CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« フィールドワーク | Main | 事例紹介 »
10月21日「地域のSDGsはどこまで進んだか?」勉強会のお知らせ[2021年09月13日(Mon)]
 NPO法人農都会議は、ちば里山・バイオマス協議会と協働して、10月21日(木)午後、「地域のSDGsはどこまで進んだか? 事例と課題 〜“SDGs未来都市”市原市の里山と都会が両立する暮らし、人と自然を“つなぐ”銀座ミツバチプロジェクト」オンライン勉強会を開催します。
 10月20日 20:00で受付を終了いたしました。
 →イベント報告 (準備中)

銀座ミツバチプロジェクト

NPO法人農都会議 10月勉強会

地域のSDGsはどこまで進んだか? 事例と課題

〜“SDGs未来都市”市原市の里山と都会が両立する暮らし、
人と自然を“つなぐ”銀座ミツバチプロジェクト〜

 我が国は2015年の国連サミットで採択されたSDGs(持続可能な開発目標)に積極的に取組んでおり、2021年度は31のSDGs未来都市が選定され、合計124都市(125自治体)となりました。
 千葉県で初めて「SDGs未来都市」と「自治体SDGsモデル事業」に選定された市原市は、SDGsで誰もが幸せな未来をつくる、SDGsでひと・企業・団体など全てのステークホルダーとつなぐと「SDGs戦略」を立て、目標達成年の2030 年のあるべき姿を「ひとが住み続けひとが訪れるまちへ」として、「5つのまちづくりの柱」と「3つの戦略」を掲げています。市原市の特徴は「子育て支援」を柱の一つに据え、市民と向き合う姿勢が強く感じられることです。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 14:25 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(2)
9月30日「森林資源活用によるグリーンリカバリー」講演会のお知らせ[2021年08月30日(Mon)]
 NPO法人農都会議は、9月30日(木)午後、「森林資源活用によるグリーンリカバリー 〜地域循環共生と新しいコモンズの構築へ向けて」講演会をオンラインで開催します。
 →イベント報告

森林資源活用によるグリーンリカバリー画像

NPO法人農都会議 竹林征雄 編著 出版記念講演会

森林資源活用によるグリーンリカバリー

―地域循環共生と新しいコモンズの構築へ向けて―

 世界の人口と活動の拡大により地球温暖化が加速され、それが地球温暖化による巨大な風水害と新型コロナウイルス禍が世界を覆っています。加えて、不安定な政治経済、難民問題、さらに食料と水の紛争や農作物被害、森林違法伐採などによりリスキー、混迷の淵に立たされ、日本もその巨大な渦に巻き込まれざるを得ません。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 15:10 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
6月14日「ふくしまの農業・農村復興」講演会のお知らせ[2021年05月06日(Thu)]
 NPO法人農都会議は、6月14日(月)午後、2021年度総会記念講演会「再エネ・ソーラーシェアリングを活用したふくしまの農業・農村復興」をオンラインにて開催します。
 →イベント報告

ソーラー発電

NPO法人農都会議 2021年度総会記念講演会

再生可能エネルギー/ソーラーシェアリング
を活用したふくしまの農業・農村復興

 3.11から10年経ちました。福島県内の住宅地や農地の多くは除染が進み、沿岸部ではロボテックや水素エネルギー、浮体式洋上風力などの先端的産業の立地化が計られています。しかし、元の住居へ帰還できない避難者が多く残り、商業・経済も以前の賑わいを取り戻すことはなく、フクシマの復興は途半ばの状態です。
 農都会議は、東日本大震災と原子力発電所事故後の2011年9月に、2度のふくしま復興フォーラムを開催し、その後も定期的に「ふくしま復興」関連の勉強会とフィールドワークを実施して来ました(ホームページ参照)。3.11から10年にあたり、「再エネ・ソーラーシェアリングを活用したふくしまの農業・農村復興」を学ぶ機会を持ちたいと思います。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 15:55 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
2月15日「地域型バイオマスフォーラム第2回」のお知らせ[2020年12月12日(Sat)]
 NPO法人農都会議は、2月15日(月)午後、地域型バイオマス6団体の協働による「地域型バイオマスフォーラム第2回 地域のバイオマス事業化に向けて ―地産地消のバイオマスエネルギー・熱利用をビジネスにする」を開催します。
 →Peatix 案内ページ
 →イベント報告

