• もっと見る

2015年07月29日

にんにくを描きました!


暑い日が続きますね。こんな時には元気になる食材が一番!・・・だからというわけでもないのですが、大人クラスでは「にんにく」を描きました!

疲労回復に効果があるとされているにんにくは、なんと紀元前3200年頃には古代エジプトなどで栽培・利用されていたんですね!
アリシンという成分がビタミンB!の吸収を良くするのだとか。
アリナミン錠はそこから開発されたお薬らしいです。
そっかー、個展前にはいつもお世話になっているなあ・・・アリナミンV。
にんにくパワーだったんだ。

ネガスペースを見つめながら描く時間。
ふと我を忘れて没頭する皆さんでした。


IMG_1001.jpg

IMG_1004.JPG

IMG_1006.JPG


どのにんにくも個性的!
ほとんど実物大です。
こんな小さい絵なの? とはじめは思われたかも。
でも、小さいながらも、白い表皮にいろいろな色が見つかり
見ればみるほど描くところが見つかってしまう、、、そんな感じでしたね。
まさにそれがにんにくの面白さなのでした。

それにしても、青森産は大きかった、さっすが国産ですね!
ちなみにお値段も立派でした。


                          臨床美術士 フルイミエコ

2013年10月04日

臨床美術「さんまの観察画」大人クラス



臨床美術「さんまの観察画」大人クラス



臨床美術のアートプログラムの殆どは、こどもも大人も楽しめるものです。
秋のさんまはとても楽しめるので、大人のクラスでも描きました。


IMG_2077.JPG


IMG_2069.JPG


IMG_2095.JPG



アトリエに通われている皆さんの殆どは、今までに絵は描いた事が無いという方々です。
このさんまを見たら、本当に、感じれば絵は誰でも描ける・・・と思います。
背中の色、お腹の色、初めにぱっと見た時には感じなかった色も、描いているうちに見えてくる。
どんどん感覚が研ぎすまされていくのですね。右脳モードです。
そして自分の絵にも「なかなかいいかも。」そしたら大胆な色も使いたくなる。

そんな様子でした。


描いた さんまは、もちろん、お土産。
「美味しかった!」と、わざわざご報告を下さる方までおられました。


                      アトリエ苗主宰
                      臨床美術士 フルイミエコ

2013年05月29日

大阪梅田クラス 4ヶ月講座の様子


大阪梅田クラス 4ヶ月講座の様子

季節はすっかり梅雨に入りました。
いつもブログにお越し下さっている皆様。お待たせして誠にすみません!
たくさん写真も撮っているのに、なかなか、、、、です。
実は今年の夏は個展が二つ、いよいよ準備も大詰め。いま、ちょっと自分の制作優先で頑張っております。

・・・とはいうものの、8月からの大阪梅田クラスもありますので、宣伝を兼ねてご報告。


4月は新玉葱を描きました。

色の浅い新玉葱。オイルパステルの色を重ねて、透明感を感じながら表現。
個性的な玉ねぎ、揃いました〜
どれもがちゃんと向き合って描いておられ、とっても素敵でした!

鑑賞会の様子です。

CIMG6314.JPG


こちらは、別のクラス。

CIMG6326.JPG

制作中。
ちょっとだけ紹介すると、色鉛筆も使っちゃうんです。

CIMG6299.JPG

構成は玉ねぎが美味しくみえるように〜

CIMG6322.JPG


さて、5月です。
もちろん、タケノコでした。


タケノコ、本当はGWあたりがピークだそうで、12日の講座には、もうあまり無いかもしれない、ということで、モチーフ準備にはかなりドキドキしました。

しかし、この異常気象のおかげ(?)で、しばらく冷たい日が続きましたので、例年よりも遅れて、12日にはたくさんのタケノコ準備させていただくことができましたよ!
もちろん、自慢の京都のタケノコです!
タケノコ名産地、沓掛が近所です。
「お客さんのために、残しといたで。」と、農家さん。本当にありがとう〜

朝は7時。なんと80本を車に積んで大阪へゴー。
お一人、1本ずつ手に取って頂き、しっかり楽しんでいただきました〜

あまりの忙しさに、制作中の写真がありません・・・。

IMG_1625.jpg

鑑賞会ではタケノコずらり。
生えている感じがいいでしょ?

