CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年08月 | Main | 2008年10月»
びわ湖エコアイディア倶楽部について

Biwako Ecoidea Clubさんの画像
Biwako Ecoidea Club
プロフィール
ブログ
掲載内容一覧
WHAT’S NEW
リンク一覧
最新のご意見
日別の記事一覧
月別アーカイブ
<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
https://blog.canpan.info/biwakoecoidea/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/biwakoecoidea/index2_0.xml
エコアイディアキッズ第四回 びわ湖の魚をとろう〜地引き網体験 [2008年09月14日(Sun)]
今日は、いよいよ地引き網をして、びわ湖の魚をたくさんとって調査します。




出発前にコーディネーターのだいすけ先生から、在来種と固有種と外来種の説明です。








さて、外来種の魚と在来種の魚はどれくらいの割合でとれるか、2つのグループに分かれて相談します。




決まりました。1班は外来種と在来種の割合は75対25です。2班は70対30です。




では、行き先を説明します。びわ湖大橋をわたって、北に向かっていき「北小松」という浜で地引き網をします。

エコアイディアキッズ第四回 びわ湖の魚をとろう〜地引き網体験 [2008年09月14日(Sun)]
さて、バスにのって出発です。今回はアイキッズのメンバーだけでは地引き網は引けないので、たくさんのお友達や大人のサポーターも応援に駆けつけてくれています。

「北小松浜」に直接行っている人も合わせると、全員で130人くらいです。




バスの中で、だいすけ先生から「アイキッズ」がこれまで、どんな活動をしてきたか、なぜ今日、地引き網をするのか、今日来てくれたサポーターの皆さんにも説明します。






びわ湖エコアイディア倶楽部の事務局長の歌代(うたしろ)さんから、大人のサポーターの人たちに、「エコアイディアキッズ(アイキッズ)」の説明です。





びわ湖大橋を渡っています。右に見えるのが北湖(ほっこ)です。ずっと先が目的地の「北小松浜」です。




バスが北小松に到着しました。地引き網をしかけてくれる小松水産という、会社です。







エコアイディアキッズ第四回 びわ湖の魚をとろう〜地引き網体験 [2008年09月14日(Sun)]
さて、浜に着きました。



全員1ケ所に集合です。とても天気がよく、少し暑いです。




地引き網でどうやって魚をとるのか、説明が始まりました。

小松水産の社長さん、松井さんのお話もあります。






滋賀県立大学で外来魚の調査・研究をしている藤田先生のお話です。







エコアイディアキッズ第四回 びわ湖の魚をとろう〜地引き網体験 [2008年09月14日(Sun)]
さてこれから、松井さんたちが、地引き網を船に積んでびわ湖の沖まで沈めにいってくれます。




アイキッズやサポーターの子どもも大人も浜から船を見守ります。

船はだいぶ、沖まで行きました。




緑色の帽子の子どもたちは、応援に駆けつけてくれたボーイスカウトのみんなです。




船はぐるっと廻って、浜に近づいてきました。




大人のサポーターの人たちも、軍手をつけて準備開始です。

エコアイディアキッズ第四回 びわ湖の魚をとろう〜地引き網体験 [2008年09月14日(Sun)]
アイキッズや応援の子どもたちも、準備完了!




さて、いよいよ地引き網を引きだします。AからDグループの4グループに分かれて、ゆっくり引きます。




C、Dグループもゆっくり綱を引きます。






いよいよ網があがってきました。







大人のサポーターも一生懸命引いてくれます。

エコアイディアキッズ第四回 びわ湖の魚をとろう〜地引き網体験 [2008年09月14日(Sun)]
びわ湖エコアイディア倶楽部の大阪の会員さんも駆けつけてくれました。




引いた網は、浜の上で巻き上げてくれます。




いよいよ、地引き網が浅瀬まで引きあがってきました。








途中で網に引っかかっていた魚もこんなにいます。


エコアイディアキッズ第四回 びわ湖の魚をとろう〜地引き網体験 [2008年09月14日(Sun)]
網には水草もたくさん入っていますので、網のそとへ出します。




地引き網が浅瀬まで来ました。たくさん魚がいます。



さて、アイキッズとサポーターの子どもたち、みんなが、タモ網で取れた魚をすくいます。







すくった魚は、大きなケースに入れます。 あ、これは大きい!ブラックバス?

エコアイディアキッズ第四回 びわ湖の魚をとろう〜地引き網体験 [2008年09月14日(Sun)]
サポーターの子どもたちも、交代で魚をすくいます。




魚を入れるケースが、あふれそうです。







滋賀県立大学の人が、魚を見分けて「在来種」だけ別のケースに移し変えてくれます。




魚を入れていたケースが一杯になったので、外来種は別のケースに移し変えます。






藤田先生からの説明が始まりました。



エコアイディアキッズ第四回 びわ湖の魚をとろう〜地引き網体験 [2008年09月14日(Sun)]
さて、何種類の魚が取れたのでしょうか?




大人のサポーターの人たちにも、びわ湖の魚について説明が始まりました。




ブランクバスを解剖したところ、エビをたくさん飲み込んでいました。




アイキッズのメンバーが解剖するブラックバスはこれにしよう!大きい!







さて、解剖スタートです。





エコアイディアキッズ第四回 びわ湖の魚をとろう〜地引き網体験 [2008年09月14日(Sun)]
メスのブラックバスも解剖してみました。これは卵です。




この魚もエビをたくさん飲み込んでいました。




家族で参加したアイキッズ・・・・記念写真です! でかいぞ!




お昼ごはんの時間です。




アイキッズのリーダーは、昼休みの時間を利用して、小松浜の水質検査です。

CODは「2」です。





| 次へ