CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年09月 | Main | 2010年11月»
20101124050712
<< 2010年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
【ブログ起業論】太田空真先生がいらっしゃいました。 [2010年10月30日(Sat)]
こんにちは!小林大地です。


先日のブログ起業論は、大阪から太田空真先生がいらっしゃり、お話をしてくださりました。


DSCF3713
DSCF3713 posted by (C)バイシコー黒須



太田空真さん

twitter: @t3m_kuhshin
チーム3ミニッツ: http://www.t3m.jp/






現在はチーム3ミニッツという「ありがとうのはがき」を全国の子どもたちに配布するNGOの活動をしている方です。実は僕自身空真さんの過去についてはよく知らないのですが、



自転車で旅をしているときに、大阪鶴橋で高級な焼き肉をごちそうになりました。




また、授業の数日前にいきなり「今度明大に行ったとき君の話をするので楽しみにしてて」と電話をくださったりしました。



そんな空真さんの講演ですが、とても難解でした。正直半分以上理解できていません。






【印象に残った言葉】


「小林大地の自転車旅が成功した理由は『ドキュメンタリー』だから。」

「ドキュメンタリー」は毎日書くネタがある。Twitterで継続してつぶやきやすいので、成功して当たり前。小林の旅は「ドキュメンタリー」であるので、出発した時点で成功すると空真さんはわかっていたとのこと。箱根の山越え、自転車の故障は「ドキュメンタリー」としては効果的な内容だったそうです。



ドキュメンタリーに対して「バラエティー」は頭を使うので3日でツイートする内容なくなり、ツイートできなくなるそう。



「ドキュメンタリー」と「バラエティー」どちらがいい悪いというものではない。両方あるから面白い。




「人生には余白が必要」


視野が狭くなるとテロリストが生まれてしまう。とのこと。





「コミュニケーション力=相手に「この人面白いな」と思われる能力」


言い方ひとつだけど妙に「なるほどなぁ〜」と納得した一言。





【廣瀬先輩】


また、この日はブログ起業論のOBで、インターネット広告会社を学生起業し、太田空真先生の弟子でもある、廣瀬先輩も来てくださいました。


DSCF3711
DSCF3711 posted by (C)バイシコー黒須


廣瀬勝也さん

twitter: @hirosekatsuya


CMWalker社長【廣瀬勝也】の日記: https://blog.canpan.info/creative/




私たち受講生は廣瀬さんから


「やるかやらないかの選択肢があったらすべてやる方を選ぶ。それによって道が開ける」

という素敵なメッセージをいただきました。




【空真さん×廣瀬さん】

そして、この太田空真さんと、廣瀬先輩は、ブログ起業論では有名な伝説を残している方々でもあります。



廣瀬先輩がまだブログ起業論の受講生だったとき、空真さんがゲスト講師でいらっしゃいました。


そのとき、廣瀬先輩のブログに対して


「大人っぽい記事を書いていてつまらない。学生ならもっと暴れたほうがいい」

というアドバイスをしたそうです。


廣瀬先輩いわく



「批評されただけでなく、そのあと具体的にアドバイスをくださった」



とのことで、それ以来廣瀬先輩は空真さんを慕い、ブログも以前にもまして人気になったそうです。



と、いうことで、そのやりとりが載っているお二人のブログに勝手にリンクしてみます(笑)



明大商学部 廣瀬勝也くんの「二十歳、広告をかたる。」応援記事。 チーム3ミニッツ・ブログ
https://blog.canpan.info/t3mg/archive/83



「ソフトバンクは最高のパロディCM」暴れてもいい批評記事とは 廣瀬勝也のクリエイティブ広告論

http://cmwalker.net/diary/softbank-cm-critism.html






【空真さん、廣瀬さんのお二人と会って思うこと】




「大人に対して気を使いすぎるくらいなら、少し失礼なくらいの態度のほうが若者らしいのではないか?」
ということ。別に空真さん、廣瀬さんがそう言ったわけではないのですが、お二人を見てるといつもそう思うんです。



鶴橋で空真さんに焼き肉をおごってもらうことになったとき、廣瀬さんから



「空真さんに対してはあまり遠慮しないで元気に接したほうがいい」


というアドバイスをいただきました。



とは言っても、すごくオーラがあって、一見怖そうな空真さん。(ごめんなさい)そりゃ遠慮もしたくなりますが…



空真さんにお会いしたときに、ご本人も「遠慮しないでいいからな!」と言ってくださったんですね。



で、結局遠慮しないで焼き肉をたらふく食べたら…


空真さんは「俺今日小林君の焼き肉焼いてばかりで肉4枚しか食ってないよ!」



というような状態になったんですねwww



でもそんな失礼な態度をとったのに、空真さんは笑顔で、それどころか若干嬉しそうにすら見えたんですね(違ったらごめんなさい)



で、思ったのが「元気で尊敬できるような大人は、気をつかって小さくまとまってるより、若干失礼なくらい元気さをアピールしたほうが喜ぶんじゃないか。そしてそれこそが若者の特権なんじゃないか」って思ったんですね。




そんな素敵なことを感じさせてくださる空真さんと、恐れ多くも一緒に写真を撮っていただきました。



DSCF3714
DSCF3714 posted by (C)バイシコー黒須



写真を見ての通り、とても雰囲気のある素敵な方です。



だいぶ失礼な記事にはなってしまいましたが、本当に空真さんにお会いできてよかったと思います。



一緒にカレーを食べに行ってお話をしたかったのですが残念です。



「また東京に来たら声かけるからさ。この後の講演頑張ってな」


と言ってくださったのがとてもうれしかったです。



太田空真さん、ほんとうにありがとうございました!



また、空真さんと僕をつなげてくださった廣瀬先輩、そして久米先生、ありがとうございます!
Tシャツチャリティー販売のお知らせ [2010年10月23日(Sat)]
こんにちは!小林大地です。



このたび、久米繊維工業株式会社さまと、毎日RTさまのご厚意で、僕が旅で着ていたTシャツを一般向けに販売していただけることになりました!!





しかも販売額の全額が、口蹄疫被害家庭の子どもたちに学びの機会を与える、CANPANの子どもの学び応援基金に寄付されます!!








【商品概要】

DSCF2365
DSCF2365 posted by (C)バイシコー黒須



・僕がお世話になっているブログ起業論の久米信行先生が社長をしている「久米繊維工業謹製」の日本製で綿100%Tシャツです。


・限定50着の予定です。


・サイズは


XS(身丈60 身幅44)

S (身丈66 身幅48)

M (身丈72 身幅51)

L (身丈75 身幅54)






【価格】


2000円



今回は久米繊維工業株式会社さま、毎日RT編集部さまのご厚意で、特別に2000円という破格で、しかも売り上げ全額寄付ということにしていただきました。



【購入方法】

販売は毎日新聞社の関連会社である「毎日販売協栄」が行います。


購入希望者は、


氏名、住所、電話番号、希望サイズ



振込用紙に明記し、





「りそな銀行東京営業部 普通 6809977 毎日販売協栄株式会社」



に、2000円を振り込んでいただければ、毎日販売協栄から発送します。



また、ATMから振込をした場合は、後日希望サイズなどをお伺いするための確認電話がいくとのことでした。





※振込手数料は購入希望者負担となります。


※入金後の発送となり、代引きなどはできないとのことです。


※ご質問などがございましたら、rt@mainichi.co.jp にメールで問い合わせてください。
CANPANブログ大賞結果&講演のお知らせ [2010年10月17日(Sun)]
こんにちは!小林大地です!



今回は2つお知らせがあって、記事を書きました。




1)CANPANブログ大賞

先日、皆さんにも投票のお願いをした、CANPANブログ大賞。


ありがたいことに「毎日RT特別賞」をいただくことが出来ました!!!



第5回CANPANブログ大賞受賞団体決定!

https://blog.canpan.info/blog_award2010/archive/19


これも皆様のおかげです、ありがとうございます。これによって、また11月6日のソーシャルメディアフォーラムでお話をする機会ができるようです。





2)講演のお知らせ〜10月28日 第1回ツイッターフェス


このたび、CANPANツイッター研究会インターンのみなさんが主催する、ツイッターフェスの中で、ゲストとしてお話させていただくこととなりました!!

大学生向けの、ツイッター活用法に関するイベントのようです。


是非お時間のある方はお越しいただければと思います。


以下、イベント詳細です。





■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□



こんにちは!日本財団CANPAN ツイッター研究会インターンです。


私どものイベントの告知をさせてください。


ツイッター×大学生活からのソーシャルインパクトは起こせるのか?というテーマのもと、ソーシャル活動に関心のある学生が集まるイベントを企画しております。


内容としては、ツイッターの活用講座、また、実際にソーシャルメディアからの「Degital In, AnalogOut」を実践してきたゲストをお招きしてのトーク、
更にワールドカフェという話し合いの手法を取り入れ、いかにソーシャルメディアを使ったソーシャル活動が実践できるかを会場が一体となって実感できるイベントとなっております。


イベント後半では、参加者全員でツイッターや社会貢献について考える、今話題の話し合いの方式、ワールドカフェ形式のワークショップを行います。


さらに「ツイッター自己ブランディング術」と題し、就活に使えるかもしれないテクニックも伝授いたします!


