• もっと見る
«海のYouTuber養成講座 実施レポート@(事前講習編) | Main | 水族館飼育員の仕事から海の生き物と環境を学ぶ»
小学生16人が監督測量船「おおみずなぎ」に乗船!「みなと見学会〜海と日本プロジェクト〜」を開催しました [2022年08月03日(Wed)]
一般社団法人 Blue Commons Japanは、2022年7月27日に、国土交通省 北海道開発局 函館開発建設部の協力のもと、函館港の役割や機能を知り、海と人びとの生活とのつながりを学ぶ、『監督測量船「おおみずなぎ」に乗船!みなと見学会〜海と日本プロジェクト〜』を開催しました。
このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環です。

220727minato056.jpg

【イベント概要】
・開催概要:監督測量船「おおみずなぎ」乗船による函館港の見学を通し、海と人びとの生活とのつながりを学ぶ講座
・日程:2022年7月27日(水)
・開催場所:国土交通省 北海道開発局 函館開発建設部 函館港湾事務所
・参加人数:小学生16人
・協力団体:国土交通省 北海道開発局 函館開発建設部

DSC_3174-2.jpg


【函館港にはたくさんの役割や機能が!】
はじめに北海道開発局 函館開発建設部 函館港湾事務所の本間大輔さんが、函館港の特徴や役割について説明。

・函館港について
日本で初めて開港した国際貿易港のひとつ
エネルギー、木材、食料などの輸送の拠点
観光のための整備も行われていること

・日本の港について
日本への輸入品は99.6パーセントが船で運ばれて来る
漁港を含めると日本には3000近い港がある

本間さんからの数々のトリビアに驚く児童たち。港が人々の生活に密接に関わっていることを学びました。次に函館港内にある防波堤や消波ブロックの役割について実験動画を交え解説。さらに、現在防波堤の裏に藻場を作るための工事が行われることも教えてくれました。
函館港に多くの役割や機能があることを知り、児童たちの乗船への期待がさらにふくらみます。

▼函館開発建設部での座学の様子
DSC_2849.jpg

▼小学生たちも一生懸命取り組みました
DSC_3206.jpg


【監督測量船「おおみずなぎ」で函館港を見学】
座学で函館港についてのお話を聞いた後、実際に港の中にある設備や施設を見学するため、監督測量船「おおみずなぎ」に乗船!
函館港沿岸にある小麦が貯蔵されているサイロ、貨物を上げ下ろしする岸壁、ガスの貯蔵地などを次々とめぐります。
児童たちは岸壁に山積みされた丸太を指さし「こんなにたくさんの木材が函館港から運ばれていくんだ」と興味津々。「最近、輸入木材の値段が上がっているから、道南産の木材の需要が高まっているんですよ」と、すかさず本間さんが解説。

港の中では、天然ガスを積んだ大きなタンカーや、青森に向かうフェリー、海底の土砂を掘る浚渫船(しゅんせつせん)、海上保安庁や自衛隊の船など、様々な船が行き交っています。
岸壁や作業船で仕事をしている人たちに手をふって挨拶、児童たちは港というのは多くの人が携わって成り立っていることを実感します。
さらに船は、造船所、観光地のベイエリア、魚市場、最近新たに設けられた大型旅客船用の桟橋などを巡り、函館港湾事務所に戻りました。

▼監督測量船「おおみずなぎ」出港!
220727minato042.jpg

▼この日は帆船「海王丸」が停泊していました
DSC_3104.jpg

▼函館開発建設部の本間さんの解説を真剣に聞く参加者たち
DSC_2930.jpg

【函館港を再発見!】
見学から戻った参加者は、講師の本間さんと、その日学んだことを振り返りました。
地元の港には、実は今まで知らなかった多くの大切な役割があること、色々な施設があり、様々な種類の船が行き来していることなど、たくさんの発見を皆で共有しました。
最後に、「歴史があり重要な役割を果たしている函館港がある街に住んでいることをもっと誇りに思ってください。そして、これからも海や港に関心を向けて欲しいです」と本間さん。
自分の住む街を海から見ることで、海と人々の生活をつなぐ「港」という存在を実感する1日となりました。


【参加児童の声】
参加した小学生からは、以下の様な感想が寄せられました。
「港の役割が思ったより多くてびっくりした。」
「港の役割はたくさんあることを知りました。家に帰ったら、お母さんやお父さんに教えたいです。」
「はじめて海から町を見て、おもしろかった。」
「実際に船に乗っていろいろ見たり、港のことをよく知れた。」
「本間先生の実験(消波ブロックで波が消える、など)をやってみたいなと思いました。」

⇒Blue Commons Japan 公式サイト「はこだて海の教室」へ
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント