CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 11月10日「林業の成長産業化」勉強会のお知らせ | Main | NPOまつり2014の報告 »
再生可能エネルギー接続保留問題に対する提言[2014年10月23日(Thu)]
 農都地域部会バイオマス発電事業化促進ワーキンググループ(WG)は、10月22日、再生可能エネルギー発電の電力系統網への接続問題の質問と提案を、九州電力株式会社と資源エネルギー庁に対し提出しました。

 先月、九州電力に続き合計5つの電力会社が、再生可能エネルギー接続申込みへの「回答保留」などの措置を行っています。FIT(固定価格買取制度)により再エネ発電が急拡大する中で、電力の安定供給が困難になる恐れがあるとの理由でした。
 再生可能エネルギー促進と地域の木質バイオマス発電推進の活動を進めているバイオマスWGは、この接続保留・系統問題が再エネ促進にとって重大な障害となり得ると考え議論を重ねてきましたが、この度、WG有志としての提言をまとめ、関係機関へ提出しました。

(1) 九州電力株式会社へ提出
 「九州本土の再生可能エネルギー発電設備に対する接続申込みの回答保留について」に対する質問と提案 (PDF)

(2) 資源エネルギー庁へ提出
 総合資源エネルギー調査会新エネルギー小委員会における「接続保留・系統問題」の検討にあたっての提案 (PDF)

 バイオマスWGは、昨年の二度の提言に続き、第3次提言を年内に取りまとめる予定です。系統接続問題に関しても、メンバー間で十分に議論を行ったうえで、改めて提案するつもりでおります。
Posted by NPO農都会議 at 08:50 | 政策提言 | この記事のURL | コメント(0)
この記事のURL
https://blog.canpan.info/bioenergy/archive/54
コメントする
コメント
検索
検索語句
 NPO農都会議ボタン農都会議ホームページ
  FacebookボタンNPO農都会議
  Facebookボタン農都サロン
トピックス
カテゴリ
最新記事
最新コメント
<< 2021年04月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
月別アーカイブ
リンク集
プロフィール

農都会議 バイオマスWG(ワーキンググループ)さんの画像
QRコード

https://blog.canpan.info/bioenergy/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/bioenergy/index2_0.xml