こんなこともしてみました。

CIMG6407.JPG

大阪のビル群までもが、まるでタケノコに見えました。
京都では、1階のアトリエですし、四方は山に囲まれていて、環境がまったく違います。
この第3ビルにあって、タケノコ堪能。これもまたオツでした。


......................................................

8月〜11月のクラスですが

日曜クラスは午前と午後、開講決定しております。
まだ空きがあります。臨床美術にご興味をお持ちの皆様、いかがですか?

土曜クラス、今現在はお申し込みが少なく、開講の目処が立ちません。
ご検討中の方はお早めにご連絡をお願い致します。


スクリーンショット(2013-05-07 22.47.53).png

スクリーンショット(2013-05-07 22.47.41).png

●内容
8月  トロピカルフルーツを描く
9月  石のアナログオブジェ
10月 色面とマチエール
11月 ブロッコリーを描く

●会場: 大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル21F-B教室
  (JR大阪駅、阪急梅田駅から徒歩で約10分です。)

●講師:フルイミエコ(アトリエ苗主宰、画家、NPO法人日本臨床美術協会認定臨床美術士2級、臨床美術学会会員、論文掲載/臨床美術ジャーナル(2012)

●参加費: 入会金無し
4回通し参加/合計 14000円(材料費込み、画材準備は不要)
1回ごとの参加/各回 4000円(材料費込み、画材準備は不要)
※通し参加の方で3月10日の臨床美術セミナーにご参加の方は更に1000円引きさせていただきます。

●定員:30名  

●申し込み方法:お問い合わせのメールアドレスから、お名前、ご住所、お電話番号をお知らせ下さい。折り返しご連絡させていただきます。

●締切:随時先着順受付。各回定員に達した時点で締切とさせて頂きます。


以上ご報告とご案内でした!

                       アトリエ苗主宰
                       臨床美術士 フルイミエコ

2013年04月30日

臨床美術の「紙素材で作るタケノコ」〜北大路クラス



臨床美術の「紙素材で作るタケノコ」〜北大路クラス




今日の京都は冷たい雨です。

GWにも関わらず仕事が満載な私です。

久々に京都の子どものアトリエと、大人クラスの様子をご報告します〜



春には是非やりたいプログラム、「紙素材のタケノコ」

実はアトリエ苗桂坂クラスの近くはタケノコの名産地なのです。

毎朝、大原野の農家さんにタケノコを仕入れに行きました。

タケノコ、小さくて柔らかくって、美味しいんですよ〜

そんなタケノコを一盛りウン百円で仕入れ、さてさて・・・。



子どものクラスでは、竹の写真、竹のコップを触ったりしながら、まずは竹のお話から。

竹の赤ちゃん、タケノコ。好きなタケノコの食べ方はタケノコご飯が人気でした。

タケノコ、中身はどうなっているんだろう???

みんなで一緒に皮をむいてみました。あれ〜、どんどんちっちゃくなっちゃうよ〜大丈夫なん!?




形はしっかり新聞紙で作ります。

そして民芸紙を貼っていくんですよね。


IMG_1488.jpg


1年生の男の子です
中身の色も見えて美味しそうですね!


IMG_1576.jpg


こちらも1年生男の子
黄色でスラッと伸びている葉の鋭さを表現
根っこの出てくる赤い点々も大きく作りました。


IMG_1568.jpg


3歳児男の子です
深緑の皮が分厚い感じですね。
オイルパステルの色も美しい。


IMG_1561.jpg


こちらは大人のクラス。
みなさんしっかり曲がったり、特徴を捉えていますね。
全部は紹介できませんが、大人のクラスも、みなさん実に楽しそうに制作して頂けました。



IMG_1559.jpg


こんな感じで、机の上はカラフル。
もちろん本物もごろり。こちらはお土産になります。




作品に作ったものを頂くと美味しいんですよね。

私ももう、タケノコばかり食べています。

今はバターで炒めることにハマっています。


また5月の様子をご報告します!