 ・地域型バイオマスフォーラム第2回に向けたメッセージ
 ・地域型バイオマスフォーラム第2回 政策提言

新治村

地域型バイオマスフォーラム 第2回

地域のバイオマス事業化に向けて

―地産地消のバイオマスエネルギー・熱利用をビジネスにする―

 地域におけるバイオマスのエネルギー利用は、地球温暖化防止へ寄与し、地域経済循環、防災・レジリエンス向上、里地里山固有の生態系保全等に重要な役割を果たしています。
 一昨年秋に、それまで個々に活動していたバイオマス関連団体が集まり、熱利用推進、バイオマスエネルギー事業の定着化、地域型バイオマスによる地方創生などについて議論を重ね、昨年7月、全国各地域のバイオマス関係者に呼び掛けて「地域型バイオマスフォーラム」※注1を開催するとともに、7団体による共同提言「基本的考え方」※注2を発表しました。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 21:46 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
1月25日「カーボン貯留とJ-クレジット」勉強会のお知らせ[2020年12月11日(Fri)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWG/農都交流・地域支援Gは、1月25日(月)夕、「バイオ炭のカーボン貯留とJ-クレジット取引 〜2050年GHGゼロに向けて、カーボンマイナス効果を考える」オンライン勉強会を開催します。
 →イベント報告

地球環境イメージ

NPO法人農都会議 2021年1月勉強会

バイオ炭のカーボン貯留とJ-クレジット取引

〜2050年GHGゼロに向けて、カーボンマイナス効果を考える〜

 気候変動に対する世界の危機意識の高まりを受け、日本政府も地球温暖化対策として「2050年温室効果ガス排出実質ゼロ」へ政策の舵取りを変えました。政府のエネルギー政策の転換を産業界や議会がこぞって歓迎する中、地域におけるカーボンオフセットやJ-クレジットの活用が期待されます。一方、バイオマス発電や竹林整備によって作られるバイオチャ―や竹炭等の土壌改良材にはカーボンマイナス効果が認められます。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 20:58 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
12月14日「PPP・PFIによる地域エネルギービジネス」勉強会のお知らせ[2020年11月07日(Sat)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWG/農都交流・地域支援Gは、12月14日(月)夕、「PPP・PFIによる地域エネルギービジネス 〜官民連携手法でパブリックサービス会社づくり」勉強会を開催します。
 今回は遠方の皆様からのご希望があり、会場とオンラインの併用で行います。
 →イベント報告

初冬の風景

NPO法人農都会議 12月勉強会

PPP・PFIによる地域エネルギービジネス

〜官民連携手法でパブリックサービス会社づくり〜

 気候変動に対する世界の危機意識の高まりを受け、日本政府も地球温暖化対策として「2050年温室効果ガス排出実質ゼロ」へ政策の舵取りを変えました。
 環境問題担当の官庁は、脱炭素型社会、循環経済、分散型社会を基本政策に掲げていますが、地域におけるバイオマスエネルギー活用・熱利用の意義を多くの方々の共通認識として広げていくことがますます重要になっていると思われます。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 01:38 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
11月16日「バイオマスアカデミー第5回 熱利用実践セミナー」のお知らせ[2020年10月11日(Sun)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWGは、11月16日(月)夕、「バイオマスアカデミー第5回 熱利用実践セミナー 〜バイオマス熱利用のプロジェクトマネジメント」を開催します。
 →イベント報告

ぎふアカデミー出前講座 臥龍の郷

バイオマスアカデミー第5回 熱利用実践セミナー

バイオマス熱利用のプロジェクトマネジメント

―バイオマスの本格的な普及拡大のための具体的な方法について―

 バイオマスエネルギーは熱70%、電気30%と言われ、熱利用ポテンシャルは膨大です。しかし熱利用の現場では、稼働が停まった状態や稼働しても採算が取れないなどの問題を抱えたケースが多数見られます。農都会議はこうした状況に強い危機感を覚え、化石燃料とは異なるバイオマスの熱利用技術の平準化と人材育成を進めるために、昨年「バイオマスアカデミー」を開設し、手引きとなる書籍『実務で使うバイオマス熱利用の理論と実践』を発刊しました。
 今年のバイオマスアカデミーは、同書籍をテキストとして使用し、地方で2回、東京で2回のセミナーを開催します。バイオマス熱利用の導入を検討・計画されている方、すでに導入をしたが問題等ある方々にとって十分役立つ内容です。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 07:51 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
10月15日バイオマス熱利用書・出版記念講演会 プレスリリース[2020年10月04日(Sun)]
 この度、農都会議は、熱利用の手引きとなる書籍『実務で使うバイオマス熱利用の理論と実践』を発刊し、「出版記念講演会」を開催する運びとなりましたのでお知らせいたします。

10/15出版記念講演会 プレスリリース

10月15日出版記念講演会 プレスリリース(PDF)

10月15日"バイオマス熱利用書"出版記念講演会のお知らせ

新刊『実務で使うバイオマス熱利用の理論と実践』案内
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 23:23 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
10月26日「林業・バイオマス発電の持続可能性」勉強会のお知らせ[2020年09月06日(Sun)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWG/農都交流・地域支援Gは、10月26日(月)夕、「林業・木質バイオマス発電の持続可能性を考える 〜木質バイオマスエネルギー利用の方向性」オンライン勉強会/WEBセミナーを開催します。
 →イベント報告

グリーン発電大分天瀬発電所グリーン発電大分天瀬発電所

NPO法人農都会議 10月オンライン勉強会

林業・木質バイオマス発電の持続可能性を考える

〜木質バイオマスエネルギー利用の方向性〜

 経済産業省と農林水産省の連携による「林業・木質バイオマス発電の成長産業化に向けた研究会」が7月に開始されました。8月には2回目が開催され、参加した森林・林業・木材産業関係団体とバイオマス発電関係団体等から意見発表が行われました。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 12:02 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
10月15日"バイオマス熱利用書"出版記念講演会のお知らせ[2020年09月05日(Sat)]
 NPO法人農都会議 バイオマスアカデミーは、10月15日(木)午後、「実務で使うバイオマス熱利用の理論と実践」出版記念講演会を、千代田区日比谷コンベンションホールで開催します。
 新型コロナ感染対策として、定員縮小による3密回避、体温測定、手指消毒、マスク着用、大声を出さない等へのご協力をお願いいたします。
 →イベント報告
 →プレスリリース

2.10シンポジウム

NPO法人農都会議バイオマスアカデミー 出版記念講演会

『実務で使うバイオマス熱利用の理論と実践』

〜木質バイオマス熱利用のさらなる拡大をめざして〜

 日本のエネルギー需要の半分は熱利用であり、バイオマスエネルギーは熱70%、電気30%と言われ、熱利用ポテンシャルは膨大です。再エネ熱の活用は、地域経済再生、持続可能社会実現(SDGs達成)等の有力手段となり得、日本の熱ロードマップの必要性も増すばかりです。
 しかし熱利用の現場では、木質バイオマス・ボイラーのエンジニアリングの基礎知識がほとんどないままに設備が計画・設計されている結果、稼働が停まった状態や稼働しても採算が取れないなどの問題を抱えたケースが多数見られます。
 農都会議はこうした状況に強い危機感を覚え、化石燃料とは異なるバイオマスの熱利用技術の平準化と人材育成を進めるため、2年前に「バイオマスアカデミー」を開設しました。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 06:49 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
9月11日「再エネ政策転換を考える」オンライン勉強会のお知らせ[2020年08月17日(Mon)]
 NPO法人農都会議 バイオマスアカデミー/バイオマスWG/農都交流・地域支援Gは、9月11日(金)夕、「再生可能エネルギー政策の転換を考える 〜新型コロナ禍が進めるエネルギ−革新、地域への影響」オンライン勉強会(WEBセミナー)を開催します。
 →イベント報告

発電風車

NPO法人農都会議 9月オンライン勉強会

再生可能エネルギー政策の転換を考える

〜新型コロナ禍が進めるエネルギ−革新、地域への影響〜

 人間社会には、適切な環境、水・食料、エネルギーなどが不可欠です。コロナ禍をきっかけに、過密、働き過ぎなど過度な経済合理性を改めようとの考えから、世界の経済、社会のあり方が変わろうとしています。
 人間が住む地球の環境と資源は有限です。パリ協定の後、日本以外の世界各国はゼロ炭素社会への転換に向けて大きく動き出しています。欧米諸国のエネルギ−体系は、石油・石炭・天然ガスから再生可能エネルギーへと、大変革の時代を迎えています。残念ながら日本は周回遅れです。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 00:01 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
8月24日「スマート林業が拓く未来」勉強会のお知らせ[2020年07月19日(Sun)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWG/農都交流・地域支援Gは、8月24日(月)夕、「スマート林業が拓く未来 〜林業のICT化で変わるサプライチェーン」勉強会を開催します。本勉強会は、新型コロナウイルス感染対策のため4月20日実施予定を延期していたのを改めて開催するものです。
 コロナ対策として、定員縮小による3密回避、窓の開放等を行うとともに、会場入口での体温測定、手指消毒、マスク着用、大声を出さない等のご協力をお願いいたしますので、ご了承ください。
 →新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策について(更新版)

