選定を進めています。

今回、地域の自然をよく知る皆さんから、
暮らしと関わりの深い身近な自然や風景
地域の祭りや職に関連する場所などの文化的に価値が高いと考えられる場所
等についての情報を募集します。

ふるってご応募ください!!

応募サイトはこちら(応募締切:2015年1月30日)
(仮称)関西の残したい自然エリア募集 

530_pic2_name_48393.jpg