「ツイッター、アカウントは持っているけれどよくわからない!」「はじめてみたいけれどツイッターってなにかよくわかない!」
というみなさんも、この機会にぜひぜひご参加ください。


ツイッターからのソーシャルインパクトの波を一緒につくりましょう☆よろしくお願いいたします。


詳細はこちら→https://blog.canpan.info/nfcpt/archive/84




【イベント概要】


【第1回ツイッターフェス】


いまツイッター始めなければもう間に合わない?! 〜一年生も就活生も内定者も、集合!!〜


●日時:2010年10月28日(木)19:00〜

●会場:日本財団、海洋船舶ビル8階・CANPANセンター

●対象:大学生(1〜4年生)、ツイッター初心者

●定員:30名

●参加費:500円(本来は講師謝礼としていただく額ですが、講師様のご意向とご厚意により謝礼分はCANPANの口蹄疫被害家庭支援に
寄付させていただくことになりました!参加するだけで社会貢献になります!!)



●タイムテーブル
18:30〜開場
19:00〜オープニング
・ツインターン、日本財団、CANPANについて紹介
19:05〜ツインターンによるノウハウ講座
「そもそもツイッターって?!」
「ツイッター活用自己ブランディング術」
19:45〜トークセッション  ゲスト:小林大地(明治大学商学部4年)
「ツイッター×学生生活=ソーシャルインパクト!?」
20:20〜【休憩、会場転換】
20:30〜ワールドカフェ(15分×4)
21:30〜ワールドカフェまとめ
〜21:40終了予定



【ゲスト】
小林大地さん(明治大学商学部4年)
ブログ、ツイッターで情報発信をしながら、宮崎口蹄疫支援のため自転車で埼玉→宮崎まで口蹄疫被害へのメッセージを集めながら1500キロの旅を実行。

Twitterアカウント:@bicyclecross(http://twitter.com/bicyclecross
ブログ:https://blog.canpan.info/bicyclecross(第5回CANPANブログ大賞毎日RT特別賞受賞ブログ)



【参加申し込み】
ツイッターもしくはmixiアカウントをお持ちの方:http://atnd.org/events/8944


WEBフォームからのお申し込み:http://spreadsheets.google.com/a/ps.nippon-foundation.or.jp/viewform?formkey=dElFbDZLUW5HWU16cHZrXzVWY0RDTkE6MQ


【お問い合わせ】
日本財団CANPAN Twitter研究会インターン 伊藤・内野・河西
メール:intern_06@ps.nippon-foundation.or.jp
Twitter:twintern10
ブログ:https://blog.canpan.info/nfcpt/


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
9/30 ブログ起業論公開講座:小林大地君の宮崎口蹄疫チャリティ自転車ツアー報告 [2010年10月03日(Sun)]
170110745
170110745 posted by (C)バイシコー黒須



こんにちは!小林大地です。


9月30日に、明治大学「ブログ起業論」の授業の中で、自転車宮崎の旅についてお話をしてきました。


「公開講座:小林大地君の宮崎口蹄疫チャリティ自転車ツアー報告」 
明治大学商学部「ベンチャービジネス論/起業プランニング論」久米 信行 講義ブログ

https://blog.canpan.info/meiji_venture/archive/174




当日は、雨の中にもかかわらず、たくさんの縁者の方にご来場いただきました!


ありがとうございます。



さて、肝心の講演ですが、正直みなさんがどういうことに興味を持っているのかわからなかったので、始まるまで何を話すか考えず、場の雰囲気で話をしてきました。



そんな風にお話をして気づいたことは



みなさんの興味は

「僕が旅で苦労したこと」←観衆の反応を見る限り、これは特に興味を引くみたいです。

「苦労をどう乗り越えたか」

「旅で何を感じたか」

「どのように成長したか」




なのだろうな〜と気づきました。


また講演する機会が何回かあるので、今度はこれに「口蹄疫の実情」を付け加え、うまくお話をできたらと思います。



以下、当日聞きに来てくださった縁者さんの、twitter上のつぶやきのまとめです。




また、私のお話をブログにまとめてくださった方もいらっしゃいます。


【Keith's Life】
埼玉からチャリで宮崎へー明大生小林大地ー
http://plaza.rakuten.co.jp/keithslife/diary/201009300000/




【男43才経営コンサルティング会社社長のマーケティングライフ/有限会社キャタリスト公式HP】
明治大学「ブログ起業論」の履修生である小林大地さんの〔宮崎口蹄疫支援埼玉→宮崎自転車走破〕報告を拝聴するの巻


http://www.2004catalyst.com/archives/52074987.html


↑ちなみにコンサルティング会社社長の堀さんは、動画を撮って「youtube」にもUPしてくださいました。ありがとうございます。