              アトリエ苗主宰
                臨床美術士 フルイミエコ

2013年01月30日

1月人参の報告と「あじの干物を描く」の参加者募集中!


1月人参の報告と「あじの干物を描く」の参加者募集中!


毎日、まだまだ寒いですね。

今日はすこしだけ気温があがっていますか?

でも冷え性の私にはつらいです。

毎日外での仕事が多いので、猫達も留守番ばかりで不機嫌です。

今日は少し遊んであげないと・・・と思ってます。




さて、4ヶ月講座ですが、1月は「金時人参を描く」をしましたよ〜

お正月過ぎていましたが、大きな人参が手に入りました!

今日はそのご報告です。

そして次回は2月17日、「アジの干物」を描きます。

キラキラ光る魚の肌の風合いを、アクリル絵の具を使い表現していきます。

臨床美術らしい、描き初めの手法、きっと新鮮だと思いますよ。

私的にはチョーオススメのアートプログラムです。1人でも沢山の方にご体験を頂きたいです。

まだ少しですがお席に空きがございますので、ぜひご参加下さいませ。

日時:2月17日(日)
      午前クラス 10時〜12時  
      午後クラス 13時〜15時
参加費:4000円(材料費込み)
場所:アトリエ苗 北大路(烏丸北大路東入る北側角)
申し込み方法:お電話かメールでお申し込み下さい。事前に資料を送らせていただきますので、お名前、ご住所、電話番号を添えて下さい。
電話:075−331−8967 フルイ
e-mail:miekofurui@leto.eonet.ne.jp


あじのひものjpg.jpg


さて、前回のご報告です。

金時人参、甘くって美味しいんですよね。

たくさん触って、見て、さあ試食。あれ〜、生でも思いがけず「旨い!」

みなさん、人参を味わってニコニコ。

ネガスペースに注目する、ちょっと変わった描き方です。墨を使いました。


CIMG5828.JPG

CIMG5812.JPG

CIMG5818.JPG


CIMG5832.JPG

CIMG5834.JPG

CIMG5833.JPG



日曜日の講座はいつも制作中はきりり、そして鑑賞会では和気あいあいとした素敵な時間が流れています。

皆さん、体調にお気をつけて、次も元気にご参加下さいね。

そして初めての方もお気軽に体験してください。


                           アトリエ苗主宰
                           臨床美術士 フルイミエコ

2012年12月30日

3ヶ月特別講座「紅葉屏風」



3ヶ月特別講座「紅葉屏風」


今日はずいぶん雨が降りますね。
「足が冷えるな〜」と思いつつ、大掃除もほったらかしで、PCに向かってまだまだ仕事をしている私です。

気がつくと、ブログも1ヶ月近く更新しておりませんでした。(嗚呼!)
来年こそはこの状態を抜け出して、サクサクといきたいものです。

しかし12月のアトリエ苗では、大人も子どもも、ぜひレポートしたい素晴らしい制作が続きました。
何よりも参加いただいているみ皆様の意欲の高さ。すばらしい!
じっくりと粘って粘って取り組んで、最後にはご本人も驚く仕上がり。
特に北大路の大人クラスでは、鑑賞会ではため息が漏れました・・・。

臨床美術の人気のプログラム「紅葉屏風」です。

新聞紙を使って絵の具を付けていきます。
CIMG5480.JPG


この日は午前も午後もほぼ満員。
CIMG5481.JPG


自分の絵を良く観ながら描き進めます。
CIMG5486.JPG


筆の扱いで線の表情が変わります。
CIMG5489.JPG


CIMG5510.JPG


鑑賞会ではお互いの作品をじっくり観て、素敵なところを言葉に置き換えて伝えます。
どこでも沢山の感想が話されて、とっても楽しい時間でした。
CIMG5494.JPG


全員の作品が並ぶと圧巻でした!皆様からも、私からも、一言ずつコメントさせていただきました。CIMG5496.JPG

CIMG5503.JPG


見上げるような木になりました
CIMG5521.JPG

二つ並んで仲良く
CIMG5520.JPG

まるで風が抜けるような
CIMG5519.JPG


今回はどの作品も、はじめに想像した以上の仕上がりとなったご様子でした。参加者の皆様の眼が、どなたもそう語っておられました。

こういう作品が出来上がると、私は自分がちょっと変化して、何か心に宿ります。
この「ワクワク!」みたいな何かが、私にとってはいつも心のチカラになるんです。
皆様はいかがでしたでしょうか。
このような熱心な制作の場に立ち会わせていただけるのは、私にとって大きな幸せです。
3ヶ月講座の最後に相応しい大作でしたね。
皆様、お疲れさまでした!

さて、「ちょっと面白しろそうかも?」と感じていただけたあなたには、1月からの講座、まだ空きがございます。
来年から日曜の特別講座は、1回限りでもご参加いただけるようにシステムを変更いたしました。
どうぞこの機会にご検討下さいませ。


2013年【4ヶ月特別講座】

1月20日(日) 金時人参のネガポジ画

2月17日(日) あじの干物を描く

3月17日(日) 世界旅行

4月21日(日) 新玉葱の量感画

時間:午前クラス 10:00 ~12:00 / 午後クラス 13:00 ~15:00
場所:アトリエ苗北大路(烏丸北大路東入ル北側)

●参加費:1回ごとの参加/4000円(受講費3000円、材料費1000円)
     4回通し参加/合計14000円(1回につき受講費2500円、材料費1000円)

●定員:各クラス10名  

●画材:準備不要。全てアトリエで用意します。 

●申し込み方法:メールかお電話でお申し込み下さい。その際に午前クラスか午後クラスかお選び下さい。

●締切:随時先着順で受付、各回定員に達した時点で締切とさせて頂きます。

●申込先:電話 075−331−8967



                     アトリエ苗主宰
                     臨床美術士 フルイミエコ


2012年12月06日

3ヶ月特別講座「五感のアナログ画」


3ヶ月特別講座「五感のアナログ画」


11月の連続講座2回目は、目に見えないものを描く、ということがテーマ。

何それ?できるの? という雰囲気もありつつ、さて始めましょう。


今日は音楽を感じて描いて頂きます。
DSCN6481.JPG

まず印象を色に置き換えてみましょう
DSCN6495.JPG


DSCN6557.JPG

気持ちの赴くままに描きます
DSCN6523.JPG

時々、眺めるように観てみましょう
DSCN6388.JPG


DSCN6345.JPG


鑑賞会では作品を全員で観てコメントを出し合います
DSCN6434.JPG

素敵な作品が揃いました〜
DSCN6442.JPG


DSCN6566.JPG


この講座では、「香りを描く」も制作しました。
上下2点のどちらかが、「音楽」と「香り」です。
臨床美術のプログラムでは、通常は出来た作品を色の紙に貼るなどして、家でもすぐに飾れるようにさせていただきます。
また作品は額にいれてあげると、更にひときわ絵の魅力が際立ってみえます。
しかし額装は画材屋さんに行かなければならないし、経験の無い方には少しハードルが高いかも・・・。
そういう訳で、今回は参加者のみなさまに額装そのものも体験していただきたい!と考えて、マットと額を用意させていただきました。

次回は12月16日、実は午前と午後に2名の空きがあります。
今からお申し込みご希望の方も歓迎です。是非お問い合わせ下さい。

.............................
予告です。
来年の1月からの4ヶ月講座のご案内をさせて頂きます!

スクリーンショット(2012-12-06 21.54.24).jpg


スクリーンショット(2012-12-06 8.08.18).jpg


また楽しい内容をご用意していますので、参加ご検討下さいませ。


                    アトリエ苗主宰
                    臨床美術士 フルイミエコ
                      

2012年11月30日

3ヶ月特別講座「りんごの量感画」




3ヶ月特別講座「りんごの量感画」


今日も寒い風が吹きました。皆様お元気ですか?
実は昨夜、私にとって初救急車の経験でした。当人は私ではなく母ですが。
幸い何も異常が無く、ホッとしました。
寝ている間に声をかけてもなかなか目覚めずにいたのですが、いつものような反応がなかったのは、ただ深く深く眠っていただけかも・・・という結果で。
認知症の薬の加減で眠りに変化もあるのだとか。そうだったんですね。
焦りましたが、そういうことも分かって良かったです。
今朝も体調は良さそうなので、ひと安心しています。

さてさて、なかなか追いつきませんが10月から特別講座、満員に近い状態でありがとうございます。
1回目はりんごの量感画をさせていただきました。
りんごをたっぷり感じたあとで、オイルパステルで少し変わった描き方で始めていきます。

甘そうなりんご、張りのある感じ、立体感のあるもの、傾きのある感じ、模様や手触りの質感のあるもの・・・。
さまざまなりんごを見事に捉えていて、皆さんどれも素敵な作品でした。


CIMG5227.JPG

CIMG5243.JPG


CIMG5216.JPG

CIMG5244.JPG

CIMG5223.JPG

CIMG5237.JPG

CIMG5232.JPG


CIMG5238.JPG

CIMG5229.JPG

りんごなのに、自画像のように見えてきてしまいます。
皆さんとご一緒に描くことを満喫する時間は、私にとっても気持ちの良いひとときです。
この講座で臨床美術の面白さの一端を感じていただけたなら嬉しいです。
ありがとうございました。

12月16日の「紅葉屏風」若干の空きがあります。
1回のみの参加を受け入れていますので、ご希望の方はご連絡下さいませ。



                   アトリエ苗 主宰
                   臨床美術士 フルイミエコ

2012年10月04日

4ヶ月講座の最終回「植木鉢に描く」



4ヶ月講座の最終回「植木鉢に描く」


連続講座の9月最後は「植木鉢に描く」でした。
アートプログラムの名前は「地中のアナログ画」。
素焼きの植木鉢に、種や根っこの印象で、線などを描き、どんどん色や形を加えていきます。
どの方もいつも以上に、シーンと集中して、ご自分の作品に夢中になっておられました。
手の中でだんだんと形になっていく作品。
なんども壊して、はじめには思いつかなかったような、大胆な作品になった方が多かったのではないでしょうか。
枠を超える。気付かなかったところまで、思わず行ってしまう。
アートの醍醐味ですね。
皆さんの表情も生き生きしてて素敵でした!



IMG_0763.jpg

IMG_0757.jpg

IMG_0762.jpg

IMG_0758.jpg



秋の3回講座、参加申し込みにはまだ余裕があります。
特に10月28日の初回は、一日だけの体験参加も受け付けていますよ。
お気軽にご相談下さいね。

芸術の秋、臨床美術を始めてみませんか。


                         アトリエ苗主宰
                         臨床美術士 フルイミエコ


2012年09月30日

4ヶ月講座の「サザエを描く」の様子




4ヶ月講座の「サザエを描く」の様子


台風が大荒れですね。
皆様のところは大丈夫でしょうか。
京都はいま少し静かです。

さて、一般大人向けの4ヶ月講座ですが、8月の3回目は「サザエを描く」でした。
アクリル絵の具を使用して、特別なメディウムを混ぜて、ザラザラしたテクスチャーをつくります。
これがなんとも、サザエの質感に近いんですね〜。
あっという間に素敵な色とりどりのサザエになりました。
尖った印象、まあるい印象、色合い...皆さんのこだわりが伝わってきます。



CIMG4838.JPGCIMG4831.JPGCIMG4830.JPGCIMG4828.JPGCIMG4827.JPGCIMG4841.JPGCIMG4824.JPG


秋の3回講座は只今参加者を募集しています。
10月28日の初回は、一日だけの体験参加も受け付けていますので、お気軽にご相談下さいね。

心赴くままに描くという、この心地よい体験が、皆様の日常の新しい刺激となればと願っています。

                         アトリエ苗主宰
                         臨床美術士 フルイミエコ