 →イベント報告

タワーヤーダによる搬出作業

農都会議 バイオマスWG/地域G 8月勉強会

スマート林業が拓く未来

―林業のICT化で変わるサプライチェーン―

 国土の67%が山林の日本は世界有数の森林資源大国です。樹木の年間成長量は約8千万m3とされ、国産材供給量は年間約2,200万m3(2018年統計)、毎年、木材として利用される以上の量の木質バイオマスが増えていく計算となります。1980年代から90年代にかけての林業の衰退も良く知られていることですが、近年、バイオマスエネルギー活用が始まったこともあって、木材自給率と素材生産量は回復傾向となりました。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 12:12 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
7月27日「バイオマス熱利用書解説」公開セミナーのお知らせ[2020年07月03日(Fri)]
 NPO法人農都会議 バイオマスアカデミーは、7月27日(月)午後、書籍『実務で使うバイオマス熱利用の理論と実践』発刊の記念として、本の概要説明と解説を行うWEBセミナーを開催します。
 →イベント報告

土場

農都会議 バイオマスアカデミー 熱利用書解説セミナー

『実務で使うバイオマス熱利用の理論と実践』

―バイオマス熱利用のさらなる拡大をめざして―

 国土の67%が森林で農林業が盛んな日本では、地域のバイオマス資源から生れる熱のポテンシャルは膨大となり、その利用はSDGsや地域経済再生の有力な手段となります。
 しかし熱利用の現場では、バイオマスボイラーのエンジニアリングの基礎知識がほとんどないままに設備が計画・設計されている結果、稼働が停まった状態や稼働しても採算が取れないなどの問題を抱えたケースが多数見られます。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 15:10 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
6月15日「林業の現場からコロナ後を考える」勉強会のお知らせ[2020年05月23日(Sat)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWG/農都交流・地域支援Gは、6月15日(月)午後、「林業の現場からコロナ後を考える 〜動き出した地域のスマート林業とサプライチェーンの取組み」勉強会を開催します。
 本勉強会は、新型コロナウイルス感染防止のため、Zoomを利用したオンラインで行います。当面、オンライン勉強会は当会の運営に協力していただいている会員様向けに無料で行いますので、あらかじめご了承をお願いいたします。

 →イベント報告

ドローン操作

NPO法人農都会議 6月オンライン勉強会

林業の現場からコロナ後を考える

〜動き出した地域のスマート林業とサプライチェーンの取組み〜

 国土の67%が山林の日本は世界有数の森林資源大国です。樹木の年間成長量は約8千万m3とされ、国産材供給量は年間約2,200万m3(2018年統計)、毎年、木材として利用される以上の量の木質バイオマスが増えていく計算となります。豊かな森林を背景として、FIT(固定価格買取制度)を活用したバイオマス発電が興隆し、熱利用事業への期待も高まっています。
 再生可能エネルギーを活用した地域づくりとバイオマス事業化支援の活動を続けている農都会議は、木質バイオマス燃料の国産化を促進するため、「山には木が沢山あるのに、なぜ出てこないのか?」をテーマに、伐採・搬出、路網整備等の『林業技術の革新』に関する勉強会を数年にわたって度々開催し、提言を取りまとめてきました。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 16:26 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
3月16日「FITと熱利用政策の行方」勉強会は延期いたします[2020年02月07日(Fri)]
 NPO法人農都会議 バイオマスWG/地域Gは、3月16日(月)夕、「FITと熱利用政策の行方 〜FIT見直しで地域型バイオマス・熱活用はどうなる?」勉強会を開催します。
 本勉強会は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の収束見通しがあるまで延期とさせていただきます。
 →新型コロナウイルス感染症対策について(更新版)

バイオマスエネルギー イメージ

農都会議バイオマスWG/地域G 3月勉強会

FITと熱利用政策の行方

―FIT見直しで地域型バイオマス・熱活用はどうなる?―

 再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT、2012年7月開始)は、2020年度末までの抜本見直しが予定されており、昨年来、経済産業省の再生可能エネルギー主力電源化制度改革小委員会や調達価格等算定委員会などで議論が進められ、12月26日の制度改革小委員会で出された中間取りまとめ(案)に対する意見公募も行われています。
続きを読む...
Posted by NPO農都会議 at 23:29 | イベント情報 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ
検索
検索語句
 NPO農都会議ボタン農都会議ホームページ
  FacebookボタンNPO農都会議
  Facebookボタン農都サロン
トピックス
カテゴリ
最新記事
最新コメント
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

農都会議 バイオマスWG(ワーキンググループ)さんの画像
QRコード

https://blog.canpan.info/bioenergy/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/bioenergy/index2_0.xml