CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«広島県北広島町芸北の活動(1)どんぐりのまきつけ | Main | 愛媛県愛南町の活動(2)どんぐり蒔きつけ»
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
最新コメント
神奈川県B&G葉山海洋クラブの活動(4) [2012年11月22日(Thu)]
〜森と海のつながりを知ろう! 自然植生・照葉樹・森の木々の三層構造ってなんだ?〜


葉山海洋クラブでは、前回10月13日(土)未就学児とその保護者を対象に、自然の中を歩きながら森に親しみ、「潜在自然植生」について学ぶ“自然体験・勉強会”を実施し、森と海のつながりについて学習しました。

植樹教育活動4回目の今回は、林道を歩きながら森の仕組みを学ぶ“勉強会”と“どんぐり拾いや苗木の採取、ミニ植樹”の活動を行いました。

この活動は、「小学生の自然体験教室」と「自然体験活動指導者養成講座」の連携事業として実施したもので、地元の小学生9名と自然体験活動を目指す大人9名が参加。森の保全活動団体『森戸川村』の清水村長の案内で、自然に関するいろいろな話を聞きながら楽しい体験活動となりましたexclamation
普段から海の活動が多い海洋クラブの子どもたちだけに、直接森の自然に触れる活動が特に新鮮に感じたようで、皆目を輝かして活動に取り組んでいました目
R0013419.jpg

R0013421.jpg

事業趣旨を伝える植樹リーダーの西川さん


葉山町内の神社に集まった参加者は境内で開校式を済ませ、B&G植樹リーダーの西川さんから活動目的やプログラムの説明を受けました。説明の中には、「自然植生とは」「照葉樹」「木々の三層構造(低木・亜高木・高木)」などのキーワードが伝えられ、早速、林道ハイキングへ。今回、講師を務めていただく、『森戸川村』の清水村長の豊富な自然知識や、林道に入る前に教えてもらったキーワードを思い出しながら、楽しく山の自然の勉強を行いましたぴかぴか(新しい)
R0013428.jpg

地元のタブノキの巨樹の幹周5.2mを体験

R0013450.jpg

自然について説明をする「森戸川村」の清水村長


そして本日のプログラムでは、どんぐり拾いと苗木採取にもチャレンジ手(グー)あいにくの天候の中、雨にも負けず子供たちは元気にコナラやアカガシのどんぐり拾いや苗木採取も行いました。
そして、さらに!昼食休憩の後、午後からはミニ植樹にも挑戦!! 先ほど採取したタブノキやシロダモの苗木を崩落して裸地となった場所へ植樹しましたexclamation×2
R0013492.jpg

森はどんぐりの宝庫ですねるんるん

R0013456.jpg

森は生き物の宝庫でもありますぴかぴか(新しい)

R0013485.jpg

苗木作りにも挑戦!

R0013506.jpg

植樹も行いました!


今回は、あいにくの天候雨でしたが、林道探索やどんぐり拾いだけでなく、苗木の移植作業を一緒に行うことでより多くのことを学んだのではないでしょうか。また、次世代を担う子供と自然体験活動の指導者を目指す方々が行動を共にしたことも意義深い活動だったと思いますぴかぴか(新しい)

葉山海洋クラブ、スタッフ、そして参加者の皆さん、お疲れ様でしたexclamation×2

【参加者感想】
次項有植樹は、種類・手法など様々な難しい要素を持っているものだと思うが、今回のプログラムはその入口として簡単に分かりやすく組み立てられていて、「木を植えること」を身近に感じられるような有意義なものだと思った。
次項有苗木採取、どんぐり拾い、植樹、子供たちはこちらの予想を超えて楽しんでいた。自分も夢中でどんぐり探しをしてしまった。

【B&G植樹リーダー西川さんの感想】
海を守るために、森を育てるという海と森の関わりを、子供たちだけでなく、自然体験活動の指導者を目指す人にも伝えられたことは非常に良かったです。“自然を守ることにつながっている活動では、子供も大人もいい表情(笑ったり、楽しんだり)で取り組んでくれる”ということを改めて感じることができました。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント